呪いとは? わかりやすく解説

のろい〔のろひ〕【呪い/×詛い】

読み方:のろい

ろうこと呪詛(じゅそ)。「―をかける」「―をとく」


まじ‐ない〔‐なひ〕【呪い】

読み方:まじない

神仏その他不可思議なものの威力借りて災い病気などを起こしたり、また除いたりする術。「―をかける」「人前であがらないお―」


呪い

読み方:まじない、のろい

ワ行五段活用動詞呪う」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リスト:呪い

英語表記/番号出版情報
リスト:呪いMalédiction S.121/R.452 H1作曲年: 1833/40年 

呪い

作者アーサー・C.クラーク

収載図書明日にとどく
出版社早川書房
刊行年月1986.4
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


呪い

作者マルグリット・ユルスナール

収載図書青の物語
出版社白水社
刊行年月1994.7


呪い


呪い

作者池永克司

収載図書悪魔の処方箋
出版社彩図社
刊行年月1999.10
シリーズ名ぶんりき文庫


呪い

作者八剣浩太郎

収載図書用心棒風来東国
出版社広済堂出版
刊行年月2005.2
シリーズ名広済堂文庫


呪い

作者輝虎

収載図書不思幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 21:25 UTC 版)

呪い(のろい)は、またはが、物理的手段によらず精神的あるいは霊的な手段で、悪意をもって他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらさしめんとする行為をいう。


  1. ^ 「呪い」にマジナイとノロイの別があるように、「調伏」にもその原義である仏教用語と、転じて対象を「悪」とみなすことで呪詛と同義となった用語があり、「呪詛調伏」(じゅそちょうぶく)と並べられた用法がみられる。「調伏」(デジタル大辞泉)「調伏」(大辞林 第三版)
  2. ^ 現代においてはこれを代行すると称する業者も存在する。『朝日新聞』2009年5月4日、東京版朝刊、26頁。
  3. ^ 【ニュースQ3】見せてはいけない…「わら人形」で脅迫容疑『朝日新聞』朝刊2017年1月31日(社会面)
  4. ^ 『マンガ神道入門〜日本の歴史に生きる八百万の神々〜』(白取春彦著、神保郁夫監修、サンマーク出版
  5. ^ 鈴木一馨『陰陽道―呪術と鬼神の世界』講談社選書メチエ、2002年 ISBN 978-4-06-258244-5


「呪い」の続きの解説一覧

呪い(「のろい」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:45 UTC 版)

ドラゴンクエストシリーズ」の記事における「呪い(「のろい」)」の解説

呪いのかかったアイテム装備した状態。装備者や味方にとって何らかの不利益がある(アイテムによって症状異なる)。作品によって、呪いのかかった物を装備する外せなくなり何らかの施設で呪いを解いてもらう必要があるものと、呪いのかかった物でも「そうび」コマンド自由に外せるものがある。呪いのアイテム外れれば効果消える。

※この「呪い(「のろい」)」の解説は、「ドラゴンクエストシリーズ」の解説の一部です。
「呪い(「のろい」)」を含む「ドラゴンクエストシリーズ」の記事については、「ドラゴンクエストシリーズ」の概要を参照ください。


呪い(のろい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 09:39 UTC 版)

絡新婦の理」の記事における「呪い(のろい)」の解説

大蜘蛛が男を殺し黒い聖母が女を殺す。呪ったら、呪ったとおりに本当に死ぬ。

※この「呪い(のろい)」の解説は、「絡新婦の理」の解説の一部です。
「呪い(のろい)」を含む「絡新婦の理」の記事については、「絡新婦の理」の概要を参照ください。


呪い(カース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

アラド戦記」の記事における「呪い(カース)」の解説

力、体力知能精神力ステータス一定量低下する時間がたてば治癒する

※この「呪い(カース)」の解説は、「アラド戦記」の解説の一部です。
「呪い(カース)」を含む「アラド戦記」の記事については、「アラド戦記」の概要を参照ください。


呪い(The Curse)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:22 UTC 版)

明日にとどく」の記事における「呪い(The Curse)」の解説

ロンドン目標とした水爆ミサイルのうちの1発がそれた。そのミサイル小さな町落ち教会破壊した教会には300年前の墓石があり、こう書かれていた。「わが骨を動かす者に呪いあれ」。(※シェークスピア墓のこと)

※この「呪い(The Curse)」の解説は、「明日にとどく」の解説の一部です。
「呪い(The Curse)」を含む「明日にとどく」の記事については、「明日にとどく」の概要を参照ください。


呪い(のろい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 10:19 UTC 版)

鬼滅の刃」の記事における「呪い(のろい)」の解説

人間鬼化させる血液にあらかじめ仕込まれている能力。鬼は無惨に関す情報を口にしようとするだけで身体破壊される下弦下の鬼は「鬼舞辻󠄀無惨」の名を口にするだけで死ぬ。本人の前であれば死の呪いは発動しないが、無惨に対して思考完全に読まれてしまう。距離が開けば鮮明な読心はできなくなるが、位置把握される

※この「呪い(のろい)」の解説は、「鬼滅の刃」の解説の一部です。
「呪い(のろい)」を含む「鬼滅の刃」の記事については、「鬼滅の刃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「呪い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

呪い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:33 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. のろいを参照
  2. まじないを参照

「呪い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呪い」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



呪いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2023 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの呪い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンクエストシリーズ (改訂履歴)、絡新婦の理 (改訂履歴)、アラド戦記 (改訂履歴)、明日にとどく (改訂履歴)、鬼滅の刃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの呪い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS