こゝろとは?

こゝろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 04:13 UTC 版)

こゝろ』(新仮名: こころ)は、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された[1]。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の小説である[2]




  1. ^ 初版本の装丁は背表紙が「こゝろ」、収める箱の背は「心」、100年記念の特装版の題は、漱石が書いた序文の表記に合わせて、漢字ひと文字の「心」に決めた(「フロントランナー 祖父江慎朝日新聞2014年9月27日)。「漱石」というペンネームも言い間違いから生まれているようにへそ曲がりで、その根底には「正しさへの疑い」がある。
  2. ^ 岩波書店『岩波書店の八十年』1996年
  3. ^ 夏目漱石「こころ」20日から連載 月~金曜日のオピニオン面 朝日新聞連載100年”. 2014年4月閲覧。
  4. ^ 漱石没後100年、人気衰えず 書店で文庫フェア:日本経済新聞
  5. ^ なお、序文では『心』と表記されているが、それ以外は全て「こゝろ」という表記で統一されている。序文の内容は、外部リンク『心』自序を参照。


「こゝろ」の続きの解説一覧



こゝろと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こゝろ」の関連用語

こゝろのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こゝろのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこゝろ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS