陶淵明とは?

とう‐えんめい〔タウ‐〕【陶淵明】

365427中国六朝時代東晋詩人江西の人。名は潜。淵明は字(あざな)。一説に名は淵明、字は元亮(げんりょう)。官職に就いたが、束縛を嫌い、彭沢(ほうたく)県の県令最後に帰去来辞(ききょらいのじ)」を作って官を辞し、故郷へ戻った。自然を愛す田園生活送りすぐれた詩を残した。詩では「飲酒」、文では「桃花源記」が有名。五柳先生

陶淵明の画像

陶淵明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 01:43 UTC 版)

陶 淵明(とう えんめい、365年興寧3年)[1] - 427年元嘉4年)11月)は、中国魏晋南北朝時代六朝期)、東晋末から南朝宋の文学者。元亮。または名は淵明[2]。死後友人からのにちなみ「靖節先生」、または自伝的作品「五柳先生伝」から「五柳先生」とも呼ばれる。尋陽柴桑(現在の江西省九江市柴桑区)の人。郷里の田園に隠遁後、自ら農作業に従事しつつ、日常生活に即した詩文を多く残し、後世には「隠逸詩人」「田園詩人」と呼ばれる。


  1. ^ a b 沈約宋書』隠逸伝の記述より。ただし生年および死亡時の年齢については多くの異説がある。
  2. ^ 昭明太子蕭統の 「陶淵明伝」および『宋書』隠逸伝より。名前と字については諸説があり、『晋書』隠逸伝では「陶潜、字元亮」、『南史』隠逸伝では「陶潜、字淵明。或云、字淵明、名元亮」とする。
  3. ^ 晋書』陶侃伝には、陶侃の子孫の幾人かが記録されているが、そこには陶茂の名前はない。
  4. ^ 「寒門」とは貧しくいやしい家柄のこと。『大漢和辞典』巻3のP,1074より「単門」とは親戚や援助者の少ない家のこと。『大漢和辞典』巻2のP,1112より
  5. ^ 文選』李善注より。鎮軍将軍を劉牢之とし、399年のこととする異説もある(陶澍など)
  6. ^ 「帰去来の辞」序によると、程氏に嫁いでいた妹の死が理由とある。「陶淵明伝」や『宋書』『南史』本伝によると、郡の督郵が巡察に来るので衣冠束帯して待つよう下吏に言われたのに対し、「我 五斗米の為に腰を折りて郷里の小人に向かう能わず(僅かな俸給のために、田舎の若造に腰を折るのは真っ平だ)」と憤慨し、即日辞職・帰郷したという。
  7. ^ 「戊申歳六月中 火に遇う」
  8. ^ 「居を移す」
  9. ^ 「従弟敬遠を祭る文」
  10. ^ 梁の鍾嶸『詩品』中品
  11. ^ 「陶淵明集序」
  12. ^ 蘇軾蘇轍に与うる書」


「陶淵明」の続きの解説一覧



陶淵明と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陶淵明」の関連用語

陶淵明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陶淵明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陶淵明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS