大田 南畝とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 江戸時代の歌人 > 大田 南畝の意味・解説 

おおたなんぽ おほた-大田南畝 ○

1749~1823 江戸中・後期狂歌師戯作者げさくしや)。江戸の人。本名、覃(たん)。別号蜀山人よくさんじん)・四方赤良よものあから)・寝惚(ねぼけ先生など。幕府下級武士唐衣州(からごろもきつしゆう)・朱楽菅江あけらかんこうとともに狂歌三大家といわれ、天明調基礎を作った。学問にも通じ江戸代表的文人。著「鯛の味噌津」「虚言八百万八伝」「一話一言」、編「万載狂歌集」「徳和歌後万載集」など。

大田 南畝 (おおた なんぼ)

1749〜1823 (寛延2年文政6年)
戯作者幕臣狂歌師戯作者江戸文化転換期軽妙機知笑いで、一世風靡
江戸出身御徒勤め幕臣平賀源内との交流触発され、19歳文壇登場山手馬鹿人などのペンネームで、多数洒落本黄表紙執筆天明期に万載狂歌集』で一世風靡。「恐れ入谷鬼子神」など地名読み込んだ歌は、現在も親しまれる寛政の改革抵触文壇を去ると、56歳で湯島聖堂に入った。以後幕吏として大坂長崎へも出役した。蜀山人四方赤良など、多くの号がある。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 15才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 23
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 34
1789年 (寛政元年) 棄捐令 40
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 41
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 42
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 48
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 54
1806年 (文化3年) 大火 57
1808年 (文化5年) フェートン号事件 59


 人物
伊能 忠敬 1745年1818年 (延享2年文政元年) +4
長谷川 平蔵 1745年1795年 (延享2年寛政7年) +4
塙 保己一 1746年1821年 (延享3年文政4年) +3
司馬 江漢 1747年1818年 (延享4年文政元年) +2
並木 五瓶 1747年1808年 (延享4年文化5年) +2
蔦谷 重三郎 1750年1797年 (寛延3年寛政9年) -1
笠森 お仙 1751年1827年 (宝暦元年文政10年) -2
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) -2
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) -4
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) -6

大田南畝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 07:34 UTC 版)

大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日1749年4月19日) - 文政6年4月6日1823年5月16日))は、天明期を代表する文人狂歌師であり、御家人


  1. ^ 大田南畝「金曾木」吉川弘文館(日本随筆大成 巻3)、1927年,5頁の大田南畝の凡例より。
  2. ^ 同上。
  3. ^ 大田南畝「金曾木」吉川弘文館(日本随筆大成 巻3)、1927年,728頁。
  4. ^ 謎解き!江戸のススメ #114 2014年6月9日放送”. BS-TBS (2014年6月9日). 2018年10月31日閲覧。
  5. ^ 蜀山人・大田南畝~ワークライフバランスの達人”. WEB歴史街道 (2018年5月9日). 2018年10月31日閲覧。
  6. ^ a b c すみだゆかりの人々 1985, p. 4.
  7. ^ 大田南畝「金曾木」吉川弘文館(日本随筆大成 巻3)、1927年,5頁の大田南畝の凡例より。
  8. ^ 『明詩擢材』五巻 -国立国会図書館サーチ
  9. ^ これは師匠であった松崎観海の漢詩集『観海先生集』を捩っている。さらに作者名を陳奮翰子角(ちんぷんかんしかく)、編集者を安本丹親玉(あんぽんたんおやだま)などとする徹底した漢字遊びが随所に見られる。これが漢詩を学ぶ武士には大いに評判となった。平賀源内は「戯家(たわけ)の同士」と巻頭序文を寄せている。
  10. ^ “夜もすがら”からの捩り。後に南畝の高名さが「高き名のひびきは四方にわき出て 赤ら赤らと子供まで知る」という狂歌で詠まれている。
  11. ^ 当代の文化人たちも自ら狂名を定めて楽しんだ。
  12. ^ 藤原俊成の「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里」の歌を引いた、「ひとつとりふたつとりては焼いて食う鶉なくなる深草の里」なども知られる。
  13. ^ 『望月帖』。
  14. ^ 「月をめづる夜のつもりてや茶屋のかかも ついに高田のばばとなるらん」の狂歌が残る。
  15. ^ 「をやまんとすれども雨の足しげく 又もふみこむ 恋のぬかるみ」など。
  16. ^ 元歌は「ぶんぶといふて身をせめるなり」とする説もある。
  17. ^ q:大田南畝
  18. ^ 同時代の平戸藩松浦静山随筆甲子夜話」には同歌の下の句を「ぶんぶというて夜も寝られず」とした上で、「大田直次郎という御徒士の落首」と記している。
  19. ^ 加来耕三『日本史人物「その後のはなし」』下巻、講談社〈講談社+α文庫〉、1995年2月。ISBN 4-06-256082-8
  20. ^ 毛虫を題として「毛をふいて きずやもとめんさしつけて きみがあたりにはひかかりなば」などが知られる。
  21. ^ 「或る人の話、南畝老人は狂歌にて一徳一損あり。いかなる田舎までも赤良という名を知らざる人なきは狂歌の徳なり。役儀につきて勤功ありしゆえ、御旗本に召し出さるべき御沙汰ありしかども、狂歌師の四方の赤良といはれたる者を召し出されん事、同席の恥辱なりといふ論ありてその事やみたり。これ一損なり。」足代弘訓『伊勢の家苞』など。
  22. ^ このときに「永代と 言われし橋が落ちにけり 今日の祭礼明日の葬礼」と詠んだ。
  23. ^ この時の心境を「うみの子の いやつぎくにめぐみある 主計(かずへ)のかずに入ぞ嬉しき」と詠んでいる。
  24. ^ 「生きすぎて 七十五年食ひつぶし かぎり知られぬ天地の恩」とも伝わる。
  25. ^ すみだゆかりの人々 1985, p. 5.
  26. ^ 大田南畝「半日閑話」吉川弘文館(日本随筆大成 巻4)、1927年,3頁の半日閑話の凡例より。
  27. ^ 「本業は幕府の実直な役人…大阪の銅座や長崎奉行所にも転勤した。長崎には…外国船が近海に現れ始めたころで、ロシアの特使レザノフ と会見している。オランダ船でコーヒーを飲み、日本初の体験記を残した。ただ、感想は「焦げ臭くして味ふるに堪ず」と素っ気なかった(「春秋」日本経済新聞2014年9月8日)。


「大田南畝」の続きの解説一覧



大田 南畝と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大田 南畝」の関連用語

大田 南畝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大田 南畝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大田南畝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS