明暗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 明暗の意味・解説 

めいあん【明暗】

夏目漱石小説大正5年(1916)発表主人公津田由雄と妻お延の不安定家庭生活中心に人間エゴイズム鋭く追求した作品作者の死により未完に終わる。


めい‐あん【明暗】

明るいことと暗いこと。転じて、物事明るい面と暗い面。成功失敗幸と不幸など。「人生の明暗」「明暗を分ける

絵画写真などで、色の濃淡明るさ暗さ対照。「明暗をはっきりさせ立体感を出す」


めい‐あん【明暗】

1⃣ 〔名〕

明るいことと暗いこと。

作文大体(1108頃か)「第一色対〈略〉明暗、高下浅深遠近等之類」

太平記14C後)三〇「猶日月の明暗(アン)を心に任せず」〔漢書劉向伝〕

② 転じて、喜ばしいことと悲しいこと。幸と不幸。

現代経済考える(1973)〈伊東光晴〉 I.「経営技術適・不適企業の明暗をわけている」

絵画写真などで色の濃淡強弱明るさ度合

開化の良人1919)〈芥川龍之介〉「図どりが中々巧妙ぢゃありませんか。その上明暗も相当に面白出来てゐるやうです」

2⃣ 小説夏目漱石作。大正五年(一九一六発表自惚嫉妬虚飾満ち人間模様を、津田とお延夫婦中心に精密な心理解剖通して描く。作者の死により未完に終わる。


あけ‐ぐれ【明暗】

〔名〕 夜が明けきる前の、まだ薄暗時分

万葉(8C後)四・五〇九「吾妹子に 恋ひつつ居れば 明晩(あけぐれ)の 朝霧隠(ごも)り 鳴く(たづ)の ねのみし泣かゆ」

源氏100114頃)若菜下のどかならず立ち出づあけぐれ秋の空よりも、心づくしなり」


みょうあん 【明暗】

普化宗

明暗

作者川内康範

収載図書駆落ち
出版社ノーベル書房
刊行年月1989.10


明暗

作者野上弥生子

収載図書野上弥生子全集 2-28 補遺 1
出版社岩波書店
刊行年月1991.6


明暗

作者高橋義夫

収載図書黄金秘録―続・御隠居忍法
出版社実業之日本社
刊行年月1997.7

収載図書不老術―御隠居忍法
出版社中央公論新社
刊行年月2004.1
シリーズ名中公文庫ワイド


明暗

作者夏目漱石

収載図書ザ・漱石―全小説全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月1999.6

収載図書編年体大正文学全集 第5巻 大正五年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.11

収載図書現代表記版 ザ・漱石―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2004.11

収載図書大正結婚小説
出版社おうふう
刊行年月2005.9

収載図書大活字版 ザ・漱石―全小説全二冊 上巻
出版社第三書館
刊行年月2006.4


明暗

作者岡本かの子

収載図書岡本かの子全集 第2巻 復刻
出版社日本図書センター
刊行年月2001.2


明暗

作者濱地文男

収載図書台湾通俗文学集 2
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治台湾文学集成


明暗

作者泉澤悦子

収載図書掌の鈴
出版社書房
刊行年月2008.8


明暗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 10:03 UTC 版)

明暗』(めいあん)は夏目漱石の長編小説。「朝日新聞」に大正5年(1916年5月26日から同年12月14日まで連載されたが、作者病没のため188回までで未完となった。大正6年(1917年)に岩波書店から刊行。






「明暗」の続きの解説一覧

明暗

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:32 UTC 版)

名詞

 めいあん

  1. 明るいことと暗いこと。
  2. 成功失敗幸運不運
  3. 絵画写真明るい色と暗い色の対照

発音

め↗ーあん

派生語




明暗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明暗」の関連用語

明暗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明暗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明暗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明暗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS