雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律の意味・解説 

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 13:58 UTC 版)

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(こようのぶんやにおけるだんじょのきんとうなきかいおよびたいぐうのかくほとうにかんするほうりつ、昭和47年7月1日法律第113号)は、1972年に施行された男女の雇用の均等及び待遇の確保等を目標とする日本の法律。所管官庁は、厚生労働省である。通称は男女雇用機会均等法(だんじょこようきかいきんとうほう)。




  1. ^ 6月は「第30回男女雇用機会均等月間」です厚生労働省
  2. ^ 例として、日産自動車事件において最高裁判所は、性別を理由とする不合理な差別は公序良俗(民法第90条)に反し無効と判示した。
  3. ^ a b 『裁判と社会―司法の「常識」再考』ダニエル・H・フット 溜箭将之訳 NTT出版 2006年10月 ISBN 9784757140950
  4. ^ 助産師。名称こそ「助産婦」から「助産師」とされたが、保健師助産師看護師法第3条に「女子」と明記されており、男性は助産師となれない。
  5. ^ 「妊婦と仕事 2」読売新聞2019年3月12日付朝刊社会保障面
  6. ^ 男女雇用機会均等法第30条に基づく公表について厚生労働省
  7. ^ 2006年5月14日付配信『就職性差別:大阪の男性が提訴 派遣会社に賠償求める』毎日新聞


「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」の関連用語

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS