草枕とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > 草枕の意味・解説 

くさ‐まくら【草枕】

【一】[名]旅先でで仮に編んだの意から》旅寝すること。旅先でわびしい宿りくさのまくら

「衣うつ音を聞くにぞ知られぬる里遠からぬ—とは」〈千載・秋下〉

【二】

「旅」「旅寝」および同音の「度(たび)」にかかる。

「—旅にしあれば」〈万・一四二〉

草の枕を「ゆふ」意から》「結ふ」および同音の「夕(ゆふ)」などにかかる。

「—夕風寒くなりにけり衣うつなる宿やからまし」〈新古今羇旅

地名の「多胡(たご)」にかかる。

「—多胡入野の奥もかなしも」〈三四〇三〉

[補説] 3については、頭音が「旅」と同じ「た」であるところからとする説がある。書名別項。→草枕


くさまくら【草枕】

夏目漱石小説明治39年(1906)発表。旅に出た青年画家主人公に、非人情境地を描く。


くさ‐まくら【草枕】

1

(イ) 道の辺にして寝る意で、「旅」にかかる。

万葉(8C後)一七・三二七「久佐麻久良(クサマクラ)旅行く君を幸(さき)くあれと斎瓮(いはひへ)据ゑつ我が床の辺に」

(ロ) (「」の語に、寝るということとのつながり感ずるところからか) 「旅寝」にかかる。中古以降に多い用法

二度本金112425)秋「まくらこの旅寝にぞ思ひ知る月より外の友無かりけり〈忠命〉」

(ハ) 「旅(たび)」と同音の「たび(度)」または、それを含む連語にかかる。

後撰(951‐953頃)恋二・六九二「草枕このたび経つる年月憂きはかへりて嬉しからなん〈よみ人しらず〉」

地名多胡(たご)」にかかる。かかり方未詳

万葉(8C後)一四・三四〇三「吾が恋はまさかも愛(かな)し久佐麻久良(クサマクラ)多胡入野(いりの)の奥も愛しも」

草の枕を「結ふ」意で、「結ふ」と同音の「ゆふ(夕)」を含む連語地名「ゆふ山」などにかかる。この場合、旅をしている意を含む例が多い。

新古今(1205)羇旅・九〇五「草枕夕風寒くなりにけり衣うつなる宿や借らまし〈紀貫之〉」

2 〔名〕 (枕詞から転じたものか)

を編んで作った旅先でわびしい宿泊仮の宿暗示する。

後撰(951‐953頃)羇旅一三六四「草枕もみぢむしろに替へたらば心をくだくものならましや〈宇多天皇〉」

旅寝また、旅。

(イ) わびしい旅寝

*後拾遺(1086)羇旅五三〇「さもこそは都のほかに宿りせめうたて露けきまくらかな〈藤原隆家〉」

(ロ) わびしい旅。

古今(905‐914)離別三七六「朝なけに見べき君とし頼まねば思ひ立ちぬるくさまくらなり〈寵〉」

3 中編小説夏目漱石作。明治三九年(一九〇六)発表。同四〇年刊俗世間逃れて旅に出た青年画家温泉宿出戻り娘との交渉通して現実第三者的にながめる非人情世界を展開。

[補注](一)②のかかり方については諸説ある。(イ)「たび(旅)」の「た」にかかるほうが古い用法で、これは、その古い用法とする説。(ロ)を「たく」(束ねる意)の意で「たご」の「た」にかかるとする説。(ハ)「旅」にかかる用法が転じたものとする説。


草枕

作者夏目漱石

収載図書夏目漱石全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1987.12
シリーズ名ちくま文庫

収載図書夢十夜・草枕
出版社集英社
刊行年月1992.12
シリーズ名集英社文庫

収載図書漱石全集 第3巻 草枕・二百十日野分
出版社岩波書店
刊行年月1994.2

収載図書ザ・漱石―全小説全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月1999.6

収載図書漱石全集 第3巻 草枕、二百十日野分
出版社岩波書店
刊行年月2002.6

収載図書現代表記版 ザ・漱石―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2004.11

収載図書大活字版 ザ・漱石―全小説全二冊 上巻
出版社第三書館
刊行年月2006.4

収載図書温泉小説
出版社アーツアンドクラフツ
刊行年月2006.9


草枕

読み方:クサマクラ(kusamakura)

作者 夏目漱石

初出 明治39年

ジャンル 小説


草枕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 05:24 UTC 版)

草枕』(くさまくら)は夏目漱石小説1906年明治39年)に『新小説』に発表。「那古井温泉」(熊本県玉名市小天温泉がモデル)を舞台に、作者・漱石の言う「非人情」の世界を描いた作品である。






「草枕」の続きの解説一覧



草枕と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草枕」の関連用語

草枕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



草枕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草枕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS