司馬 江漢とは?

しば‐こうかん〔‐カウカン〕【司馬江漢】

[1747~1818]江戸後期洋風画家。江戸の人。本名安藤吉次郎。別号、春波など。鈴木春信門下浮世絵師となるが、のち写生体の漢画美人画を描き、さらに平賀源内らの影響洋風画に転じた。日本最初エッチング制作油彩による風景図も多数描いた。また、地動説など自然科学紹介にも努め、随筆にもすぐれた。著「地球全図略説」「春波楼筆記」など。


司馬江漢

読み方しば こうかん

江戸後期画家江戸生。本姓安藤のち上田。名は峻、通称は勝三郎吉次郎、字は君嶽、別号に春波西洋道人等がある。狩野古信学び、さらに鈴木春信浮世絵を、のち宋紫石から南蘋派を学ぶ。また平賀源内影響を受けて小田野直武より西洋画法を学び腐蝕銅版画製法修得して日本最初銅版画創始する。さらに油彩画制作西洋画法による日本風景図を確立した。晩年西洋科学紹介者としても活躍。著に『春波楼筆記』等。文政元年(1818)歿、81才。

司馬江漢(しばこうかん 1747-1818)

 江戸後期洋画家蘭学者日本最初銅版彫刻地図印刷実施
 司馬江漢(浮世絵師鈴木春重)は、江戸生まれ、こどものころから好奇心旺盛だったという。初め狩野派学び18歳のころには鈴木春信にも学んで浮世絵師となり、錦絵版下を描いたという。
 24歳のころ交流のあった平賀源内影響を受けて西洋画を学ぶ。36歳のころ大槻玄沢協力得て蘭書ボイス著「新選科学工芸総合大辞典」の中の「刻を作る技法」)を読み日本人最初銅版彫刻印刷試み、翌天明3年(1783)自作銅版画販売した。
 その後大坂地図収集家木村兼葭堂天文家間重富などとも交わり寛政4年(1792)には、「輿地全図」を彫刻出版した(その後改題され「地球全図」となる)。もととしたのは、それ以前江戸参府したオランダ商館長所有していた1720年ごろのフランス製「ジャイヨ世界図」である。これらは、日本最初銅版印刷された地図であり、日本初め売り出された蘭学系の世界図でもある。
 翌寛政5年出版の「地球全図略説」は、「銅版地球全図」の解説書で、そこでは日食月食天動説地動説などを図解入り説明し、さらに地球の五帯より各地気候産物なども略記し、南北回帰線極圏などにもふれている。文化6年(1809)には、「刻白爾(コツヘル)天文図解」を刊行天動説紹介する。司馬江漢のこれらの著作には、地理情報天文事象図解をもって分かりやすく伝えようとする努力見られる
 司馬江漢は、こうした地図測量などとのかかわり以上に日本における洋風画開拓者として知られる一方、あるときは浮世絵師鈴木春重でもあったことは言うまでもない

司馬 江漢 (しば こうかん)

1747〜1818 (延享4年文政元年)
洋風画家】 平賀源内出会い西洋画開眼日本画初め油彩画技法応用した。
江戸後期洋風画家。蘭学者江戸出身。はじめ鈴木春信浮世絵学び、ついで写生画に転じた。その後長崎オランダ人に学んで洋画傾倒日本初めての銅版画制作し、油絵も描いた。西洋画普及にも貢献

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 17才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 25
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 36
1789年 (寛政元年) 棄捐令 42
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 43
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 44
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 50
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 56
1806年 (文化3年) 大火 59
1808年 (文化5年) フェートン号事件 61


 人物
伊能 忠敬 1745年1818年 (延享2年文政元年) +2
長谷川 平蔵 1745年1795年 (延享2年寛政7年) +2
塙 保己一 1746年1821年 (延享3年文政4年) +1
並木 五瓶 1747年1808年 (延享4年文化5年) 0
大田 南畝 1749年1823年 (寛延2年文政6年) -2
蔦谷 重三郎 1750年1797年 (寛延3年寛政9年) -3
笠森 お仙 1751年1827年 (宝暦元年文政10年) -4
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) -4
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) -6

司馬江漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 09:50 UTC 版)

司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日1818年11月19日)は、江戸時代絵師蘭学者。青年時代は浮世絵師鈴木春信門下で鈴木春重(すずき はるしげ)を名乗り、中国)より伝わった南蘋派写生画法や西洋絵画も学んで作品として発表し、日本で初めて腐蝕銅版画を制作した。さらに版画を生かした刊行物で、世界地図地動説など西洋の自然科学を紹介した。本名は安藤吉次郎[1]安藤峻。俗称は勝三郎、後に孫太夫。は君嶽、君岡、司馬氏を称した。また、春波楼(しゅんぱろう)[1]、桃言、無言道人、西洋道人と号す。


  1. ^ a b c d e f g h 憧れの長崎-西遊の系譜(1)奇才江漢「世界」に踏み出す『日本経済新聞』朝刊2020年12月6日14-15面
  2. ^ 反射式のぞき眼鏡 - 文化遺産オンライン(更新日不明)2018年6月24日閲覧
  3. ^ a b 岡田俊裕『日本地理学人物事典[近世編]』(原書房 2011年)152ページ
  4. ^ ヒストリーチャンネル(CS 342ch)【極める 日本の美と心】「江戸の洋風画 司馬江漢」の番組内の説明より。
  5. ^ 以上までの春重落款作品は、浅野秀剛 「〔研究ノート〕司馬江漢による春重署名の肉筆画」(『季刊 美のたより』No.191、大和文華館、2015年7月3日)を元に記述。
  6. ^ 京都国立博物館編集・発行『貝塚廣海家コレクション受贈記念特別企画 豪商の蔵―美しい暮らしの遺産―』(2018年2月3日)所載の図7。
  7. ^ 公益財団法人 氏家浮世絵コレクション編集・発行『氏家浮世絵コレクション』(2014年10月18日)pp.68-69,112。
  8. ^ 佐賀県美術館編集・発行『企画展 近世の肖像画』(1991年10月9日)p.104。
  9. ^ ヒストリーチャンネル(CS 342ch)【極める 日本の美と心】「江戸の洋風画 司馬江漢」番組内の説明より。


「司馬江漢」の続きの解説一覧



司馬 江漢と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司馬 江漢」の関連用語

司馬 江漢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



司馬 江漢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司馬江漢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS