労とは?

ろう〔ラウ〕【労】

心やからだを使ってそのこと努めること。また、そのための苦労努力ほねおり。「労をねぎらう

長年勤め上げ功労のあること。年功

勘解由判官の—六年」〈源順集詞書

経験を積んでそのこと巧みであること。熟練

おもむけ給へ気色いと—あり」〈源・藤袴

労咳(ろうがい)」の略。


ろう【労〔勞〕】

[音]ロウラウ)(呉)(漢) [訓]つかれる いたわる ねぎらう

学習漢字4年

精を尽くして働く。骨折り。「労作労賃労働労務労力勤労功労就労徒労不労報労

精が尽き疲れる。「労苦過労苦労心労辛労足労煩労疲労

ねぎらう。「慰労

労働者」「労働組合」の略。「労使労農労連

(「撈(ろう)」の代用字すなどる。「漁労

名のり]つとむ


いたわいたはし 【労】

〔形シク〕 ⇒いたわしい(労)


ねぎら・ゆ【労・犒】

〔他ヤ下二〕 (ハ行下二段動詞ねぎらう(労)」から転じて、室町時代ごろから用いられた語。終止形多くねぎらゆる」の形をとる) =ねぎらう(労)(二)

尚書抄(16C前‐中)六「近比辛苦とねきらゆる也」


ろう ラウ 【労】

〔名〕

苦労すること。ほねおり

源氏100114頃)「御らうの程はいくばくならぬに、さみだれになりぬるうれへをし給ひて」〔易経‐兌卦〕

② その職をつとめ上げて功労のあること。功績年功

順集(983頃)「勘解由判官の労六年」

経験を積んで、その道巧みであること。慣れていること。熟練

源氏100114頃)若菜下「やまと琴にもかかる手ありけり聞き驚かる。深き御らうのほどあらはに聞えておもしろきに」

経験深く万事に心がよく行きいていること。すぐれた心づかい。

宇津保(970‐999頃)嵯峨院「おほくの人の中に、心にくくふかきらうなりとみたまふ」

(5) ねぎらうこと。働き謝すこと。いたわり

将門記940頃か)「愍の労を加ふと雖も寝食穏からず」

(6) =ろう(癆)


ろう‐・す ラウ‥ 【労】

自他サ変〕 ⇒ろうする(労)


ねぎらい ねぎらひ 【労・犒】

〔名〕 (動詞ねぎらう(労)」の連用形名詞化いたわり大切にすること。特に、相手労苦慰めること。また、そのことば。

滑稽本和合人(1823‐44)初「アア喜び過ぐれば心を傷(やぶ)り、〈略〉労(ネギラヒ)過れば脾を傷るとござりますが」

ユリアとよぶ女1968)〈遠藤周作〉「正純にねぎらいの言葉をかけながら」


ねぎら・う ねぎらふ 【労・犒】

1 〔他ワ五(ハ四)〕 骨折り慰める。苦労したことに対して感謝する。いたわる。

書紀720継体二四年一〇月(前田本訓)「竟に和解(ネキラフこと)無く加羅擾乱(さわかし)つ」

太平記14C後)二〇「孫権弛張時有て士を労(ネギ)らひ衆を撫でしかば」

2 〔他ハ下二(一)に同じ。

白氏文集天永四年点(1113)四「賓を娯しはしめ士を犒(ネキラヘ)て、監軍宴す

[補注]室町時代ごろからヤ行にも活用。→ねぎらゆ(労)


いたずかわいたづかはし 【労】

〔形シク〕 (「いたつく(労)」の形容詞化。「いたつかわしいたずがわし」とも)

つとめて骨折るご苦労千万だ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

徒然草1331頃)九三「この楽しび忘れて、いたつかはしく外の楽しび求め

仕事などで疲れている。

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)九「心痛(いた)み、背(せなか)悶(イタヅカハシク)、骨酸(み)るに肉(いた)し」

煩わしい。めんどうだ。〔観智院本名義抄(1241)〕

仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「我より上なる人とともなへば、いたづがはしき事のみあって」

〔名〕


いたつかわいたつかはし 【労】

〔形シク〕 ⇒いたずかわし(労)


いたずき いたづき 【労・病】

〔名〕 ⇒いたつき(労)


いたつき【労・病】

〔名〕 (動詞いたつく(労)」の連用形名詞化。「いたづき」とも)

骨折り苦労

大和(947‐957頃)一四七「そのいたつき限りなし

病気

古今(905‐914)仮名序「咲く花に思ひつくみのあぢきなさ身いたつきのいるも知らずて」

日葡辞書(1603‐04)「Itazzuqi(イタヅキ)マイラセ ソロ


いたず・く いたづく 【労】

自他カ四〕 ⇒いたつく(労)


いたつ・く【労】

(「いたづく」とも)

1 〔自カ四〕

苦労する。ほねをおる

蜻蛉(974頃)上「とかうものすることなど、いたつく人おほくて」

疲れる。悩む。病気する。

大唐西域記長寛元年点(1163)五「教化、労(イタツケ)るかな。末世開導(みちびくこと)、寔に此れ冀(ねがひ)と為(す)」

2 〔他カ四〕

煩わす労する。動かす。

② いたわる。大事にする世話をする

伊勢物語(10C前)六九「かくてねむごろにいたつきけり」


ね・ぐ【労・請・犒】

〔他ガ上二〕

① (請) 神の心を慰め、その加護を願う。

書紀720神功摂政前(熱田本訓)「和魂を請(ネキ)て王(み)船の鎮(しつめ)としたまふ」

苦労慰める。いたわる。ねぎらう

古事記(712)中「何とかも汝の兄、朝夕大御食参出来ぬ。専ら汝泥疑(ネギ)教覚(をし)へよ〈泥疑二字音を以ゐる〉」

[補注](1)①の意は通常「ねぐ(祈)」に含めて考えられているが、「時代別国語大辞典上代編」の、他の心を慰めいたわる意を原義とし、上位対するとき願う意に、下位対するときねぎらう意になるとする説に従う。「続日本紀」に「禰宜」の表記のある、神職の「ねぎ」も、この上二段活用動詞①の連用形名詞化とすれば、「宜」が乙類の文字であるのとよく合う。
(2)②は、連用形語尾の「疑・宜」が乙類の文字であるから四段活用ではなく上二段活用認められる


いたわし・い いたはしい 【労・痛】

〔形口〕 [文]いたはし 〔形シク

① (困難なことで)骨がおれて苦しい。(重大なことで)心配だ。気苦労だ。きづかわしい

書紀720允恭即位前(図書寮本訓)「願はくは、大王(おほきみ)労(イタハシ)と雖も天皇位(あまつひつぎ)即(しろしめ)せ」

病気苦しい。気分が悪くて悩ましい

万葉(8C後)五・八八六「己(おの)が身し 伊多波斯計礼(イタハシケレ)ば 玉桙(たまほこ)の 道の隈廻(くまみ)に 草手折り 取り敷きて 床じもの うち臥(こ)い伏して

大事なものとして重んじたい。いたわって大切にしたい。

万葉(8C後)一三三三三五「とゐ波の 塞(ささ)ふる道を 誰が心 労(いたはし)とかも 直(ただ)渡りけむ」

源氏100114頃)紅葉賀我が身ながらこれに似たらむは、いみじういたはしうおぼえ給ふ

④ (他人の状態に対して心が痛むあわれみ感じる。気の毒である。ふびんである。いたいたしい

太平記14C後)九「御台(みだい)の御事は〈略〉何の御痛敷(イタハシキ)事か候べき」

浄瑠璃源三位頼政扇の芝)(1714頃)二「去ながらあまり見る目もいたはしし」

〔他ラ五(四)

形動

〔名〕


ろう‐・する ラウ‥ 【労】

1 〔自サ変〕 [文]らう・す 〔自サ変骨折る。はたらく。苦労する。

続日本紀和銅元年(708)二月戊寅「常以為、作之者労、居之者逸」

太平記14C後)三一先勢労せぬ前に大敵打勝なば」

2 〔他サ変〕 [文]らう・す 〔他サ変

骨折らせる。はたらかす苦労させる。無理に物事をさせる。

海道記(1223頃)手越より蒲原「身を助として身を労しぬ」

ねぎらうなぐさめる。慰問する。


いたわり いたはり 【労】

〔名〕 (動詞「いたわる(労)」の連用形名詞化

ほねをおること。格別労力を使うこと。苦労

源氏100114頃)松風何のいたはりもなく建てたる寝殿の」

② ほねをおって、てがらをたてること。功労

書紀720神代上(水戸本訓)「其の大造(おほよそ)の績(イタハリ)を建つこと得たり

③ 人のほねおりねぎらうこと。慰労

宇津保(970‐999頃)国譲下「殿上人蔵人などぞ、これかれ御いたはりにて」

ねんごろに扱うこと。大事にすること。肝煎(い)り。世話

宇津保(970‐999頃)内侍督「人の婿(むこ)といふものは若き人などをば、本家のいたはりなどして立つるを」

(5) あわれみ心をかけること。いとおしみ慈愛

宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「みかど、殿の御いたはりにて、ゆたかにて」

(6) 身のわずらい病気また、心の痛み

宇津保(970‐999頃)吹上下「このあざりにつけ奉れば、かしこくしていたはりやめつ」


いたわ・る いたはる 【労】

1 〔自ラ四〕

あれこれ心づかいをする骨を折る苦労する。

書紀720舒明即位前(北野本訓)「朕、寡(いやし)く薄きを以て久しく大業(こと)に労(イタハレ)り」

病気苦しむ。気をやむ。わずらう

宇津保(970‐999頃)国譲下「日ごろいたはる所侍て、院にも内にも参り侍らぬ」

2 〔他ラ五(四)

① (骨折りに対し感謝気持をもってねぎらう慰労する。

書紀720欽明二三六月寛文版訓)「群庶(もろひと)を劬労(イタハリ)、の民を饗育(やしな)ひたまひ」

② (疾病に対し)手当て加える。治療する。また、休養する。

宇津保(970‐999頃)国譲中「いざ、かかる所にて、脚病(かくびゃう)いたはらん」

平家13C前)四「此ほどあまりに乗り損じて候ひつる間、しばらくいたはらせ候はんとて」

③ (大切なものとして遇する気持をもって手厚く事にもてなす。念を入れて丁重に扱う。

伊勢物語(10C前)六九「つねの使よりは、この人よくいたはれといひやれりければ」

④ (弱小の人や苦悩している人に対し同情する気持をもって)やさしく慰める。あわれみをかける。

日葡辞書(1603‐04)「ワランベヲ itauari(イタワリ) ソダツル」

浄瑠璃新版歌祭文お染久松)(1780)座摩社「何とした小助殿、怪我はないか(イタ)はれば」

[語誌]上代における確例を欠くが、「石山寺大方広仏華厳経平安初期点」に「イタハ(ル)こと 労」、「観智院本名義抄」に「労 イタハル」とあり、また「書紀」の古訓複数例の「労 イタハル」が存するところから、上代から存した可能性も残されている。


読み方:イタツキ(itatsuki)

(1)心労ほねおり
(2)功労
(3)病気

別名


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/17 14:27 UTC 版)

(ろう)とは律令制官人官職に勤務すること及びその勤務期間を指す。労効(ろうこう)ともいう。また、特定の官職における勤務期間を年労(ねんろう)とも称した。


  1. ^ 佐古、2012年、P39・44・70


「労」の続きの解説一覧

労働組合

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 22:03 UTC 版)

労働組合(ろうどうくみあい、英語: trade union、labor union、workers union)とは、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団である。その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」である[1]。略称は、労組(ろうそ、ろうくみ)、ユニオン。単に組合と呼ぶこともある。


  1. ^ a b Webb, Sidney; Webb, Beatrice (1920). History of Trade Unionism. Longmans and Co. London  ch. I
  2. ^ Rerum Novarum: Encyclical of Pope Leo XIII on Capital and Labor”. Libreria Editrice Vaticana. 2011年7月27日閲覧。
  3. ^ 組合契約は、「複数の当事者」が出資をして共同の事業を営むことを約することを指すため(日本法においては、民法第667条ほか)、いわゆる「一人労働組合」は法の要件を満たさない(「一人労働組合」を否定した判例として、友浦鉄工所事件(岡山地判昭和39年7月7日))。
  4. ^ 労働省はクローズドショップ制を「「既に一定の労働組合に加入している労働者でなければ採用せず、且つ当該組合を脱退した時は解雇する」という協定である。」と定義している(昭和22年10月13日鳥取県教育民生部長あて労働省労政局労政課長通知)。もっとも当時においても「今日かかる協定が純粋に締結されている実例は日本では皆無であり外国においても、土建業における大工左官等の職業別組合の一部に存するのみである。」としていて、当初から極めて例外的な形態であると認識されていた。
  5. ^ 平成27年 労使間の交渉等に関する実態調査 結果の概況厚生労働省の調査によれば、労働協約を締結している企業のうち約31.5%が唯一交渉団体条項を結んでいる。ただし、唯一交渉団体条項には法的効力はないので、別組合ができた場合、条項を盾にその別組合との団体交渉を拒否することはできない。
  6. ^ 「三井倉庫港運事件」最高裁判所第1小法廷1989年12月14日判決 労働判例552号6頁
  7. ^ 「東芝労働組合小向支部事件」 最高裁判所第2小法廷2007年2月2日判決 労働判例933号5頁
  8. ^ 横浜地裁平成元年9月26日判決
  9. ^ a b c d 西谷、p.4~5
  10. ^ 西谷、p.8
  11. ^ もっとも、労働組合は、組合員の範囲について逆締付条項によって拘束されるものではなく、組合が従業員以外の者を加入せしめても、債務不履行の責は負わない(昭和32年10月8日兵庫県商工労働部長あて労働省労政局労働法規課長通知)。
  12. ^ a b 西谷、p.9
  13. ^ 厚生労働省「労働組合基礎調査」の企業規模別統計のうち、「その他」を企業横断的組織(企業別労働組合でない労働組合)と捉えた場合、民営企業の労働組合のうち9割超が企業別労働組合ということになる。
  14. ^ 東京管理職ユニオン
  15. ^ 木下、p.158~164
  16. ^ 木下、p.165~170
  17. ^ 木下、p.172~175
  18. ^ 名古屋地裁昭和33年11月21日判決
  19. ^ 広島地裁昭和42年2月20日判決
  20. ^ 最高裁判所昭和62年10月29日判決 労働判例506号7頁
  21. ^ 「東芝労働組合小向支部事件」 最高裁判所第2小法廷2007年2月2日判決 労働判例933号5頁
  22. ^ 最高裁判所第2小法廷1969年5月2日判決 集民第95号257頁
  23. ^ 西谷、p.8
  24. ^ 「日産自動車事件」 最高裁判所第2小法廷1987年5月8日判決 労働判例496号6頁
  25. ^ 東京高裁2004年9月8日決定 労判879号90頁
  26. ^ 「推定」の語を用いるのは、組織率算定の分母となる雇用労働者数として総務省統計局「労働力調査」の結果を用いているため、と説明される。
  27. ^ 平成30年労働組合基礎調査の概況1,労働組合及び労働組合員の状況 厚生労働省
  28. ^ 平成30年労働組合基礎調査の概況2 パートタイム労働者の状況 厚生労働省
  29. ^ 平成30年労働組合活動等に関する実態調査結果の概況 3 労働組合の組織拡大に関する状況【単位労働組合】 厚生労働省。なお「前回」は平成28年同調査。
  30. ^ 平成30年労働組合基礎調査の概況4,企業規模別(民営企業)の状況 厚生労働省
  31. ^ 都留康「現代日本の労働組合と組合員の組合離れ」猪木武徳・樋口美雄編『日本の雇用システムと労働市場』p194、日本経済新聞社、1995年
  32. ^ 平成24年労働争議統計調査の概況 厚生労働省
  33. ^ 平成30年労働組合活動に関する実態調査1 労使関係についての認識【本部組合及び単位労働組合】 厚生労働省「前回」は平成29年同調査。
  34. ^ 平成26年労使コミュニケーション調査 2 重視する労使コミュニケーション事項 厚生労働省「前回」は平成21年同調査。
  35. ^ 平成26年労使コミュニケーション調査 3 労使協議機関に関する事項 厚生労働省平成26年労使コミュニケーション調査 4 職場懇談会に関する事項 厚生労働省「前回」は平成21年同調査
  36. ^ 平成26年労使コミュニケーション調査 3 労使協議機関の有無、協議内容及び結果の認知度 厚生労働省「前回」は平成21年同調査
  37. ^ 上尾事件首都圏国電暴動など。
  38. ^ 日産自動車における労組の専横は高杉良の小説『破滅への疾走』(『覇権への疾走』とも)、『労働貴族』のモデルとなった。一方、日本航空の一部労組の反会社強硬路線には、職場実態を無視した会社側の態度も一因との指摘がある。
  39. ^ なお、記事の掲載終了後はJR東日本グループでも「週刊現代」が発売されている
  40. ^ 平成14(ワ)20443  街頭宣伝活動禁止等(通称 旭ダイヤモンド工業街頭宣伝活動禁止)”. 最高裁判所事務総局広報課. 2018年11月20日閲覧。
  41. ^ 連合、偽装請負で経団連に是正要請へ(朝日新聞)
  42. ^ 雇用を復興を 宮城・岩手・福島の労働者と共同行動 全労連など対策要求 2011年4月15日(金)「しんぶん赤旗」
  43. ^ Bernstein, Aaron (1994年5月23日). “Why America Needs Unions But Not the Kind It Has Now”. BusinessWeek. http://www.businessweek.com/archives/1994/b337360.arc.htm 
  44. ^ Card David, Krueger Alan. (1995). Myth and measurement: The new economics of the minimum wage. Princeton, NJ. Princeton University Press.
  45. ^ Friedman, Milton (2007). Price theory ([New ed.], 3rd printing ed.). New Brunswick, NJ: Transaction Publishers. ISBN 978-0-202-30969-9. http://books.google.com/books?id=EhcI5-D9wREC&pg=PA164 
  46. ^ 給料はなぜ上がらない−−6つの仮説を読み解く【下】」『東洋経済』2008年3月30日。[リンク切れ]
  47. ^ ミルトン・フリードマン 『資本主義と自由』 日経BP社〈Nikkei BP classics〉、2008年、234-235頁。ISBN 9784822246419 



出典:『Wiktionary』 (2021/11/10 11:58 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ロウ)あることに対し、骨を折って貢献すること、及びその貢献

連語

成句

熟語

動詞

  1. ロウ苦労する。
  2. ロウはたらかせる。
  3. ロウねぎらう

活用


出典:『Wiktionary』 (2021/07/06 09:46 UTC 版)

発音(?)

熟語




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労」の関連用語

労のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労 (改訂履歴)、労働組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS