長府藩とは?

長府藩 (ちょうふはん)

江戸時代萩藩に置かれた、毛利一門[もうりいちもん]がおさめる独立した小さな藩(支藩[しはん])の1つです。現在の下関市豊浦町豊北町一部菊川町豊田町一部にあたります。長府藩の一部1653年清末藩[きよすえはん]として独立しています。


長府藩

読み方:チョウフハン(choufuhan)

長州藩支藩

別名 豊浦藩府中藩


長府藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 05:18 UTC 版)

長府藩(ちょうふはん)は、現在の山口県下関市長府江戸時代に存在したのひとつである。長州藩支藩で、長門府中藩(ながとふちゅうはん)ともいう。須原屋武鑑の居城・在所表記では当初は長門長府で、宝暦年中より長門府中に改称されている。藩庁は櫛崎城(長府城、長府陣屋)に置かれた。




  1. ^ 『毛利家文書』天正19年(1591年)旧暦3月13日付(『大日本古文書 家わけ文書第8 毛利家文書之三』所収)
  2. ^ 慶長5年の検地による石高。慶長10年(1605年)の毛利家御前帳にも同様の石高が記載。
  3. ^ 慶長18年(1613年)、検地では53万9千石余を打ち出したが、山代地方(現岩国市錦町本郷町)では一揆も起きていることや、広島藩福島正則49万8000石とのつりあいなどを考慮して、幕府は、検地石高の7割である36万9千石を表高として公認した
  4. ^ 「長府毛利十四代記」(下関市立長府博物館)
  5. ^ 高林寺「清末藩は宗藩の長州藩の体制に組み込まれ、同一行動をとった」旨の案内板の説明あり


「長府藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長府藩」の関連用語

長府藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長府藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長府藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS