酒井 抱一とは?

さかい‐ほういつ〔さかゐハウイツ〕【酒井抱一】

[1761~1829]江戸後期画家江戸の人。名は忠因(ただなお)。通称栄八。別号鶯村(おうそん)。姫路城酒井忠以(さかいただざね)の弟。尾形光琳(おがたこうりん)に傾倒琳派画風繊細叙情性を加味し、同派最後を飾った。俳諧和歌・書などにも長じた。作「夏秋屏風」。


酒井抱一

読み方さかい ほういつ

江戸後期画家俳人姫路藩主忠以の弟。西本願寺十八文如上人養子。名は忠因、字は暉真、別号軽挙道人鶯村庵等、俳号屠龍法名等覚院文詮暉真。宋紫石写生画風、浮世絵狩野派さらに土佐派円山派技法摂取最後に尾形光琳を慕う。画風琳派の持つ日本的装飾性を受けながら、繊細感覚鋭敏情感溢れている。文政11年(1828)歿、68才。

酒井 抱一 (さかい ほういつ)

1761〜1828 (宝暦11年文政11年)
画家江戸在住大名家一流芸術家。自由に文化人交流江戸琳派芸術再興した。
画家姫路藩酒井忠以の弟。名は忠因、号して抱一尾形光琳私淑し、江戸琳派芸術再興鈴木其一池田孤邨らを育て抱一琳派形成した。また、江戸座呼ばれる俳諧諸派親交広く自身俳諧狂歌活躍した。当時から始まった武家文化人交流は、江戸文化発展させる契機ともなった。代表作に『夏秋屏風』がある。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 3才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 11
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 22才
1789年 (寛政元年) 棄捐令 28
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 29
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 30
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 36
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 42
1806年 (文化3年) 大火 45
1808年 (文化5年) フェートン号事件 47
1825年 (文政8年) 異国船打払令 64
1828年 (文政11年) シーボルト事件 67


 人物
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) +6
大槻 玄沢 1757年1827年 (宝暦7年文政10年) +4
松平 定信 1758年1829年 (宝暦8年文政12年) +3
葛飾 北斎 1760年1849年 (宝暦10年嘉永2年) +1
山東 京伝 1761年1816年 (宝暦11年文化13年) 0
高橋 至時 1764年1804年 (明和元年文化元年) -3
十返舎 一九 1765年1839年 (明和2年天保10年) -4
滝沢 馬琴 1767年1848年 (明和4年嘉永元年) -6
雷電 為衛門 1767年1825年 (明和4年文政8年) -6

酒井抱一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 05:14 UTC 版)

酒井 抱一(さかい ほういつ、 宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))は、江戸時代後期の絵師俳人権大僧都。本名は忠因(ただなお)、幼名は善次、通称は栄八、は暉真(きしん)。ほか、屠牛、狗禅、鶯村、雨華庵、軽挙道人、庭柏子、溟々居、楓窓ともする。また俳号は、ごく初期は白鳧・濤花、後に杜陵(綾)[1]狂歌名は、尻焼猿人[2]。屠龍(とりょう)の号は俳諧・狂歌、さらに浮世絵美人画でも用いている


  1. ^ 「杜陵」は長安の東北に位置する前漢宣帝陵墓のことで、の詩人杜甫はその近くに住んだことから。、しばしば「杜陵布衣」と名乗った。
  2. ^ しりやけのさるんど、「落ち着きのない人」の意。
  3. ^ 内藤正人 「酒井抱一の浮世絵 ─杜綾・屠竜落款の天明期肉筆美人画について」『国華』1191号、1995年2月。
  4. ^ 抱一の句集『軽挙館句藻』の中に『荘子』に依拠した句が多数あることから、『荘子』(庚桑楚篇)の「老子曰、衛生之経、能抱一乎」が出典とする説もある(千澤楨治編 『日本の美術186 酒井抱一』 至文堂、1981年、20頁)。
  5. ^ 雨華庵は慶応元年に火災で焼失してしまったが、老年になった田中抱二が往時を回顧した間取り図を残している。
  6. ^ 内藤正人 「酒井抱一筆 調布の玉川図」『国華』第1243号、1999年。
  7. ^ 岡田和生発行 小林忠監修 『岡田美術館 名品撰』 岡田美術館編集・発行、2013年10月3日、pp.140-141。
  8. ^ 重要文化財指定名称は「紙本金地著色秋草図」
  9. ^ 桐生市教育委員会編集・発行 『桐生市の文化財』 2002年3月29日、p.52。
  10. ^ Mary Griggs Burke Collection, Gift of the Mary and Jackson Burke Foundation, 2015
  11. ^ Rogers Fund, 1957


「酒井抱一」の続きの解説一覧



酒井 抱一と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酒井 抱一」の関連用語

酒井 抱一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酒井 抱一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒井抱一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS