笠森 お仙とは?

かさもり おせん 笠森お仙

○江戸谷中笠森稲荷地内茶屋の娘明和1764~1772)頃の錦絵に描かれた柳腰で知られた美人
歌舞伎怪談月笠森」の通称世話物河竹黙阿弥作。1865年江戸守田座初演モデルとし、殺された姉の仇(あだ)を討つ筋に脚色

笠森 お仙 (かさもり おせん)

1751〜1827 (宝暦元年文政10年)
町人浮世絵人形芝居にもなった、江戸No.1アイドル
江戸谷中笠森明神水茶屋で働いていた看板娘明和三美女の一人鈴木春信初め多数錦絵評判記が残る。大田南畝は『半日閑話』で、「谷中笠森稲荷地内水茶屋お仙18歳)美なりとて皆人見に行き」など、その人気ぶりは錦絵手ぬぐい人形お仙題材にした狂言まで作られるほどだったと書いている。後、幕臣の倉地甚左衛門結婚数人の子どもをもうけた。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 13
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 21
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 32
1789年 (寛政元年) 棄捐令 38
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 39
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 40
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 46
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 52
1806年 (文化3年) 大火 55
1808年 (文化5年) フェートン号事件 57
1825年 (文政8年) 異国船打払令 74


 人物
伊能 忠敬 1745年1818年 (延享2年文政元年) +6
長谷川 平蔵 1745年1795年 (延享2年寛政7年) +6
塙 保己一 1746年1821年 (延享3年文政4年) +5
司馬 江漢 1747年1818年 (延享4年文政元年) +4
並木 五瓶 1747年1808年 (延享4年文化5年) +4
大田 南畝 1749年1823年 (寛延2年文政6年) +2
蔦谷 重三郎 1750年1797年 (寛延3年寛政9年) +1
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) 0
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) -2
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) -4
大槻 玄沢 1757年1827年 (宝暦7年文政10年) -6

笠森お仙

読み方:カサモリオセン(kasamoriosen)

初演 慶応1.8(江戸守田座)


笠森お仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 00:51 UTC 版)

笠森 お仙(かさもり おせん、1751年宝暦元年) - 1827年2月24日文政10年1月29日))は、江戸谷中笠森稲荷門前の水茶屋「鍵屋」で働いていた看板娘で鍵屋五兵衛の娘。明和年間(1764年-1772年)、浅草寺奥山の楊枝屋「柳屋」の看板娘柳屋お藤(やなぎや おふじ)と人気を二分し、また加藤曳尾庵の随筆によれば、二十軒茶屋の水茶屋「蔦屋」の看板娘蔦屋およし(つたや およし)も含めて江戸の三美人(明和三美人)の1人としてもてはやされた[1][2][3][4][5]


  1. ^ a b c d 宇田敏彦「笠森お仙」『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞出版
  2. ^ a b c d 「笠森お仙」『江戸・東京人物辞典』監修:江戸東京博物館
  3. ^ 「かさもりおせん【笠森お仙】」『世界大百科事典』〈第2版〉 平凡社/日立ソリューションズ・クリエイト。
  4. ^ a b c 原島陽一 「笠森お仙 かさもりおせん」『日本大百科全書』 小学館
  5. ^ a b c 「笠森お仙 かさもり-おせん」『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 講談社
  6. ^ 「笠森お仙の墓所」中野区教育委員会。
  7. ^ 「資料編 6.中野区登録文化財・指定文化財」『平成25年(2013年)版 中野区健康福祉部事業概要 』 東京都中野区。p184。


「笠森お仙」の続きの解説一覧



笠森 お仙と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「笠森 お仙」の関連用語

笠森 お仙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



笠森 お仙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの笠森お仙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS