大槻 玄沢とは?

おおつき‐げんたく〔おほつき‐〕【大槻玄沢】

[1757~1827]江戸後期蘭学者陸奥(むつ)の人。名は茂質(しげかた)、字(あざな)は子煥(しかん)。杉田玄白前野良沢オランダ医学オランダ語学び長崎遊学。著「蘭学階梯」「重訂解体新書」など。


大槻 玄沢 (おおつき げんたく)

1757〜1827 (宝暦7年文政10年)
蘭方医蘭学入門書蘭学階梯』が、多く俊才育てた。
江戸末期蘭方医仙台藩侍医陸奥国出身。玄沢は通称江戸に出て杉田玄白前野良沢師事し、長崎にも遊学した。蘭学塾芝蘭堂開き毎年西暦正月蘭学者集う阿蘭陀正月(新元会)を催し評判となった。著書の『蘭学階梯』に刺激を受けた全国俊才彼のもとに集まり江戸蘭学会の中心的存在となる。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 7才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 15才
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 26
1789年 (寛政元年) 棄捐令 32
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 33才
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 34
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 40
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 46
1806年 (文化3年) 大火 49
1808年 (文化5年) フェートン号事件 51
1825年 (文政8年) 異国船打払令 68


 人物
笠森 お仙 1751年1827年 (宝暦元年文政10年) +6
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) +6
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) +4
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) +2
松平 定信 1758年1829年 (宝暦8年文政12年) -1
葛飾 北斎 1760年1849年 (宝暦10年嘉永2年) -3
山東 京伝 1761年1816年 (宝暦11年文化13年) -4
酒井 抱一 1761年1828年 (宝暦11年文政11年) -4

大槻玄沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 14:58 UTC 版)

大槻 玄沢(おおつき げんたく、宝暦7年9月28日1757年11月9日)- 文政10年3月30日1827年4月25日))は、一関藩出身の江戸時代後期の蘭学者茂質(しげかた)、字は子煥(しかん)。出身地の磐井から磐水(ばんすい)と号す。『解体新書』の翻訳で有名な杉田玄白前野良沢の弟子。「玄沢」とは、師である2人から一文字ずつもらってつけた通り名である。


  1. ^ 大槻玄沢肖像 - Waseda University Library - 早稲田大学
  2. ^ a b 関(2008)p.27-28
  3. ^ a b c d e 「大槻玄沢」朝日日本歴史人物事典
  4. ^ 岡田俊裕 2011年 208ページ
  5. ^ 生計纂要 - 宮城県
  6. ^ 関(2008)p.175
  7. ^ ローレンツ・ハイスター(Lorenz Heister)の外科書の翻訳。文政8年(1825年)完成。
  8. ^ 『ダ・ダ・スコ』p25-29


「大槻玄沢」の続きの解説一覧



大槻 玄沢と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大槻 玄沢」の関連用語

大槻 玄沢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大槻 玄沢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大槻玄沢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS