准如とは?

じゅんにょ 【准如】 ○

1577~1630浄土真宗本願寺派第一二世西本願寺初世顕如第四子。諱(いみな)は光昭。豊臣氏命令長兄教如(のち東本願寺興す)が引退追い込まれ、代わって法統を継いだ。

じゅんにょ 【准如】

浄土真宗本願寺派本願寺一二世。諱は光昭。顕如第四子。一五九二(文禄一)年顕如が没し長子教如本願寺を継いだが、翌年豊臣秀吉の命で准如がこれに代った。教如は後に東本願寺分立したが、准如は紛争鎮静西本願寺教団充実に努めた。(一五七七~一六三〇)

准如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/27 07:03 UTC 版)

准如(じゅんにょ)[2]は、安土桃山時代から江戸時代浄土真宗浄土真宗本願寺派第12世宗主。西本願寺住職。は光昭。院号は信光院。法印大僧正。父は第11世顕如。母は如春尼三条公頼の娘・細川晴元の養女)。妻は祇園宝光院の息女、寿光院准勝。兄は真宗大谷派第12代教如真宗興正派第17世顕尊。第13世良如は次男。




  1. ^ 本願寺派では、グレゴリオ暦に換算した生年を用いる。
  2. ^ 法主を務めた寺号「本願寺」に諱を付して本願寺光昭(ほんがんじ みつあき)とも称される。この「本願寺」は便宜的に付されたものであって、氏や姓ではない。
  3. ^ 母は同じ如春尼という説もある
  4. ^ 上場顕雄『教如上人-その生涯と事績-』東本願寺出版部
  5. ^ 江戸浅草御坊は、明暦の大火明暦3年1月18日から20日)により消失、延宝7年(1679年)に移転・再建し、2008年現在は、築地別院


「准如」の続きの解説一覧



准如と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「准如」の関連用語

准如のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



准如のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの准如 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS