陸游とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 詩人 > 陸游の意味・解説 

りく ゆう -いう 【陸游】 ○

1125~1210中国南宋詩人。字(あざな)は務観、号は放翁。北方女真族王朝に対して熱烈抗戦論を唱え憂国詩人であるとともに、自然や田園生活こまやかな愛情をもってうたった田園詩人でもあった。南宋最大詩人と称される。詩は「剣南詩稿」に、散文は「渭南いなん文集」に収められている。

陸游

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 01:05 UTC 版)

陸 游(りく ゆう、1125年11月13日宣和7年10月17日) - 1210年1月26日嘉定2年12月29日))は、南宋政治家詩人は務観。は放翁。通常は「陸放翁」の名で呼ばれる。越州山陰県(現在の浙江省紹興市柯橋区)の出身。南宋の代表的詩人で、范成大尤袤楊万里とともに南宋四大家のひとり。とくに范成大とは「范陸」と並称された。現存する詩は約9200首を数える。中国の大詩人の中で、最も多作である。その詩風には、愛国的な詩と閑適の日々を詠じた詩の二つの側面がある。強硬な対主戦論者であり、それを直言するので官界では不遇であったが、そのことが独特の詩風を生んだ。同年代の辛棄疾と共に、愛国詩(詞)人として広く知られている。


  1. ^ 「陸游年譜」 一海知義編『陸游詩選』岩波文庫、406-409頁


「陸游」の続きの解説一覧



陸游と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸游」の関連用語

陸游のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸游のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸游 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS