松尾藩とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 松尾藩の意味・解説 

松尾藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/27 21:59 UTC 版)

松尾藩(まつおはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年遠江掛川藩の太田家が5万3000余石で移封され、1871年廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ上総国武射郡柴山(現在の千葉県山武郡芝山町)に置かれ「柴山藩(しばやまはん)」と称したが、のちに武射郡松尾(山武市松尾町)に松尾城を築いて移転した。




  1. ^ 同様の事情で現千葉県域に移転した藩には、掛川藩→松尾藩(5万石)のほか、駿河沼津藩→上総菊間藩(5万石)、駿河小島藩→上総桜井藩(1万石)、遠江相良藩→上総小久保藩(1万石)、遠江田中藩→安房長尾藩(4万石)、遠江横須賀藩→安房花房藩(3万5000石)、遠江浜松藩鶴舞藩(6万石)がある。
  2. ^ a b c さんむのふるさと散歩 No.7 ”. 広報さんむ. 山武市 (2007年1月). 2017年5月11日閲覧。


「松尾藩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松尾藩」の関連用語

松尾藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松尾藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松尾藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS