呪詛とは?

ず‐そ【×詛】

《「ず」は「じゅ」の直音表記》「じゅそ(呪詛)」に同じ。

「いかに―悪念深く侍りたうぶらむ」〈宇津保・嵯峨院〉


じゅ‐そ【呪×詛/呪×咀】

[名](スル)古くは「しゅそ」》神仏悪霊などに祈願して相手災いが及ぶようにすること。のろうこと。「身の不運を―する」


呪詛

読み方:ジュソ(juso)

まじない、のろい


呪詛

読み方:カシリ(kashiri)

(1)神に祈って人を呪うこと。
(2)法語唱え施主亡者福利を願うこと。

別名 呪願


呪詛

読み方:マジナイ(majinai)

自分護るために寄り来る魔や鬼をしりぞけ避けようとする術。

別名


とこい 【呪詛】

神道で神に祈って他人に災禍を蒙らせようとすること。のろい。そのために使う物を詛戸という。

呪詛

作者毛利志生子

収載図書猫鬼―カナリア・ファイル
出版社集英社
刊行年月2000.6
シリーズ名集英社スーパーファンタジー文庫


呪詛

作者セルマ・ラーゲルレーヴ

収載図書小山内薫
出版社大空
刊行年月2003.3
シリーズ名明治翻訳文全集


呪詛

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集35巻 呪詛・萌出るもの
出版社八木書店
刊行年月2004.3


呪詛

読み方:ジュソ(juso)

作者 深尾須磨子

初出 大正14年

ジャンル 詩集


呪い

(呪詛 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 04:50 UTC 版)

呪い(のろい)とは、またはが、物理的手段によらず精神的あるいは霊的な手段で、悪意をもって他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらせしめようとする行為をいう。


  1. ^ 「呪い」にマジナイとノロイの別があるように、「調伏」にもその原義である仏教用語と、転じて対象を「悪」とみなすことで呪詛と同義となった用語があり、「呪詛調伏」(じゅそちょうぶく)と並べられた用法がみられる。「調伏」(デジタル大辞泉)「調伏」(大辞林 第三版)
  2. ^ 現代においてはこれを代行すると称する業者も存在する。『朝日新聞』2009年5月4日、東京版朝刊、26頁。
  3. ^ 【ニュースQ3】見せてはいけない…「わら人形」で脅迫容疑『朝日新聞』朝刊2017年1月31日(社会面)


「呪い」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呪詛」の関連用語

呪詛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



呪詛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの呪い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS