1818年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1818年の意味・解説 

文政元年 (つちのえとら 戊寅)

文政元年
年(年号)
1803年 (享和3年) 江戸開府200年
1806年 (文化3年) 大火
1808年 (文化5年) フェートン号事件
文政元年
1825年 (文政8年) 異国船打払令
1828年 (文政11年) シーボルト事件
1829年 (文政12年) 江戸大火
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱


文政元年
伊能 忠敬 1745年〜1818年(延享2年〜文政元年) 73
塙 保己一 1746年1821年(延享3年文政4年) 72
司馬 江漢 1747年〜1818年(延享4年〜文政元年) 71
大田 南畝 1749年1823年(寛延2年文政6年) 69
笠森 お仙 1751年1827年(宝暦元年文政10年) 67
鶴屋 南北 1755年1829年(宝暦5年文政12年) 63
大槻 玄沢 1757年1827年(宝暦7年文政10年) 61
松平 定信 1758年1829年(宝暦8年文政12年) 60
葛飾 北斎 1760年1849年(宝暦10年嘉永2年) 58
酒井 抱一 1761年1828年(宝暦11年文政11年) 57
十返舎 一九 1765年1839年(明和2年天保10年) 53
滝沢 馬琴 1767年1848年(明和4年嘉永元年) 51
雷電 為衛門 1767年1825年(明和4年文政8年) 51
佐藤 信淵 1769年1850年(明和6年嘉永3年) 49
近藤 重蔵 1771年1829年(明和8年文政12年) 47
徳川 家斉 1773年1841年(安永2年天保12年) 45
間宮 林蔵 1775年1844年(安永4年弘化元年) 43
式亭 三馬 1776年1822年(安永5年文政5年) 42
柳亭 種彦 1783年1842年(天明3年天保13年) 35
為永 春水 1790年1843年(寛政2年天保14年) 28
徳川 家慶 1793年1853年(寛政5年嘉永6年) 25
遠山 金四郎 1793年1855年(寛政5年安政2年) 25
渡辺 崋山 1793年1841年(寛政5年天保12年) 25
水野 忠邦 1794年1851年(寛政6年嘉永4年) 24
千葉 周作 1794年1855年(寛政6年安政2年) 24
Siebold Philipp Von 1796年1866年(寛政8年慶応2年) 22才
歌川 広重 1797年1858年(寛政9年安政5年) 21
高島 秋帆 1798年1866年(寛政10年慶応2年) 20才
男谷 精一郎 1798年1864年(寛政10年元治元年) 20才
Harris Townsend 1804年1878年(文化元年明治11年) 14才
緒方 洪庵 1810年1863年(文化7年文久3年) 8才
井伊 直弼 1815年1860年(文化12年万延元年) 3才
Hepburn J. 1815年1911年(文化12年明治44年) 3才
河竹 黙阿弥 1816年1893年(文化13年明治26年) 2才
鼠小僧次郎吉 ????年〜1832年(??年〜天保3年) ?才

1818年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 14:58 UTC 版)

1818年(1818 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年




  1. ^ 百目木 1918, p. 2


「1818年」の続きの解説一覧

1818年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:45 UTC 版)

1818年は前年と同様創作上比較的実りがなかったものの、2つの点で特筆すべき年だった。1つ目は作品公演初め行われたことである。演目は『イタリア風序曲』(D590)で、これはロッシーニパロディー化したと書かれており、5月1日刑務所コンサート演奏された。2つ目は初め公式の招聘があったことである。これは、ツェレスに滞在するヨハン・エステルハージ伯爵一家の音楽教師地位で、シューベルト夏中楽しく快適な環境過ごしたこの年作品には『ミサ曲ハ長調』(D452)、『交響曲第6番ハ長調』(D589)、ツェレスでの生徒たちのための一連の四手のためのピアノ曲』、『孤独に』(D620)、『聖母マリア像』(D623)、『繰り言』(Litaney)などを含む歌曲がある。秋のウィーンへ帰りに、ショーバーところに滞在する部屋がないことが分かり、マイアーホーファー宅に同居することになった。ここでシューベルト慣れた生活が継続された。毎朝起床するなり作曲を始め午後2時まで書き昼食のあと田舎道散歩し、再び作曲に戻るか、あるいはそうした気分ならない場合友人宅訪問した歌曲作曲家としての最初の公演1819年2月28日で、『羊飼いの嘆きの歌』(D121)が刑務所コンサートイェーガーによって歌われた。この夏、シューベルト休暇取りフォーグルとともに北部オーストリア旅行したシュタイアーで「(ます)」として有名なピアノ五重奏曲イ長調』(D667)のパート譜スコアなしで書き友人驚かせた。秋に自作の3曲をゲーテ送ったが、返事はなかった。

※この「1818年」の解説は、「フランツ・シューベルト」の解説の一部です。» 「フランツ・シューベルト」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1818年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1818年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1818年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1818年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランツ・シューベルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS