宮内庁東宮職とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 宮内庁東宮職の意味・解説 

宮内庁東宮職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/10 16:56 UTC 版)

東宮職(とうぐうしょく)は、宮内庁内部部局のひとつ。皇太子皇太子妃、またその未婚の子女(親王内親王)の家政機関。皇太子の別称である「東宮」に因む。




  1. ^ 東京家政学院大学名誉教授、総合研究大学院大学メンタルヘルスカウンセラー。元家庭裁判所調査官
  2. ^ 唐橋在知子爵令息
  3. ^ 西郷従徳侯爵嫡男、黒木三次伯爵令息。
  4. ^ 退官後は皇后美智子の母校である聖心女子学院中等科・高等科に勤務
  5. ^ 皇太子妃雅子の母校である田園調布雙葉小学校附属幼稚園の元教諭。
  6. ^ 東大寺龍松院院主・筒井寛昭師の長女。
  7. ^ 学習院高等科教授。東宮職御用掛。
  8. ^ 瓜生外吉男爵の孫。
  9. ^ 環境事務次官
  10. ^ 在アイルランド日本国大使館大使。
  11. ^ 正親町公和伯爵嫡男、伊集院松治男爵令息。
  12. ^ 学習院寄宿舎で皇太子明仁親王と同室だった。
  13. ^ 西園寺不二男令息、 第12代内閣総理大臣西園寺公望公爵の曽孫。
  14. ^ スペイン大使館一等書記官。
  15. ^ 外務省大臣官房総務課企画官。
  16. ^ 在香港日本国総領事館領事。
  17. ^ 岐阜県警本部長
  18. ^ 在ドイツ大使館一等書記官。
  19. ^ 東京電力元企画部長。
  20. ^ 外務省国際社会協力部人権人道課企画官
  21. ^ 中村雄一子息。第82代内閣総理大臣夫人・橋本久美子の甥。
  22. ^ 鍋島直明男爵令嬢、牧野伸通夫人。
  23. ^ 島津忠弘男爵令嬢、久邇宮邦彦王妃俔子の姪。
  24. ^ 学習院大学教授、皇太子徳仁親王のフランス語参与・高木進の妻。
  25. ^ 経済協力局長・木幡昭七の妻
  26. ^ 外務審議官西宮伸一の妻。
  27. ^ 名和長憲男爵令嬢。
  28. ^ 東京大学医学部附属病院看護婦長。
  29. ^ 和辻哲郎の長男・夏彦の妻。
  30. ^ 東京ガス元社長・村上武雄の妻
  31. ^ 学習院幼稚園園長。
  32. ^ 翻訳家。夫は環境大臣広中和歌子の実弟。
  1. ^ 週刊文春文藝春秋)2014年5月1日号
  2. ^ 愛子内親王養育係VS.女官 「平成の宮中魔女事件」(講談社週刊現代)2006年2月4日号
  3. ^ “皇太子ご夫妻、前東宮侍従長に感謝のお言葉 絢子さまは大学生活スタート”. 産経新聞. (2009年4月4日). http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090404/imp0904040801002-n1.htm 2016年3月6日閲覧。 
  4. ^ 民間から起用された東宮侍従と女官長”. 週刊新潮 (2009年2月6日). 2019年1月20日閲覧。
  5. ^ “東宮女官長に西宮幸子さん就任へ 不在4年半、後任決定”. 朝日新聞. (2015年7月31日). http://www.asahi.com/articles/ASH705K25H70UTIL02M.html 2016年3月6日閲覧。 
  6. ^ 幹部名簿宮内庁、2016年3月6日閲覧。
  7. ^ 東宮女官長退任で抜擢「皇太子妃雅子さまの盾に!」新リーダー“命の献身””. 女性セブン2011年2月3日号 (2009年2月6日). 2019年1月20日閲覧。
  8. ^ 女性自身2007年10月23日号<「同世代女官」突然の辞意!エール大“才媛”2年半の「心労」で露わになった東宮の「混迷」 雅子さま(43)落胆「頼りの人が…」“皇室外交”殿下との夢に暗雲>




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮内庁東宮職」の関連用語

宮内庁東宮職のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮内庁東宮職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮内庁東宮職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS