中右記とは?

ちゅうゆうき〔チユウイウキ〕【中右記】

平安後期公家中御門(なかみかど)右大臣藤原宗忠日記寛治元〜保延4年(1087〜1138)の記事があり、院政期政治情勢有職(ゆうそく)などを知る基本史料。宗忠公記。中右抄。愚林


ちゅうゆうき チュウイウキ 【中右記】

平安末期公家中御門右大臣藤原宗忠(一〇六二‐一一四一)の日記家号官名一字取っての名。宗忠日記、中右抄、愚林とも。寛治元年(一〇八七)から保延四年(一一三八)までの記事含み有職故実詳しく院政期政治情勢克明記録している。「増補史料大成所収


中右記

読み方:チュウユウキ(chuuyuuki)

平安時代日記藤原宗忠著。


中右記

主名称: 中右記
指定番号 105
枝番 00
指定年月日 1986.06.06(昭和61.06.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 古文書
ト書 建長元年近衛兼経抄出奥書
員数 44
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文:  『中右記』は中御門右大臣藤原宗忠日記で、平安時代公卿日記中の名記として知られている。この陽明文庫はその鎌倉時代古写本で、本記である日次記四十四巻を存し、宗忠が正四位下侍従讃岐介、二十九歳であった寛治六年(一〇九二)秋記から正二位内大臣七十三歳長承三年一一三四春記に至る間を、途中断絶しながらおおよそ十六年分を収録している。
 体裁は各巻ともほぼ同一で、いずれも巻子装になり、料紙楮紙用い、その構成は、料紙界線施し方、書写時代などによって三種大別される。うち四十巻には天複地単罫の横墨罫があり、首には年記標記のあるものが多い。本文一紙二一、二二行程度一行二〇字前後書写され、墨の書入加筆訂正傍注裏書、あるいはの首附などがみられるが、いずれも本文同筆親本のままに写したと考えられる。さらに、このうち十三巻には岡屋関白近衛兼経抄出奥書があり、鎌倉時代中期頃に近衛家書写されたことが判明する。
 嘉承二年秋冬巻は、天地単罫に横墨罫が引かれている。この一巻はもとは部類記一種であつたが、それを切継ぎして場合によっては年月日補筆し、日次記体裁したものである。
 また、長承三年一一三四)春、冬、同四年春の三巻は天地とも単罫の横墨罫が引かれ、筆跡体裁からみて鎌倉時代後期同一時の書写本と考えられる
 この陽明文庫本は鎌倉時代書写になるまとまった古写本であり、その内容は流布本本文をただし、あるいは欠を補うなど平安時代研究上に価値が高い。

中右記

読み方:チュウユウキ(chuuyuuki)

分野 日記

年代 平安後期

作者 藤原宗忠


中右記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 09:20 UTC 版)

中右記』(ちゅうゆうき)は、藤原宗忠寛治元年(1087年)から保延4年(1138年)まで書いた日記である。筆者には『愚林』と名付けられたようだが[1]、「中御門右大臣の日記」を略して『中右記』と呼ばれる。


  1. ^ 矢野太郎「中右記解題」1頁。
  2. ^ 戸田芳実『中右記』13-14頁。
  3. ^ 矢野太郎「中右記解題」5頁。
  4. ^ 安田政彦『災害復興の日本史』p16 吉川弘文館 2013年2月1日発行 全国書誌番号:22196456
  5. ^ 『災害復興の日本史』p43
  6. ^ 『災害復興の日本史』p23


「中右記」の続きの解説一覧



中右記と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中右記」の関連用語

中右記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中右記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中右記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS