近衛天皇とは?

このえ てんのう このゑてんわう 【近衛天皇】 ○

1139~1155第七六代天皇在位1141~1155)。名は体仁(なりひと)。鳥羽天皇皇子在位中は鳥羽法皇院政行い藤原忠通摂政関白務めた。

近衛天皇

鳥羽上皇の第8皇子で、崇徳天皇異母弟にあたる。
生後間もなく天皇宣下を受け、崇徳天皇皇后聖子養子となり立皇太子
崇徳天皇譲りをうけてわずか2歳にして即位し近衛天皇となった。
これは崇徳天皇を疎んでいた鳥羽法皇意向よるものといわれ、鳥羽法皇崇徳天皇摂関家藤原氏平氏源氏らの武士団巻き込んで対立深めていた。
17歳若さで近衛天皇が崩御すると、崇徳上皇実子重仁親王の即位を画策するが、鳥羽法皇によって退けられ、近衛天皇の異母兄鳥羽法皇の第4皇子崇徳上皇同母弟でもある雅仁親王(後白河天皇)が即位した。
後白河天皇即位後、保元の乱に代表されるように平氏源氏武士団存在大きなものとなってゆく。


近衞天皇 安樂壽院南陵
(このえてんのう あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第76
天 皇 名 :近衞天皇
このえてんのう
御   父 羽天皇
御   母 皇后得子
御 陵 名 安樂壽院南陵
あんらくじゅいんのみなみのみささぎ
陵   形 多宝塔
所 在 地 京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町
交通機関等 近鉄・市地下鉄竹田下車  南西0.5
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

近衛天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 06:43 UTC 版)

近衛天皇(このえてんのう、旧字体:近衞1139年6月16日保延5年5月18日〉- 1155年8月22日久寿2年7月23日〉)は、日本の第76代天皇(在位: 1142年1月5日永治元年12月7日〉- 1155年8月22日久寿2年7月23日〉)。躰仁(なりひと)[1]




  1. ^ 「躰」は「體」の俗字。今日の日本語では「體」のもう一つの俗字である「体」を新字体として常用漢字に用いていることから、躰仁親王のことを体仁親王と記すことも多い。
  2. ^ 樋口健太郎「中世前期の摂関家と天皇」(初出:『日本史研究』618号(2014年)/所収:『中世王権の形成と摂関家』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02948-3) 2018年、P28-30.
  3. ^ 天皇陵(宮内庁)
  4. ^ 【悠久の天皇陵】(25)近衛陵/唯一の「多宝塔」に眠る『産経新聞』朝刊2018年11月14日(社会面)。
  5. ^ 『寺院大図鑑(天台宗兵庫教区)』


「近衛天皇」の続きの解説一覧



近衛天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近衛天皇」の関連用語

近衛天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



近衛天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2019.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近衛天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS