光格天皇とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 遺跡 > 古墳 > 天皇陵 > 光格天皇の意味・解説 

こうかく てんのう くわうかくてんわう 【光格天皇】 ○

1771~1840第一一九天皇在位1780~1817)。名は兼仁(ともひと)。閑院宮典仁(かんいんのみやすけひと親王皇子。父に太上天皇尊号奉上ようとして老中松平定信反対された。 → 尊号事件

光格天皇

読み方こうかくてんのう

第百十九天皇。幼称は祐宮、名は師仁のち兼仁。閑院宮典仁親王第六皇子後桃園天皇崩御の際、同天皇養子となり、安永9年即位博学能文で知られ、作詩管弦に長じた。また朝儀再興に力を入れ、幕府働きかけ古制復活に努め、在位中に石清水社・賀茂社臨時祭再開した。また実父典仁親王太上天皇尊号宣下ようとして幕府反対に遭い断念余儀なくされた「尊号事件」は後の尊王思想大きな影響与えた。天保11年(1840)崩御69才。

光格天皇 後月輪陵
(こうかくてんのう のちのつきのわのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第119
天 皇 名 :光格天皇
こうかくてんのう
御   父 典仁親王
御   母 岩室磐代
御 陵 名 後月輪陵
のちのつきのわのみささぎ
陵   形 九重塔
所 在 地 京都府京都市東山区今熊野泉山町  泉涌寺
交通機関等 JR京阪東福寺下車  東へ1.5km又は市バス泉涌寺道下車  東へ1km
陵印保管場所 月輪陵墓監区事務所

光格天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 14:51 UTC 版)

光格天皇(こうかくてんのう、1771年9月23日明和8年8月15日) - 1840年12月11日天保11年11月18日))は、江戸時代の第119代天皇(在位:1780年1月1日(安永8年11月25日) - 1817年5月7日(文化14年3月22日))。幼名を祐宮(さちのみや)という。は初め師仁(もろひと)としたが、死人(しにん)に音が通じるのを忌み、践祚と同時に兼仁(ともひと)に改めた。傍系の閑院宮家から即位したためか、中世以来絶えていた朝儀の再興、朝権の回復に熱心であり、朝廷近代天皇制へ移行する下地を作ったと評価されている。実父閑院宮典仁親王と同じく歌道の達人でもあった。




  1. ^ 恭礼門院妙法院、後桜町上皇は青蓮院粟田御所)にそれぞれ移った。後桜町上皇の生母青綺門院の仮御所となった知恩院と青蓮院の間に、幕府が廊下を設けて通行の便を図っている。
  2. ^ 産経新聞によると、今上天皇が2010年に宮内庁幹部に譲位の意向を示した際、光格天皇譲位の先例を調べるよう依頼したという。“陛下 光格天皇の事例ご研究 宮内庁に調査依頼 6年半前”. 産経新聞. (2017年1月24日). オリジナル2017年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170126071502/http://www.sankei.com/life/news/170124/lif1701240001-n1.html 


「光格天皇」の続きの解説一覧



光格天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「光格天皇」の関連用語

光格天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



光格天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
宮内庁宮内庁
Copyright © 2018 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光格天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS