大谷暢顯とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 宗教家 > 宗教家 > 日本の僧 > 大谷暢顯の意味・解説 

大谷暢顯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 23:29 UTC 版)

大谷 暢顯(おおたに ちょうけん、1930年3月27日 - )は、浄土真宗である。法名は「淨如」。真宗大谷派第二十五代門首(現門[1])。元全日本仏教会会長。上皇明仁の従兄弟に当たる。兄は大谷光紹大谷暢順、弟は大谷光道




  1. ^ 現門とは、現門首の略で、現在の門首のこと。
  2. ^ それ以降の正式名称は「真宗本廟」と改称される。通称の「東本願寺」は、そのまま用いられている。
  3. ^ 『東本願寺三十年紛争』p.270
  4. ^ 『東本願寺三十年紛争』p.271
  5. ^ 先門首…「前門首」とも、略して「前門」ともいう。
  6. ^ 1993年~1996年の間は、大谷演慧鍵役 (1914~2008) が、門首代行を務める。
  7. ^ 新門とは、新門首の略で、門首継承者のこと。
  8. ^ 鍵役…門首の血縁者で、法要・儀式で門首を補佐する


「大谷暢顯」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大谷暢顯」の関連用語

大谷暢顯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大谷暢顯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大谷暢顯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS