顕性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 顕性の意味・解説 

優性

(顕性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 04:19 UTC 版)

優性は、有性生殖遺伝に関する現象である。一つの遺伝子座に異なる遺伝子が共存したとき、形質の現れやすい方(優性dominant)と現れにくい方(劣性recessive)がある場合、優性の形質が表現型として表れる。


  1. ^ 「優性」「劣性」用語使わず 日本遺伝学会が言い換え
  2. ^ a b ジャン・ドゥーシュ「進化する遺伝子概念」p58 みすず書房、2015年
  3. ^ 中村運 「生命科学の基礎」2003年 p41
  4. ^ 例えば、以下の教科書には全てメンデルの法則として「分離の法則」「独立の法則」と記されているが、優性に関しては「法則」とは書かれていない。「キャンベル生物学」2007年、J.F. クロー「遺伝学概説」1991年、「ハートウェル遺伝学」2010年、「アメリカ版 大学生物学の教科書 分子遺伝学」2010年 (原著「LIFE」)、澤村京一「遺伝学」2005年
  5. ^ 「優性の法則」を法則と呼ぶことの問題点は他にもある。1組の対立遺伝子がある形質に完全優性を示しても、別の形質に対してはそうとは限らない。例えば豆の丸とシワを決める対立遺伝子は、その遺伝子が生産する酵素の量に注目すれば完全優性にはなっていない。
  6. ^ 武部啓「遺伝学」 p5、第三版、1993年
  7. ^ 渡邉淳「診療・研究にダイレクトにつながる遺伝医学」羊土社、2017年
  8. ^ “The role of mutant p53 in human cancer”. The Journal of Pathology 223 (2): 116–26. (January 2011). doi:10.1002/path.2784. PMID 21125670. 
  9. ^ 安田徳一 『初歩からの集団遺伝学』p88、裳華房、2007年。
  10. ^ a b 「ハートウェル遺伝学」p60 2010年
  11. ^ a b Myths of Human Genetics John H. McDonald, University of Delaware
  12. ^ a b Myths of Human Genetics Earwax type John H. McDonald, University of Delaware
  13. ^ Myths of Human Genetics Hitchhiker's thumb John H. McDonald, University of Delaware
  14. ^ Myths of Human Genetics Tongue-rolling John H. McDonald, University of Delaware
  15. ^ Myths of Human Genetics Hair whorl John H. McDonald, University of Delaware
  16. ^ 正常多様性形質の分子遺伝学的研究 科学研究費助成事業 研究成果報告書 平成25年6月19日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顕性」の関連用語

顕性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



顕性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS