示寂とは?

じ‐じゃく【示寂】

[名](スル)高僧などが死ぬこと。


示寂

読み方:シジャク(shijaku)

僧侶が死ぬこと。


遷化

(示寂 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/18 20:57 UTC 版)

遷化(せんげ)は、高僧の死亡を、婉曲的に、かつ、敬っていう語。正しくは遷移化滅(せんいけめつ)で、遷化はその略語。お隠れになるとも表現する。死因については特に問わない。丁寧には御遷化(ごせんげ)という。




  1. ^ 例えば、東北福祉大学大谷哲夫学長が就任したことを発表した、曹洞宗宗務庁のリリース上は、「前学長のご遷化に伴い」という表現をしていた。
    大谷哲夫師が東北福祉大学学長に就任しました曹洞宗宗務庁、2015年12月1日(2016年3月1日閲覧)
  2. ^ 「午前▼▼時▽▽分 示寂」のように、示寂時刻が入る場合もある。


「遷化」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「示寂」の関連用語

示寂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



示寂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遷化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS