近鉄とは? わかりやすく解説

近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 01:37 UTC 版)

近鉄



近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 01:25 UTC 版)

伏見駅 (京都府)」の記事における「近鉄」の解説

近畿日本鉄道 B 京都線■急行■準急通過 ■普通竹田駅 (B05/K15) - 伏見駅 (B06) - 近鉄丹波橋駅 (B07) 括弧内は駅番号を示す

※この「近鉄」の解説は、「伏見駅 (京都府)」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「伏見駅 (京都府)」の記事については、「伏見駅 (京都府)」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 17:37 UTC 版)

修学旅行列車」の記事における「近鉄」の解説

近年では一般車クロスシート車である5200系L/Cカー、および汎用の特急車充当され場合多くなっているが、近鉄でも修学旅行客向けの車両用意されている20100系あおぞら号18200系あおぞらII18400系あおぞらII」 15200系「新あおぞらII」 - 車両数次亘り入れ替えが行われている。修学旅行用に特化して製造され20100系とは異なり特急用から改造され18200系18400系・15200系は修学旅行以外の団体客貸切列車にも使用可能な設備を持っている。

※この「近鉄」の解説は、「修学旅行列車」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「修学旅行列車」の記事については、「修学旅行列車」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 00:59 UTC 版)

ドカベン スーパースターズ編」の記事における「近鉄」の解説

広仲塁(ひろなか るい)(0→02):(赤富士高校→近鉄) 投手捕手1996年山梨赤富士高校からドラフト8位で近鉄に入団右投右打山田世代より一年下の小柄な選手容貌犬飼知三郎良く似ている1996年正月明訓五人衆自主トレ顔を出し一緒に練習したその際は五人衆に「赤富士高校高校生」とだけ自己紹介し、近鉄から指名されルーキーであることは明かさなかった)。その後徐々に実力上げ出場機会増えた本職捕手だが、投手として登板することもあり、上手・横手・下手のそれぞれの投球フォーム投げることができる。1996年開幕戦当時投手坂田三吉バッテリー組み捕手からリリーフ登板抑えプロデビューを飾る(このパターンは、後に島田牛虎と共に再現することになる)。2004年の近鉄とオリックス球団合併以降所属球団不明島田牛虎(しまだ うしとら)(09):(近鉄) 投手右投右打2001年ドラフト7位で近鉄に入団。 顔の虎縞模様ペイント特徴ゴルフ場キャディアルバイトをしていたが、近鉄の梨田昌孝監督投手としての素質見いださ入団本人によると、牛虎という名前は母親が「丑年産気づいて寅年生まれた」かららしい(これが事実なら、1974年1986年1月1日生まれと思われる)。ゴルフ場仲間からは「タイガー」と呼ばれていた。 基本的に先発形だが、先発投手打者一人にのみ投げその後牛虎がロングリリーフするというパターンが多い。「虎」の直球(Max150km/h)と「牛」の変化球(90km/hのスローカーブ)という両極端決め球使いこなす2004年には広仲と共に互い投手捕手兼ね異色のバッテリー形成しその実力を存分にアピール2004年以降登場はなかったが、「ドリームトーナメント編」にて、東北楽天ゴールデンイーグルス選手として再登場果たした

※この「近鉄」の解説は、「ドカベン スーパースターズ編」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「ドカベン スーパースターズ編」の記事については、「ドカベン スーパースターズ編」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 03:04 UTC 版)

近鉄富田駅」の記事における「近鉄」の解説

桑名駅管理有人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードチャージに対応)が設置されている。 自動券売機東口西口共に設置されているが、近鉄の乗車券のみ購入可能となっている。 東口駅舎窓口では近鉄の特急券および定期券購入可能である営業時間16時20時

※この「近鉄」の解説は、「近鉄富田駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「近鉄富田駅」の記事については、「近鉄富田駅」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:41 UTC 版)

鳥羽駅」の記事における「近鉄」の解説

近鉄鳥羽駅利用状況の変遷下表に示す。 輸送実績乗車人員)の単位は人であり、年度での総計を示す。ただし、*は暦年統計よる。年度間の比較適したデータである。 乗降人員調査結果任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候行事等要因によって変動大きいので年度間の比較には注意を要する。 表中、最高値赤色で、最高値記録した年度以降の最低値青色で、最高値記録した年度以前最低値緑色表記している。 年度別利用状況(近鉄鳥羽駅)年度当駅輸送実績乗車人員):人/年度乗降人員調査結果:人/日特記事通勤定期 通学定期 定期外 合調査日 調結果1929年昭和4年) ←←←← 7月開業 1930年昭和5年) ←←←← 1931年昭和6年)* ←←←← 77,439 1958年昭和33年192,480 ←←←← 502,369 694,849 1959年昭和34年) ←←←← 1960年昭和35年) ←←←← 1961年昭和36年) ←←←← 1962年昭和37年) ←←←← 1963年昭和38年) ←←←← 1964年昭和39年) ←←←← 1965年昭和40年334,160 ←←←← 382,987 717,147 1966年昭和41年369,090 ←←←← 303,430 672,520 1967年昭和42年385,540 ←←←← 268,576 654,116 1968年昭和43年340,620 ←←←← 287,339 627,959 1969年昭和44年412,560 ←←←← 349,640 762,210 改良工事のため営業休止バス代行1970年昭和45年450,240 ←←←← 1,159,721 1,609,961 標準軌化営業再開 1971年昭和46年481,230 ←←←← 1,182,484 1,663,714 1972年昭和47年502,950 ←←←← 1,306,385 1,809,335 1973年昭和48年430,320 ←←←← 1,619,892 2,050,212 1974年昭和49年492,810 ←←←← 1,732,957 2,225,767 1975年昭和50年540,180 ←←←← 1,599,824 2,140,004 1976年昭和51年506,640 ←←←← 1,643,659 2,150,299 1977年昭和52年509,400 ←←←← 1,694,687 2,204,087 1978年昭和53年512,580 ←←←← 1,708,924 2,221,504 1979年昭和54年520,230 ←←←← 1,778,346 2,298,576 1980年昭和55年548,040 ←←←← 1,744,318 2,292,358 1981年昭和56年532,320 ←←←← 1,687,454 2,219,774 1982年昭和57年487,950 ←←←← 1,628,709 2,116,659 11月16日 8,674 1983年昭和58年455,700 ←←←← 1,650,683 2,106,383 11月8日 11,237 1984年昭和59年440,490 ←←←← 1,733,085 2,173,575 11月6日 9,133 1985年昭和60年495,900 ←←←← 1,669,176 2,135,076 11月12日 9,268 1986年昭和61年464,130 ←←←← 1,645,172 2,109,302 11月11日 8,270 1987年昭和62年433,530 ←←←← 1,557,163 1,990,693 11月10日 9,499 1988年昭和63年413,250 ←←←← 1,490,881 1,904,131 11月8日 8,552 1989年平成元年391,770 ←←←← 1,509,782 1,901,552 11月14日 8,309 1990年平成2年417,300 ←←←← 1,728,115 2,145,415 11月6日 9,318 1991年平成3年426,450 ←←←← 1,723,890 2,150,340 1992年平成4年435,810 ←←←← 1,627,901 2,063,711 11月10日 9,845 1993年平成5年417,990 ←←←← 1,490,203 1,908,193 1994年平成6年407,010 ←←←← 1,394,097 1,801,107 1995年平成7年385,950 ←←←← 1,246,556 1,632,506 12月5日 5,902 1996年平成8年345,210 ←←←← 1,141,157 1,486,367 1997年平成9年321,300 ←←←← 1,050,356 1,371,656 1998年平成10年280,140 ←←←← 932,199 1,212,339 1999年平成11年250,470 ←←←← 829,004 1,079,474 2000年平成12年248,520 ←←←← 803,850 1,052,370 2001年平成13年240,240 ←←←← 780,271 1,020,511 2002年平成14年226,230 ←←←← 752,908 979,138 2003年平成15年216,180 ←←←← 752,757 968,937 2004年平成16年214,470 ←←←← 722,776 937,246 2005年平成17年203,490 ←←←← 694,009 897,499 11月8日 4,376 2006年平成18年197,940 ←←←← 697,164 895,104 2007年平成19年192,720 ←←←← 716,018 908,738 2008年平成20年191,490 ←←←← 642,553 834,043 11月18日 3,752 2009年平成21年177,300 ←←←← 568,025 745,325 2010年平成22年178,140 ←←←← 556,023 734,163 11月9日 3,498 2011年平成23年172,350 ←←←← 515,964 688,314 2012年平成24年177,750 ←←←← 529,417 707,167 11月13日 3,151 2013年平成25年179,610 ←←←← 670,179 849,789 2014年平成26年173,910 ←←←← 544,284 718,194 2015年平成27年177,720 ←←←← 570,496 748,216 11月10日 3,848 2016年平成28年172,680 ←←←← 574,269 746,949 伊勢志摩サミット 2017年平成29年165,330 ←←←← 564,902 730,232 2018年平成30年158,520 ←←←← 534,398 692,918 11月13日 3,741

※この「近鉄」の解説は、「鳥羽駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「鳥羽駅」の記事については、「鳥羽駅」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 02:19 UTC 版)

伊勢市駅」の記事における「近鉄」の解説

伊勢市駅利用状況の変遷下表に示す。 輸送実績乗車人員)の単位は人であり、年度での総計を示す。年度間の比較適したデータである。 乗降人員調査結果任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候行事等要因によって変動大きいので年度間の比較には注意を要する。 表中、最高値赤色で、最高値記録した年度以降の最低値青色で、最高値記録した年度以前最低値緑色表記している。 年度別利用状況(近鉄伊勢市駅)年 度当駅輸送実績乗車人員):人/年度乗降人員調査結果:人/日特 記 事通勤定期 通学定期 定期外 合調査日 調結果1950年昭和25年68,070 ←←←← 435,574 503,644 1951年昭和26年89,070 ←←←← 483,165 572,235 1952年昭和27年124,080 ←←←← 494,976 619,056 1953年昭和28年138,840 ←←←← 546,466 685,306 1954年昭和29年147,060 ←←←← 534,332 681,392 1955年昭和30年166,590 ←←←← 555,535 722,125 1956年昭和31年206,820 ←←←← 601,126 807,946 1957年昭和32年230,160 ←←←← 618,868 849,028 1958年昭和33年239,220 ←←←← 647,586 886,806 1959年昭和34年302,370 ←←←← 551,809 854,179 1960年昭和35年417,540 ←←←← 560,924 978,464 1961年昭和36年460,620 ←←←← 556,300 1,016,920 1962年昭和37年457,170 ←←←← 555,434 1,012,604 1963年昭和38年500,010 ←←←← 508,983 1,008,993 1964年昭和39年497,970 ←←←← 502,235 1,000,205 1965年昭和40年514,890 ←←←← 496,142 1,011,032 1966年昭和41年538,380 ←←←← 485,968 1,024,348 1967年昭和42年595,200 ←←←← 517,696 1,112,896 1968年昭和43年617,010 ←←←← 648,821 1,265,831 1969年昭和44年674,310 ←←←← 695,765 1,370,075 1970年昭和45年706,170 ←←←← 754,889 1,461,059 1971年昭和46年808,140 ←←←← 634,908 1,443,048 1972年昭和47年)898,890 ←←←← 698,350 1,597,240 1973年昭和48年)1,012,530 ←←←← 857,912 1,870,442 1974年昭和49年)1,097,550 ←←←← 926,359 2,023,909 1975年昭和50年)1,060,110 ←←←← 931,676 1,991,786 1976年昭和51年)1,022,490 ←←←← 915,237 1,937,727 1977年昭和52年)989,880 ←←←← 940,043 1,929,923 1978年昭和53年998,970 ←←←← 975,345 1,974,315 1979年昭和54年)1,024,980 ←←←← 1,123,803 2,148,783 1980年昭和55年)1,025,430 ←←←← 1,104,846 2,130,276 1981年昭和56年)1,010,160 ←←←← 1,079,747 2,089,907 1982年昭和57年)958,590 ←←←← 1,046,874 2,005,464 11月16日 11,980 1983年昭和58年)975,990 ←←←← 1,022,510 1,998,500 11月8日 13,018 1984年昭和59年)956,580 ←←←← 979,118 1,935,698 11月6日 12,721 1985年昭和60年963,810 ←←←← 976,824 1,940,634 11月12日 11,500 1986年昭和61年)956,580 ←←←← 976,161 1,932,741 11月11日 11,357 1987年昭和62年)1,000,020 ←←←← 931,575 1,931,595 11月10日 11,096 1988年昭和63年)1,034,670 ←←←← 919,867 1,954,537 11月8日 11,187 1989年平成元年)1,056,990 ←←←← 918,094 1,975,084 11月14日 10,608 1990年平成2年)1,083,300 ←←←← 939,403 2,022,703 11月6日 10,907 1991年平成3年)1,077,720 ←←←← 933,510 2,011,230 1992年平成4年999,690 ←←←← 921,013 1,920,703 11月10日 10,954 1993年平成5年)943,620 ←←←← 948,427 1,892,047 1994年平成6年925,590 ←←←← 874,549 1,800,139 1995年平成7年925,710 ←←←← 821,874 1,747,584 12月5日 8,514 1996年平成8年)875,790 ←←←← 811,567 1,687,357 1997年平成9年818,130 ←←←← 753,604 1,571,734 1998年平成10年797,550 ←←←← 727,685 1,525,235 1999年平成11年)794,760 ←←←← 793,116 1,587,876 2000年平成12年)791,730 ←←←← 807,104 1,598,834 2001年平成13年746,430 ←←←← 767,614 1,514,044 2002年平成14年)724,470 ←←←← 733,277 1,457,747 2003年平成15年676,200 ←←←← 702,100 1,378,300 2004年平成16年686,250 ←←←← 652,723 1,338,973 2005年平成17年)712,320 ←←←← 648,499 1,360,819 11月8日 6,476 2006年平成18年729,150 ←←←← 606,841 1,335,991 2007年平成19年)721,800 ←←←← 610,690 1,332,490 2008年平成20年726,330 ←←←← 602,347 1,328,677 11月18日 6,306 2009年平成21年701,190 ←←←← 595,538 1,296,728 2010年平成22年699,990 ←←←← 612,132 1,306,122 11月9日 6,360 2011年平成23年695,220 ←←←← 649,617 1,344,837 2012年平成24年717,780 ←←←← 711,158 1,428,938 11月13日 6,626 2013年平成25年)722,340 ←←←← 1,014,209 1,736,549 2014年平成26年703,860 ←←←← 786,242 1,490,102 2015年平成27年) ←←←← 11月10日 7,681 2016年平成28年) ←←←← 2017年平成29年) ←←←← 2018年平成30年) ←←←← 11月13日 7,727

※この「近鉄」の解説は、「伊勢市駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「伊勢市駅」の記事については、「伊勢市駅」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:40 UTC 版)

津駅」の記事における「近鉄」の解説

1932年昭和7年4月3日参宮急行電鉄津線(現在の近鉄名古屋線津新町 - 津間が開業1938年昭和13年6月20日参宮急行電鉄津線の津 - 江間が開業1941年昭和16年3月15日大阪電気軌道参宮急行電鉄合併関西急行鉄道改称路線名改定され名古屋線所属となる。 1944年昭和19年6月1日関西急行鉄道南海鉄道合併近畿日本鉄道設立1992年平成4年3月31日改良工事竣工4月1日より駅長所在駅津新町駅から当駅変更2003年平成15年3月6日:名伊甲特急停車駅追加される2007年平成19年4月1日PiTaPa使用開始2012年平成24年3月20日名阪甲特急全列車停車駅追加される

※この「近鉄」の解説は、「津駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「津駅」の記事については、「津駅」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:41 UTC 版)

松阪駅」の記事における「近鉄」の解説

1930年昭和5年3月27日参宮急行電鉄の駅として、松阪 - 外宮前(現在の宮町)間開通時開業5月18日参宮急行電鉄松阪 - 参急中川現在の伊勢中川)間が開業1941年昭和16年3月15日大阪電気軌道参宮急行電鉄合併関西急行鉄道改称この時線路名称改定で、山田線所属駅となる。 1944年昭和19年6月1日関西急行鉄道南海鉄道合併近畿日本鉄道設立1955年昭和30年4月3日北口開設1969年昭和44年10月16日:近鉄下り待避線設置2007年平成19年4月1日近鉄山田線PiTaPa使用開始2012年平成24年3月20日ダイヤ変更により、区間快速急行の運転が廃止される

※この「近鉄」の解説は、「松阪駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「松阪駅」の記事については、「松阪駅」の概要を参照ください。


近鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 15:01 UTC 版)

京都駅」の記事における「近鉄」の解説

櫛形ホーム4面4線を有する高架駅で、ホーム有効長6両編成分である。新幹線ホーム真下位置する1997年JR京都駅4代目駅舎竣工し南北自由通路通行可能になる以前には烏丸口有人個別対応券売窓口存在していた。また中央口改札には、開業当初から長らく国鉄→)JR京都駅構内入り込む形で乗換用の改札機があったが、現京都駅ビル建設および同駅南北自由通路設置に合わせて両社乗換改札口完全に分離された。そして、2007年12月1日には駅リニューアルの一環として1階八条口改札切符売り場廃止され定期券売り場、駅営業所等含めて2階改札口中央口)に移転集約された。駅長配置駅である。

※この「近鉄」の解説は、「京都駅」の解説の一部です。
「近鉄」を含む「京都駅」の記事については、「京都駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「近鉄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「近鉄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近鉄」の関連用語

近鉄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近鉄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの伏見駅 (京都府) (改訂履歴)、修学旅行列車 (改訂履歴)、ドカベン スーパースターズ編 (改訂履歴)、近鉄富田駅 (改訂履歴)、鳥羽駅 (改訂履歴)、伊勢市駅 (改訂履歴)、津駅 (改訂履歴)、松阪駅 (改訂履歴)、京都駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS