喜多川 歌麿とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 喜多川 歌麿の意味・解説 

きたがわ‐うたまろ〔きたがは‐〕【喜多川歌麿】

[1753~1806]江戸後期浮世絵師喜多川派の祖。本姓北川初めの号は豊章。独自の美人画、特に大首絵(おおくびえ)を創案女性官能的な美を描き出した。狂歌絵本肉筆画制作


喜多川歌麿

読み方きたがわ うたまろ

江戸中・後期浮世絵師狂歌師。名は信美、字は豊章俗称勇助・勇記、号は一窓主裡町斎・燕岱斎・柴屋狂名筆の綾丸鳥山石燕師事寛政3年女性美理想的表現法、美人大首絵発表世人注目集めた。代表作に「寛政三美人」「たのしきまとひ」等がある。文化3年(1806)歿、53才。

喜多川 歌麿 (きたがわ うたまろ)

1753〜1806 (宝暦3年文化3年)
浮世絵師美人画代名詞的な浮世絵師世界のウタマロ。
浮世絵師喜多川派の祖。当初黄表紙洒落本などの挿絵を描く。ついで役者大首絵美人画採用豊かな女性表情捉え画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画第一人者となった。肉筆画春画にもすぐれたが、「八景浮世絵」など名所風景画にも名作を残す。晩年筆禍事件手鎖の刑を受けるなど、失意のうちに没した。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 11
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 19才
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 30
1789年 (寛政元年) 棄捐令 36
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 37
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 38
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 44
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 50
1806年 (文化3年) 大火 53


 人物
司馬 江漢 1747年1818年 (延享4年文政元年) +6
並木 五瓶 1747年1808年 (延享4年文化5年) +6
大田 南畝 1749年1823年 (寛延2年文政6年) +4
蔦谷 重三郎 1750年1797年 (寛延3年寛政9年) +3
笠森 お仙 1751年1827年 (宝暦元年文政10年) +2
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) +2
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) -2
大槻 玄沢 1757年1827年 (宝暦7年文政10年) -4
松平 定信 1758年1829年 (宝暦8年文政12年) -5

喜多川歌麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 05:43 UTC 版)

喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ、1753年宝暦3年)頃? - 1806年10月31日文化3年9月20日)は、江戸時代日本で活躍した浮世絵師


注釈

  1. ^ 関根只誠『名人忌辰録』では、文化2年、53歳没とされているので、1754年(宝暦4年)生まれとなり[2]、また瀬木慎一は、1755-58年(宝暦5-8年)としている[3]

出典

  1. ^ 国際浮世絵学会 2008, pp. 167-169浅野秀剛「喜多川歌麿」
  2. ^ 関根 1894.
  3. ^ 瀬木 2001.
  4. ^ 浅野 1995, p. 48.
  5. ^ 由良 1979, p. 133.
  6. ^ 小林忠 『ボストン美術館秘蔵 スポルディング・コレクション名作選』 小学館、2009年11月、ISBN 978-4-09-682038-4
  7. ^ 『喜多川歌麿』 新潮社〈新潮日本美術文庫16〉、1997年。
  8. ^ 永田生慈監修 日本経済新聞社企画・編集協力 『シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵─美の競艶』 小学館スクウェア、2015年4月20日、pp.88-89,193、ISBN 978-4-7979-8573-3
  9. ^ 石田泰弘監修 福岡市美術館ほか編 『肉筆浮世絵の世界 -美人画、風俗画、そして春画-』 西日本新聞社 テレビ西日本、2016年8月8日、p.75、171。
  10. ^ 石田泰弘監修 福岡市美術館ほか編 『肉筆浮世絵の世界 -美人画、風俗画、そして春画-』 西日本新聞社 テレビ西日本、2016年8月8日。
  11. ^ 遠山記念館 秋田市立千秋美術館編集 『至高の日本美術 遠山記念館名品選』 秋田市立千秋美術館、2017年9月23日、p.21。
  12. ^ 『肉筆浮世絵名作展』 櫛形町立春仙美術館、1995年
  13. ^ 沓掛良彦 『大田南畝 詩は詩佛書は米庵に狂歌おれ』 ミネルヴァ書房ミネルヴァ日本評伝選〉、2007年3月。ISBN 978-4-623-04865-6
  14. ^ 小林忠 「歌麿大画「深川の雪」考」『国華』第1462号、國華社、2017年8月20日、pp.15-16、ISBN 978-4-02-291462-0
  15. ^ 小林忠監修 『大谷コレクション肉筆浮世絵』 株式会社ニューオータニ ニューオータニ美術館発行、2005年7月、pp.149-150。
  16. ^ ティモシー・クラーク 訳=矢野明子 「喜多川歌麿筆 文読む遊女図」『国華』第1462号、國華社、2017年8月20日、pp.22-26。


「喜多川歌麿」の続きの解説一覧



喜多川 歌麿と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喜多川 歌麿」の関連用語

喜多川 歌麿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喜多川 歌麿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喜多川歌麿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS