無惨とは?

む‐ざん【無残/無惨/無×慙/無×慚】

[名・形動

無慙無慚仏語戒律を破って心に少しも恥じるところがないこと。「放逸―」「破戒―」

残酷なこと。乱暴なこと。また、そのさま。「―な仕打ちをする」

いたましいこと。あわれなこと。また、そのさま。「―な最期を遂げる」「見るも―な光景


無惨

作者近松秋江

収載図書近松秋江全集 第6巻
出版社八木書店
刊行年月1993.6


無惨

作者黒岩涙香

収載図書日本ミステリー1世紀 上巻
出版社広済堂出版
刊行年月1995.5

収載図書黒岩涙香探偵小説選 1
出版社論創社
刊行年月2006.8
シリーズ名論創ミステリ叢書


無惨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/24 20:07 UTC 版)

無惨』(むざん)は、黒岩涙香明治22年(1889年)に発表した短編小説。日本人初の創作推理小説とされる[1]


  1. ^ 『無惨』よりも1年早く、1888年6月に須藤南翠が『殺人犯』を刊行しており、こちらの方が日本初とする説もある(『創元推理』第12号(1996年春号)に江戸川乱歩旧蔵本を全文影印版で復刻。同号では「日本初の創作探偵小説」と紹介されている)。ただし『殺人犯』の作品としての評価は低く、中島河太郎は「事件はかなりおもしろく拵えてあるが、情趣に乏しく、探偵的興味には力を注がず、容疑者の有罪か無罪かにとらわれている」と評しており、『無惨』の方をより高く評価している(中島河太郎、「日本探偵小説史」 『日本探偵小説全集 12 名作集2』 東京創元社創元推理文庫〉、1989年2月3日、616頁。ISBN 4-488-40012-4 )。
  2. ^ 中島 1993, pp. 26-29.
  3. ^ 絵入自由新聞』1889年9月13日付掲載の発売広告にも「此篇は英仏米最近五十年間の小説を読尽したる涙香先生が近時の大疑団たる海軍原の人殺しを仏国流の探偵談に仕組みたる者なり蓋し我国探偵小説の嚆矢たり」とある(大國 2005, p. 15)。
  4. ^ 吉田 2004, p. 23.
  5. ^ 吉田 2004, p. 24.
  6. ^ 吉田 2004, p. 25.
  7. ^ 大國 2005, p. 2.
  8. ^ 中島 1993, p. 28.


「無惨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無惨」の関連用語

無惨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無惨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無惨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS