白河天皇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 天皇 > 天皇 > 白河天皇の意味・解説 

しらかわ てんのう しらかはてんわう 【白河天皇】 ○

1053~1129第七二代天皇在位1072~1086)。後三条天皇第一皇子。名は貞仁。譲位後、上皇として院政創始以後43年朝政掌握した。

白河天皇

読み方しらかわてんのう

第七十二天皇後三条天皇第一皇子。諱は貞仁。堀河・鳥羽崇徳天皇と、曾孫の代に至るまで政治実権握り、「院政」とよばれる政治形態創始した。浄土信仰厚く法勝寺などを建立した。大治4年(1129)崩御77才。

白河天皇

白河天皇は後三条天皇第一皇子で、母は藤原公成の娘茂子だが、養父藤原能信のもとで育てられたとといわれている。
1072年後三条天皇から譲位を受けて第72代天皇となるが、1086年に子の善仁親王(堀河天皇)に譲位して上皇となり初めての「院政開始」した。
白河上皇院庁をおいて政治を司った。
以後堀河・鳥羽崇徳三代にわたり40年以上も院政を布いた。
関白藤原忠実失脚させて事実上摂関政治名ばかりものとするなど強力な院政をしいた。
また輔仁親王勢力比叡山延暦寺興福寺などの山法師対抗するため「北面の武士」を設置上皇権力強化して、上皇院の保全をはかった。
白河上皇の時代には仏教盛んになり、白河上皇七堂伽藍をもつ大寺法勝寺建立するなど仏教手厚く保護した。


白河天皇 成菩提院陵
(しらかわてんのう じょうぼだいいんのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第72
天 皇 名 :白河天皇
しらかわてんのう
御   父 後三條天皇
御   母 贈皇太后茂子
御 陵 名 成菩提院
じょうぼだいいんみささぎ
陵   形 :方丘
所 在 地 京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町
交通機関等 近鉄・市地下鉄竹田下車  南西へ0.8km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

白河天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 08:26 UTC 版)

白河天皇(しらかわ てんのう)は、第72代天皇(在位:1073年1月18日延久4年12月8日) - 1087年1月3日応徳3年11月26日))。貞仁(さだひと)という。




  1. ^ 豊田寛三・後藤宗俊飯沼賢司・末廣利人 編集 『大分県の歴史』 山川出版社 2011年 ISBN 978-4-634-32441-1、69p
  2. ^ 中右記天仁元年十月二十八日条
  3. ^ 美川圭 『白河法皇 中世をひらいた帝王角川ソフィア文庫 ISBN 978-4044092047、88p
  4. ^ この「双六の賽」には近年になって新たな解釈がなされるようになった。「上達しない白河法皇自身の双六の腕前」、あるいは「取り締まりが捗らない双六賭博の流行」だとするものなどである。
  5. ^ 『皇胤系図』による。『本朝皇胤紹運録』では「宮子」とする。


「白河天皇」の続きの解説一覧



白河天皇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「白河天皇」の関連用語

白河天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



白河天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2018.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2018 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白河天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS