人足寄場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 人足寄場の意味・解説 

にんそく‐よせば【人足寄場】


人足寄場

読み方:ニンソクヨセバ(ninsokuyoseba)

江戸時代免囚無宿者収容して労役させた所


人足寄場

読み方:ニンソクヨセバ(ninsokuyoseba)

江戸時代石川島設置され無宿者手業習得させる場所。のち追放者なども収容

別名 加役方人足寄場寄場


加役方人足寄場

(人足寄場 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 23:50 UTC 版)

加役方人足寄場(かやくかたにんそくよせば[1])とは江戸幕府の設置した軽罪人・虞犯者の自立支援施設である。一般には人足寄場(にんそくよせば)の略称で知られている。ここでは主に江戸石川島に設置された人足寄場について述べる。


  1. ^ 『日本史用語大辞典: 用語編』171頁
  2. ^ 長谷川の進言で設けられたものとしては他にも江戸から15里ほど離れた幕府直轄地常陸国筑波郡上郷村の職業訓練施設がある。
  3. ^ 平松義郎 『近世刑事訴訟法の研究』 創文社、1960年1月1日、1059-1060頁。doi:10.11501/3033456ISBN 4423740117NCID BN02799356 


「加役方人足寄場」の続きの解説一覧

人足寄場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:19 UTC 版)

寛政の改革」の記事における「人足寄場」の解説

無宿人浮浪人江戸石川島設置した寄場職業訓練した。治安対策兼ねた。これは定信更生為の職業訓練施設設置立案し凶悪犯摘発職務にする火付盗賊改長谷川平蔵そこから具体案上申し設置実現した(p103)。

※この「人足寄場」の解説は、「寛政の改革」の解説の一部です。
「人足寄場」を含む「寛政の改革」の記事については、「寛政の改革」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人足寄場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人足寄場」の関連用語

人足寄場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人足寄場のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加役方人足寄場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの寛政の改革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS