労役とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 役務 > 労役の意味・解説 

ろう‐えき〔ラウ‐〕【労役】

読み方:ろうえき

身体動かして課せられた役務をすること。

「―して自分の無能力体験した」〈有島小さき者へ


労役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 05:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「労役」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「労役」を含むページの一覧/「労役」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「労役」が役に立つかも知れません。

関連項目



労役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:50 UTC 版)

牧港捕虜収容所」の記事における「労役」の解説

牧港でのはじめの数カ月使役は、毎日毎日トラック大型トレーラーへの積み込み積み卸し廃棄作業である。生活用品をはじめ食糧壊れた機械類、車、飛行機部品などの積み込みである。さらに、大きなトレーラーに肉、野菜菓子戦線での弁当レーション」 などを積む。この積み込み作業あまりに不思議なので監視兵士聞いてみた。戦争予想 より早く終わったので物資あまってしまったのだと言う。つまり帳尻合わせのための廃棄処分なのだ。われわれには理解しにくい贅沢な無駄の極みである。「もったいない」という概 念はないのか......。 廃棄場所は読谷渓谷である。谷底を見ると小型飛行機機械トラック、肉、野菜菓子類など、ありとあらゆるものが捨ててある。廃業トレーラー入れ代わり立ち代わりやってきて物資捨てる。農民市民がそれを拾うために習集する谷底まで降りていって肉、野 菜缶詰チョコレートなど、食糧担いで登ってくる。いちばんの人気は、やはり肉の塊で あった作業する捕虜腹が減っているので車のそばに落ちている食糧拾おうとすると、監視兵強く怒鳴られ引き戻された。 「捕虜ジュネーブ条約決められているカロリー食事与えられているはずだ。食中毒などの病気にでもなられた監督責任問われるから駄目だと言う。 — 上根保『生還 激戦地沖縄生き証人60年記録130キャンプ・マッコイなどアメリカ本土にあった他の捕虜収容所同じくジュネーブ条約にしたがって食事カロリーなど一定の基準守られることになっていた。国際赤十字による捕虜の処遇調査もあり、牧港捕虜収容所2016年11月から3か月間食事悪化した際には、国際赤十字査察で「収容所長の首が飛んだ」という。 また、他の捕虜収容所と同様に、牧港収容所でも、自殺あるいは他殺おもわれる首吊り事件起こっている。憲兵によって容疑者と思われる収容者炎天下のなかドラム缶の上に直立不動立たされるといった定番の処罰おこなわれた

※この「労役」の解説は、「牧港捕虜収容所」の解説の一部です。
「労役」を含む「牧港捕虜収容所」の記事については、「牧港捕虜収容所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「労役」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

労役

出典:『Wiktionary』 (2021/11/20 12:06 UTC 版)

名詞

 ろうえき

  1. 動かし労務服すること。また、そのような仕事

関連語


「労役」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



労役と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労役」の関連用語

労役のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの牧港捕虜収容所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの労役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS