トライアル雇用助成金とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > トライアル雇用助成金の意味・解説 

トライアル雇用助成金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 04:43 UTC 版)

トライアル雇用助成金(トライアルこようじょせいきん)とは、日本において雇用保険法等を根拠に、職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現雇用機会の創出を図ることを目的とする助成金の一である。雇用保険のなかの「雇用保険二事業」と呼ばれる事業のうちの雇用安定事業(雇用保険法第62条)として行なわれる。






「トライアル雇用助成金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トライアル雇用助成金」の関連用語

トライアル雇用助成金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トライアル雇用助成金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトライアル雇用助成金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS