仕事中毒とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仕事中毒の意味・解説 

仕事中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 02:03 UTC 版)

仕事中毒(しごとちゅうどく)、ワーカホリックWorkaholic)とは、生活の糧を得る手段であるはずの職業に、私生活の多くを犠牲にして打ち込んでいる状態を指す言葉である。ワーカホリックは私は働かなければならない(I have to work)と認知しており、一方でワーク・エンゲージメントは仕事への態度が肯定的である、すなわち私は働きたい(I want to work)であるという点において区別される[1]




  1. ^ a b ワーカホリックと心身の健康 (特集 職場のゆううつ : 心の健康をめぐって)」『日本労働研究雑誌』第55巻第6号、2013年6月、 47-58頁、 NAID 40019693281
  2. ^ Addiction: what is it?”. 国民保健サービス (2015年4月18日). 2015年10月11日閲覧。
  3. ^ 初めてこう表現したのは1965年、当時パキスタンで外務大臣を務めていたベナジル・ブット
  4. ^ 大辞林 第三版 1943頁
  5. ^ 2005年版の国民生活白書


「仕事中毒」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仕事中毒」の関連用語

仕事中毒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仕事中毒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仕事中毒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS