乃木希典とは?

【乃木希典】(のぎまれすけ)

日本江戸時代末期明治時代活躍した武士陸軍軍人。(1847生~1912没)
長府藩山口県出身
生涯最終階級位階・勲等功級爵位陸軍大将従二位勲一等功一級伯爵

長府藩士として戊辰戦争従軍した後、1871年明治新政府軍に参加陸軍少佐に任じられる。
1877年西南戦争にて大隊長として従軍するも、部隊を無駄に分散敗退、更に敵に軍旗奪われると言う失態犯す
しかし、その際責任取って腹を切ろうとするも制止され、逆にこの潔さ評価された。

1894年日清戦争では、果敢突撃無謀とも言う)により旅順をたった1日で落とすという戦功上げる。

そして、1904年勃発した日露戦争では、開戦当初予備役にあったが、日清戦争での戦功を買われて現役復帰旅順攻略軍司令官抜擢された。
戦前、(日清戦争での経験から)「3日で落とす」と豪語していたが、ロシア軍は非常に堅固な要塞を築いており、150日間にも及ぶ戦闘と6万人上の犠牲者を出すも攻略できずにいた。
翌年結局援軍として参戦した参謀児玉源太郎作戦により旅順陥落するが、児玉親友であった乃木にその功を譲り乃木旅順落とし名将として、海軍東郷平八郎並び世界的に名を知らしめることになる。
乃木203高地陥落後、高名な「爾霊山の詩」を詠んだ。
爾霊山」は203という標高を「爾の霊の山」と当て字したもので、203高地で命を落とした霊に鎮魂思いをこめて、この3字でよびかけた。

爾靈山嶮豈攀難,(爾霊山(にれいさん) 嶮(けん)なれども 豈(あ)に攀(よ)じ難からんや)
男子功名期克艱。(男子功名 克艱(こくかん)に期す
銕血覆山山形改,(鐵血 山を覆ひて 山形(さんけい) 改まる)
萬人齊仰爾靈山。(萬人(ばんにん) 齊(ひと)しく仰(あ)ふぐ 爾霊山(にれいさん))

終戦後乃木は軍を退官し、明治天皇要請により学習院院長赴任
また、この戦争において発生した重度戦傷者介護する廃兵院設立されると、積極的に慰問行い私財を投じて補装具義手義足)を提供した。

1912年明治天皇崩御した際に妻とともに切腹殉死する。

没後の評価

死後、(大東亜戦争終結までは)「軍神」として広く国民尊敬対象となっていたが、
実際のところは銃剣突撃か知らぬ無能な』将軍
という評価もあり、小説家司馬遼太郎氏には、

軍人というのが戦争専門家であるとすれば、なぜこんな馬鹿な戦争指導したのか、
いま考えても薄気味悪いほどの無能さである。(週刊読売1968.7/21号より)

とまで言われている。

しかし、日露戦争乃木がとった戦術当時要塞攻略戦としては極めて一般的なものであり、その後第一次世界大戦でも普通に行われている。
さらに乃木新しく行った「塹壕には塹壕対抗」という戦術は、第一次世界大戦にて広く行われることとなった。


乃木希典


乃木希典

作者菊池寛

収載図書将軍・乃木希典
出版社勉誠出版
刊行年月2004.1


乃木希典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 07:40 UTC 版)

乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日1849年12月25日) - 1912年大正元年)9月13日)は、日本武士長府藩士)、軍人教育者日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇の後を慕って殉死したことで国際的にも著名である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 報国隊結成の盟約状には、「乃木無人源頼時」と署名している[2]
  2. ^ なお、家紋は佐々木氏の代表紋である「四つ目」に由来する「市松四つ目結い」である[要出典]
  3. ^ なお、これと類似した逸話は、『三国志魏志にもある。中国後漢末期の政治家である荀攸が8歳の頃、叔父の荀衢が酔っ払い、誤って荀攸の耳を傷つけたことがあった。ところが荀攸は部屋を出たり入ったりして遊び回るとき、いつも耳を隠して叔父の目に止まらないようにしていた。叔父は後になってこのことを聞き知り、そこで初めて驚き謝罪し、高く評価したという[要出典]
  4. ^ 佐々木 2005, p. 430は、文久3年(1863年)としている。
  5. ^ 佐々木 2005, p. 122以下や大濱 2010, p. 30は、いずれも慶応元年(1865年)の出来事としている。
  6. ^ なお、後に日露戦争で同僚となる将軍たちの初任官の年齢は野津道貫(明治4年)30歳少佐、黒木為禎(明治4年)27歳大尉、奥保鞏(明治4年)25歳大尉心得、児玉源太郎(明治4年)準少尉19歳、川村景明(明治5年)22歳少尉である[24]
  7. ^ 「心得」は、下級者が上級職を務める際に用いられた役職名である[28]
  8. ^ 福田和也は福原の書簡の内容が一方的であると述べて、乃木を擁護している[39]
  9. ^ 但し先発の二個中隊(第一大隊の第三第四中隊)は19日午後に熊本城に入城し籠城戦に加わっている。
  10. ^ この三好の決断については後世批判もあるが、自身も陸軍士官学校52期卒でビルマなどで戦い、戦後は自衛隊に入り陸将補として退官した桑原嶽は当時の両軍の戦力から考えて三好の懸念も妥当であり、乃木の進言を受け入れていれば賤ヶ岳の戦い佐久間盛政のように大軍に囲まれ各個撃破された可能性もあると評し、乃木の考えも三好の判断も間違っていないと述べている。
  11. ^ なお軍旗を神聖視するようになったのは西南戦争から日露戦争を経て多くの激戦を経験してからであり、創設まもない当時はまだ軍旗を神聖視する風潮はなかった[57]
  12. ^ なお歩兵第十四連隊には翌明治11年1月21日に連隊旗が再授与されている。奪われた軍旗も再授与後に発見され陸軍省が回収保管している。
  13. ^ 中西は、死地を求める乃木の行動を耳にした明治天皇が、乃木を前線指揮官の職から外すよう指示したとしている[59]
  14. ^ 但し桑原嶽は著書で連隊規模の部隊が平時で演習する場合、最も重視する演習科目は火力で制圧しつつ敵陣地に近迫する「攻撃前進」であり、それは昭和期の日本陸軍では歩戦砲飛の協同と呼び、現在の米軍では「火力支援調整(Fire Support Coordination)」と呼んでいて重要視している。その火力は他部隊の砲兵火力(現在ではこれに戦車や航空戦力等も加わる)との連携であるので、奇襲でなくなるのは当然であり、とどのつまり「正面攻撃」になるのは当然であるとしてる。
  15. ^ この中将昇進は少将に昇進した明治17年から11年以上も経過し旅団長を4回もしていることから、乃木の軍事的無能から進級が遅れたという論調があるが、桑原嶽によると少将昇進までハイスピードで進級した乃木が中将進級を足踏みさせられた可能性があり、当時の日本陸軍の規模から考えて中将が任じられる役職多くなく、進級に11年を要した事が、乃木の能力が原因であるという論調は的を得たものではないと述べている。なお、乃木と一緒に少将となった9名のうち、乃木よりも先に中将に昇進したのは6名(川上操六、桂太郎、黒木為禎、奥保鞏など)だが、どれも乃木より年長者の上陸軍在籍年数も長い先輩であり、乃木よりも昇進が速いのは当然である。また乃木より遅れて少将に昇進した者(児玉源太郎など)で乃木を追い越して中将に昇進した人物は一人もいない[77]
  16. ^ 日本軍が天津城を占領した際、そこで分捕した馬蹄銀を私有した者がいたとされる事件[86]
  17. ^ 同時に大将に昇進したのは児玉の他に岡沢精長谷川好道西寛二郎の3名
  18. ^ 1904年(明治37年)9月19日の攻撃を第2回総攻撃とする文献もある[91]
  19. ^ 敵陣地に対する「正攻法」とは、既に占領した地点から敵陣地の前面ぎりぎりまで塹壕を掘り進んで進撃路を確保し、歩兵の進撃の際には十分に支援砲撃を行う攻撃方法を指す。
  20. ^ 司馬太郎 『殉死』 中公文庫新装版 ISBN 978-4167663346、186-192p)には、乃木が11歳の裕仁親王に、延々と山鹿素行の『中朝事実』を音読して講義したが、親王の弟たち10歳の秩父宮と7歳の高松宮は何を言っているのかわからず、廊下に飛び出したという記述がある。
  21. ^ 遺言の全文は東京・乃木神社のウェブサイトにも掲載されている。
  22. ^ 宮脇俊三『私の途中下車人生』(角川文庫)21頁参照。著者の宮脇俊三は長吉の三男。
  23. ^ 昭和45年12月臨時増刊号
  24. ^ 各方面に賛否両論の議論が起こり、直後に新聞で特集された日露戦争の記事においても引用された[181]
  25. ^ 桑原は書簡の存在を疑問視しているが、書簡の内容は「明治軍事史ー明治天皇御伝記史料(昭和41年)」に収録されており、存在に疑問の余地はない。
  26. ^ 大阪毎日新聞』1912年(大正元年)9月17日付へのコメント[216]
  27. ^ 佐々木 2005, p. 356以下大濱 2010, p. 241も、谷本が「徹底した乃木批判を展開した」とみなしている。
  28. ^ S・ウォシュバンは当時はシカゴニュース紙の記者で従軍記者として乃木第3軍に付き添っていた[163]
  29. ^ 西郷・乃木 2006には乃木の漢詩および和歌が多数収録されている。
  30. ^ 録音当時は陸軍工兵大佐で、300年祭準備会幹事[233]
  31. ^ 録音当時は陸軍三等主計正で、300年祭準備会幹事[233]
  32. ^ 録音当時は陸軍工兵少佐で、300年祭準備会幹事[233]
  33. ^ 録音当時は皇典講究所監事で、300年祭準備会幹事[233]
  34. ^ 高山と今井の間に誰かが名乗りを吹き込んでいるが、音が不明瞭で判別不能[233]

出典

  1. ^ a b 大濱 2010, p. 19.
  2. ^ 大濱 2010, p. 32.
  3. ^ 佐々木 2005, p. 113.
  4. ^ 小堀 2003乃木神社 2009などを参照。
  5. ^ a b 佐々木 2005, p. 40.
  6. ^ 佐々木 2005, p. 41.
  7. ^ 佐々木 2005, p. 45-46.
  8. ^ 佐々木 2005, p. 150-151.
  9. ^ a b c 佐々木 2005, p. 44.
  10. ^ 福田 2007, p. 50以下.
  11. ^ 大濱 2010, p. 25以下.
  12. ^ a b 佐々木 2005, p. 123.
  13. ^ 中西 2010, p. 13.
  14. ^ 大濱 2010, p. 33.
  15. ^ 岡田 2001, p. 25.
  16. ^ 半藤ほか 2009, p. 176.
  17. ^ 大濱 2010, p. 450.
  18. ^ 大濱 2010, p. 34.
  19. ^ 福田 2007, p. 63.
  20. ^ 大濱 2010, p. 35.
  21. ^ 佐々木 2005, p. 430.
  22. ^ 大濱 2010, p. 36.
  23. ^ 桑原 2016, p. 29.
  24. ^ 桑原 2016, p. 30.
  25. ^ 大濱 2010, p. 39.
  26. ^ 福田 2007, p. 66.
  27. ^ a b 佐々木 2005, p. 431.
  28. ^ 大濱 2010, p. 38.
  29. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、165頁
  30. ^ 大濱 2010, p. 38頁以下.
  31. ^ 大濱 2010, p. 39以下.
  32. ^ 大濱 2010, p. 48以下.
  33. ^ a b 佐々木 2005, p. 125以下.
  34. ^ 大濱 2010, p. 54.
  35. ^ 福田 2007, p. 74以下.
  36. ^ 福田 2007, p. 76.
  37. ^ 中西 2010, p. 16.
  38. ^ 大濱 2010, p. 71以下.
  39. ^ 福田 2007, p. 77以下.
  40. ^ 桑田 2016, p. 37.
  41. ^ 桑田 2016, p. 39.
  42. ^ 桑田 2016, p. 41.
  43. ^ 桑田 2016, p. 42.
  44. ^ 岡田 2001, p. 31以下.
  45. ^ 桑田 2016, p. 49.50.
  46. ^ 大濱 2010, p. 80以下.
  47. ^ 福田 2007, p. 79以下.
  48. ^ a b 佐々木 2005, p. 122以下.
  49. ^ 桑田 2016, p. 50.51.
  50. ^ 桑田 2016, p. 54.
  51. ^ 桑田 2016, p. 54.55.
  52. ^ 桑田 2016, p. 56.
  53. ^ 桑田 2016, p. 57.58.
  54. ^ a b 桑田 2016, p. 58.
  55. ^ a b 佐々木 2005, p. 119以下.
  56. ^ 佐々木 2005, p. 27以下.
  57. ^ 大濱 2010, p. 84.
  58. ^ 岡田 2001, p. 38以下.
  59. ^ 中西 2010, p. 18以下.
  60. ^ 佐々木 2005, p. 89以下.
  61. ^ 大濱 2010, p. 89以下.
  62. ^ 桑田 2016, p. 64.65.
  63. ^ a b c 佐々木 2005, p. 431-432.
  64. ^ 佐々木 2005, p. 431以下.
  65. ^ 大濱 2010, p. 104以下.
  66. ^ 大濱 2010, p. 107.
  67. ^ 大濱 2010, p. 108以下.
  68. ^ 福田 2007, p. 102以下.
  69. ^ 大濱 2010, p. 111以下.
  70. ^ 佐々木 2005, p. 201以下.
  71. ^ 福田 2007, p. 121以下.
  72. ^ PHP文庫『乃木希典: 「廉潔・有情」に生きた最後の武人』ISBN 9784569663227、p.184
  73. ^ 大濱 2005, p. 111以下.
  74. ^ 大濱 2010, p. 116-117以下.
  75. ^ a b 大濱 2010, p. 117.
  76. ^ 中西 2010, p. 25以下.
  77. ^ 桑田 2016, p. 71.72.
  78. ^ 佐々木 2005, p. 433.
  79. ^ 大濱 2010, p. 118.
  80. ^ 大濱 2010, p. 119.
  81. ^ 大濱 2010, p. 121.
  82. ^ 大濱 2010, p. 123-124.
  83. ^ 大濱 2010, p. 126.
  84. ^ 蔡 2000.
  85. ^ 蔡 2001, p. 56.
  86. ^ a b 大濱 2010, p. 127.
  87. ^ 歴史街道 2011, p. 41.
  88. ^ 大濱 2010, p. 142-143.
  89. ^ 大濱 2010, p. 144.
  90. ^ 佐々木 2005, p. 53以下.
  91. ^ a b c 佐々木 2005, p. 434.
  92. ^ 学習研究社 1991, p. 166上田滋執筆部分
  93. ^ 佐々木 2005, p. 54以下.
  94. ^ 学習研究社 1991, p. 49.
  95. ^ 大濱 2010, p. 146以下.
  96. ^ 岡田 2001, p. 161.
  97. ^ 佐々木 2005, p. 65以下.
  98. ^ 別宮 2006.
  99. ^ 岡田 2001, p. 119.
  100. ^ 佐々木 2005, p. 64.
  101. ^ 半藤ほか 2009, p. 189.
  102. ^ 浅見雅男 『皇族誕生』 角川文庫 ISBN 978-4043944897、p.186。
  103. ^ 岡田 2001, p. 121.
  104. ^ 佐々木 2005, p. 69以下.
  105. ^ a b 佐々木 2005, p. 18.
  106. ^ 御神徳 2006.
  107. ^ 学習研究社 1991, p. 48以下.
  108. ^ 学習研究社 1991, p. 70以下.
  109. ^ 別宮 2009.
  110. ^ 『〔戦略・戦術・兵器詳解〕図説 第一次世界大戦<上>』 学研プラス〈歴史群像シリーズ〉、2008年1月。ISBN 978-4-05-605023-3
  111. ^ 岡田 2001, p. 162.
  112. ^ 岡田 2001, p. 163以下.
  113. ^ 岡田 2001, p. 166.
  114. ^ 半藤ほか 2009, p. 192.
  115. ^ 佐々木 2005, p. 76以下.
  116. ^ 佐々木 2005, p. 160.
  117. ^ 岡田 2001, p. 170.
  118. ^ 佐々木 2005, p. 71.
  119. ^ 佐々木 2005, p. 434以下.
  120. ^ 学習研究社 1991, p. 73以下.
  121. ^ 岡田 2001, p. 183以下.
  122. ^ 岡田 2001, p. 190.
  123. ^ 岡田 2001, p. 195.
  124. ^ 大濱 2010, p. 163.
  125. ^ 佐々木 2005, p. 20.
  126. ^ 中西 2010, p. 39.
  127. ^ 大濱 2010, p. 166以下.
  128. ^ 佐々木 2005, p. 14.
  129. ^ 佐々木 2005, p. 22.
  130. ^ 佐々木 2005, p. 28以下.
  131. ^ 佐々木 2005, p. 32以下.
  132. ^ 大濱 2010, p. 179.
  133. ^ 佐々木 2005, p. 76.
  134. ^ 佐々木 2005, p. 78以下.
  135. ^ 佐々木 2005, p. 435.
  136. ^ 岡田 2001, p. 209以下.
  137. ^ 佐々木 2005, p. 38-39.
  138. ^ 佐々木 2005, p. 161.
  139. ^ 福田 2007, p. 151.
  140. ^ 大濱 2010, p. 223以下.
  141. ^ 佐々木 2005, p. 105.
  142. ^ 太田尚樹 『東条英機と阿片の闇』 角川ソフィア文庫 ISBN 978-4044058050、159p
  143. ^ 佐々木 2005, p. 39.
  144. ^ 岡田 2001, p. 215以下.
  145. ^ 佐々木 2005, p. 224.
  146. ^ 岡田 2001, p. 217.
  147. ^ 大濱 2010, p. 226.
  148. ^ 岩見隆夫 『陛下の御質問 昭和天皇と戦後政治文春文庫 ISBN 978-4167679408、11-14p
  149. ^ 岡田 2001, p. 212.
  150. ^ 佐々木 2005, p. 393.
  151. ^ 岡田 2001, p. 267-268.
  152. ^ 岡田 2001, p. 268.
  153. ^ 大濱 2010, p. 293.
  154. ^ 大濱 2010, p. 289以下.
  155. ^ 岡田 2001, p. 269以下.
  156. ^ 大濱 2010, p. 288.
  157. ^ 岡田 2001, p. 268-269.
  158. ^ 大濱 2010, p. 290.
  159. ^ 佐々木 2005, p. 285以下.
  160. ^ 佐々木 2005, p. 287以下.
  161. ^ 歴史街道 2011, p. 71.
  162. ^ 佐々木 2005, p. 287.
  163. ^ a b c ウォシュバン 1980.
  164. ^ 佐々木 2005, p. 251-252以下.
  165. ^ 岡田 2001, p. 285.
  166. ^ 福岡徹 1970.
  167. ^ a b 福井 2007.
  168. ^ 岡田 2001.
  169. ^ 桑原 2005.
  170. ^ 佐々木 2005, p. 66以下.
  171. ^ 中西 2010, p. 30.
  172. ^ 司馬 1999a, p. 193.
  173. ^ 司馬 2009, p. 52以下.
  174. ^ 司馬 1999a, p. 182.
  175. ^ 司馬 1999a, p. 184.
  176. ^ 司馬 1999a, p. 201.
  177. ^ 司馬 1999a, p. 229.
  178. ^ 司馬 2009, p. 78.
  179. ^ 司馬 1999a, p. 228.
  180. ^ 司馬1999b, p. 132-133.
  181. ^ 福井 2007, p. 12-13.
  182. ^ 別宮 2006, p. 93.
  183. ^ 別宮 2006, p. 346.
  184. ^ 別宮 2006, p. 104以下.
  185. ^ 桑原 2005, p. 117.
  186. ^ 長南 2012, p. 31-32.
  187. ^ 桑原 2005, p. 154.
  188. ^ 別宮 2006, p. 177.
  189. ^ 別宮 2006, p. 194以下.
  190. ^ 別宮 2006, p. 214以下.
  191. ^ 桑原 2005, p. 137.
  192. ^ 別宮 2006, p. 132以下.
  193. ^ 学習研究社 1991, p. 101(桑田悦執筆部分も同旨)
  194. ^ 桑原 2005, p. 265以下.
  195. ^ 長南 2012, p. 56-57.
  196. ^ 別宮 2006, p. 181.
  197. ^ 別宮 2006, p. 328以下.
  198. ^ 別宮 2006, p. 341以下.
  199. ^ 別宮 2006, p. 99.
  200. ^ 別宮 2006, p. 110.
  201. ^ 学習研究社 1991, p. 103(桑田悦 執筆部分)
  202. ^ 福井 2007, p. 28-32.
  203. ^ 佐々木 2005, p. 191以下.
  204. ^ 佐々木 2005, p. 206以下.
  205. ^ 佐々木 2005, p. 196.
  206. ^ 佐々木 2005, はしがき.
  207. ^ 佐々木 2005, p. 153以下.
  208. ^ 佐々木 2005, p. 306.
  209. ^ a b c 伊藤 2010, p. 29-30.
  210. ^ 佐々木 2005, p. 295-296.
  211. ^ 佐々木 2005, p. 299以下.
  212. ^ 佐々木 2005, p. 300.
  213. ^ 大濱 2010, p. 227-228.
  214. ^ 佐々木 2005, p. 301-302.
  215. ^ 大濱, 2010 & p~242.
  216. ^ 伊藤 2010.
  217. ^ 伊藤 2010, p. 357.
  218. ^ 歴史街道 2011, p. 26.
  219. ^ 浜島書店.
  220. ^ 佐々木 2005, p. 35.
  221. ^ 佐々木2005, p. 36.
  222. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG14001_U2A110C1CR8000/
  223. ^ a b 大濱 2010, p. 209.
  224. ^ 佐々木 2005, p. 252-253.
  225. ^ 佐々木2005, p. 209以下.
  226. ^ 佐々木 2005, p. 91以下.
  227. ^ 岡田 2001, p. 246-247.
  228. ^ 岡田 2001, p. 280.
  229. ^ 岡田 2001, p. 274-275.
  230. ^ 大野ほか 2013.
  231. ^ 漢詩”. 乃木神社 (2006年). 2011年1月29日閲覧。
  232. ^ 書き下し文は漢詩”. 乃木神社 (2006年). 2011年2月16日閲覧。による。
  233. ^ a b c d e f g h 志甫 2008, p. 89.
  234. ^ a b 志甫 2008, p. 91.
  235. ^ 志甫 2008, p. 95.
  236. ^ 『乃木将軍の肉声と其想出』(発表者:小笠原長生)”. 想隆社 (2010-2011). 2011年1月30日閲覧。における小笠原長生の解説参照。
  237. ^ 『乃木将軍の肉声と其想出』(発表者:小笠原長生)”. 想隆社 (2010-2011). 2011年1月30日閲覧。
  238. ^ 昭和館ホームページ”. 昭和館 (1999-2003). 2011年1月30日閲覧。
  239. ^ 「戦中歌年鑑(1)昭和4~12年」”. ビクターエンタテインメント (1999-2011). 2011年1月30日閲覧。
  240. ^ 志甫 2008, p. 97-98.
  241. ^ 志甫 2008, p. 86.
  242. ^ 志甫 2008, p. 92-94.
  243. ^ a b c d e f 志甫 2008, p. 99.
  244. ^ a b 志甫 2008, p. 93.
  245. ^ 志甫 2008, p. 90.
  246. ^ 志甫 2008, 巻末.
  247. ^ 志甫 2008, p. 88.
  248. ^ 志甫 2008, p. 94.
  249. ^ 志甫 2008, p. 90-92.
  250. ^ 志甫 2008, p. 93-94.
  251. ^ 志甫 2008, p. 95-96.
  252. ^ a b 志甫 2008, p. 100.
  253. ^ デイリー東北新聞社 新井田川漫歩 第6部 雪谷川水系・軽米 乃木将軍の愛馬 日清、日露両戦争に同行Archived 2013年6月18日, at the Wayback Machine.参照
  254. ^ a b 大濱 2010, p. 442以降.
  255. ^ a b 佐々木 2005, p. 429以降.
  256. ^ 大濱 2010, p. 120.
  257. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  258. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。
  259. ^ 『官報』第3273号「叙任及辞令」1894年5月30日。
  260. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  261. ^ 『官報』第4017号・号外「辞令」1896年11月17日。
  262. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  263. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  264. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  265. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  266. ^ 『官報』第6964号「叙任及辞令」1906年9月13日。
  267. ^ 『官報』第8715号「叙任及辞令」1912年7月8日。
  268. ^ a b 原田 1998, p. 34.
  269. ^ 原田 1998, p. 36.
  270. ^ 千田 2002.
  271. ^ 千田 2005, 第五章.
  272. ^ 乃木 1970.
  273. ^ 大濱 2010, p. 23.
  274. ^ 大濱 2010, p. 206.
  275. ^ 和田宏 『余談ばっかり 司馬遼太郎作品の周辺から』 文春文庫 ISBN 978-4167838935、124p
  276. ^ 川北 2011, p. 13.







乃木希典と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「乃木希典」の関連用語

乃木希典のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

板垣退助

VADS

曾禰荒助

Bo105

服部誠一

無反動砲

東郷茂徳

T尾翼





乃木希典のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乃木希典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS