最低賃金法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 最低賃金法の意味・解説 

さいていちんぎん‐ほう〔‐ハフ〕【最低賃金法】

労働者労働条件改善などを図るため、賃金の最低額保障し、その決定方式について定めている法律昭和34年(1959)制定


さいていちんぎん‐ほう ‥ハフ 【最低賃金法】

〔名〕 労働者最低賃金保障し、労働者労働条件改善ようとする法律昭和三四年(一九五九)制定。同四三改正。最低賃金法制定要求はすでに大正期後半からあり、賃金統制令(昭和一五年)に最低賃金規定がおかれたこともあるが、実質的意義は薄かった。最賃法。〔現代語大辞典(1932)〕


最低賃金法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 08:59 UTC 版)

最低賃金法(さいていちんぎんほう、昭和34年法律第137号)は、最低賃金制度等について定める日本法律である。




  1. ^ 現行の労働基準法第28条は、「賃金の最低基準に関しては、最低賃金法の定めるところによる。」と定める。
  2. ^ 高度プロフェッショナル制度の適用を受ける労働者については、労働基準法上の「労働時間」という概念はないので、その者の賃金を健康管理時間で除して、時給に相当する額を求める。
  3. ^ 中央最低賃金審議会, 厚生労働省 (2014-06-18). “資料一覧  参考資料1 改正最低賃金法の運用状況について” (PDF). 第1回目安制度のあり方に関する全員協議会. https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000048571.pdf 
  4. ^ 令和元年度地域別最低賃金額改定の目安について(答申)厚生労働省
  5. ^ a b c 日本の最低賃金制度の歴史と課題 社会運動ユニオニズム研究会 2016.4.27 木住野徹
  6. ^ 昭和43年法律第90号(最低賃金法の一部を改正する法律)
  7. ^ 平成19年法律第129号(最低賃金法の一部を改正する法律)
  8. ^ a b 『叛骨の宰相 岸信介』 KADOKAWA、2014年1月20日、ISBN 978-4-04-600141-2北康利


「最低賃金法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最低賃金法」の関連用語

最低賃金法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最低賃金法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最低賃金法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS