トライアル競走とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > トライアル競走の意味・解説 

トライアル競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 19:55 UTC 版)

トライアル競走(トライアルきょうそう)とは、公営競技の主要競走の出走順位の決定、あるいは優先出走権獲得を目指すいわゆる予選相当の競走のことをさす。単にトライアルと表記する方が多い。


  1. ^ 対象となるトライアル競走については各項参照。なお以前は出走頭数が多かった関係で更に5〜7頭程度の優先出走枠があった競走も存在する。
  2. ^ 1996年創設。
  3. ^ 1995年を最後に廃止。
  4. ^ 1995年まではエリザベス女王杯のトライアル競走。
  5. ^ 現在はトライアルから除外され春季に開催。
  6. ^ 第30回スプリングステークス(皐月賞トライアル)、第29回NHK杯(東京優駿トライアル)、第29回京都新聞杯(菊花賞トライアル)。
  7. ^ 第20回4歳牝馬特別(西)(桜花賞トライアル)、第21回4歳牝馬特別(東)(優駿牝馬トライアル)、第4回ローズステークス(エリザベス女王杯トライアル)。
  8. ^ 桜花賞馬はオークスへの、皐月賞馬はダービーへの出走権を勝利した時点ですでに得ているため、そもそもオークス及びダービーのトライアルレースに出走する必要が無い。
  9. ^ 第33回弥生賞プリンシパルステークス、第44回京都新聞杯(当時は菊花賞トライアルとして10月に施行)。
  10. ^ 2020年は5月ステージが中止になった為、9月ステージが該当。
  11. ^ ガールズケイリンコレクション2018 平塚ステージ・トライアルレース (PDF)”. KEIRIN.JP (2017年8月11日). 2017年8月12日閲覧。
  12. ^ その年にデビューした新人選手も対象に含まれており、デビュー1年未満でコレクションに出場できるチャンスがある。
  13. ^ a b ポイントの設定は、通常のガールズケイリンレースと同様(詳細はこちらを参照)。
  14. ^ ガールズグランプリ2018 トライアルレース(FⅡ)参加選手数及び選抜方法 - keirin.jp
  15. ^ a b “ガールズグランプリトライアル2019 開催要綱 より抜粋” (PDF) (プレスリリース), keirin.jp, (2019年9月26日), http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2019khn/09/pdf/20190926_04_02.pdf 2019年9月26日閲覧。 
  16. ^ グレードレース・ガールズケイリン特別レース等選考基準一覧表(ここから「ガールズトライアルレース」を選択) - keirin.jp
  17. ^ ガールズケイリン特別競走でMINMIとのコラボ曲である新テーマソングが起用!”. ガールズケイリン情報配信サイト (2019年12月17日). 2019年12月17日閲覧。
  18. ^ 「「小倉で競輪が発祥した1948年11月に因む。
  19. ^ 北九州市が発足した1963年2月に因む。
  20. ^ ガールズグランプリトライアル2019名称決定!!”. keirin.jp (2019年11月7日). 2019年11月7日閲覧。
  21. ^ 競輪祭とは”. JKA. 2019年11月11日閲覧。
  22. ^ 2012年の第1回(全員がルーキーのため)を除くと、梶田舞小林優香がデビュー年のガールズグランプリに出場しているが、当時は5月デビューであり、また選出方法が現在とは異なっていた。
  23. ^ ガールズグランプリトライアルレース(トパーズ) (PDF)
  24. ^ ガールズグランプリトライアルレース(アメジスト) (PDF)
  25. ^ ガールズグランプリトライアルレース(トパーズ) (PDF)
  26. ^ ガールズグランプリトライアルレース(アメジスト) (PDF)
  27. ^ ガールズグランプリトライアルレース(トパーズ) (PDF)
  28. ^ ガールズグランプリトライアルレース(アメジスト) (PDF)


「トライアル競走」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トライアル競走」の関連用語

トライアル競走のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トライアル競走のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトライアル競走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS