後朱雀天皇とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 遺跡 > 古墳 > 天皇陵 > 後朱雀天皇の意味・解説 

ごすざく てんのう -てんわう後朱雀天皇 ○

1009~1045 第六九代天皇在位1036~1045)。名は敦良(あつなが)。一条天皇第三皇子。母は藤原道長の女(むすめ上東門院彰子在位中は藤原氏全盛期で、頼通が関白であった。

後朱雀天皇

一条天皇第三皇子後一条天皇同母弟になる。
藤原道長の孫にあたり道長邸で生まれたといういわば藤原天皇だ。
三条天皇の子敦明親王皇太子辞退したのを受けて、1017年同母兄の後一条天皇皇太弟となり、そののち後一条天皇遺詔により譲位という形で践祚した。
やがて病床に伏した天皇は、藤原摂関家の意に添い道長の孫にあたる親仁親王、のちの後冷泉天皇譲位し、同時に三条天皇第三皇女である皇后禎子内親王との間に生まれ尊仁親王のちの後三条天皇新帝皇太子定めて崩御した。


後朱雀天皇 圓乘寺陵
(ごすざくてんのう えんじょうじのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第69
天 皇 名 :後朱雀天皇
ごすざくてんのう
御   父 一條天皇
御   母 皇后彰子
御 陵 名 圓乘寺
えんじょうじみささぎ
陵   形 円丘
所 在 地 京都府京都市右京区竜安寺山  竜安寺
交通機関等 市バス竜安寺前」下車  竜安寺駐車場の奧
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

後朱雀天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 09:21 UTC 版)

後朱雀天皇(ごすざくてんのう、1009年12月14日寛弘6年11月25日〉- 1045年2月7日寛徳2年1月18日〉)は、日本の第69代天皇(在位:1036年5月15日長元9年4月17日〉- 1045年2月5日〈寛徳2年1月16日〉)。敦良(あつなが)。






「後朱雀天皇」の続きの解説一覧



後朱雀天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後朱雀天皇」の関連用語

後朱雀天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後朱雀天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2020.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後朱雀天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS