高松藩とは? わかりやすく解説

高松藩

読み方:タカマツハン(takamatsuhan)

水戸藩支藩


高松藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 20:25 UTC 版)

高松藩(たかまつはん)は、江戸時代前期には讃岐国(現在の香川県)を領有し、江戸時代中期より半国の東讃地域を領有した生駒家の代は讃岐一国を領していたが、松平家高松松平家)の代になり半国の東讃地域を領した。藩庁は高松城(現在の高松市)。


  1. ^ 郡部12万3千石および島嶼部3千2百石(「生駒親正・一正宛豊臣秀吉朱印状」より)
  2. ^ 深井雅海『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』(中公新書、2008年) P24
  3. ^ 大名家の秘密―秘史『盛衰記』を読む” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2022年3月26日閲覧。
  4. ^ 溥幸, 1939-, 木原 (2009). 近世讃岐の藩財政と国産統制. 広島: 溪水社. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010059902-00 
  5. ^ 【香川】ミシュラン最高評価!世界が認めた庭園「栗林公園」を散策しよう!” (日本語). トリップノート. 2022年3月26日閲覧。
  6. ^ 木原溥幸『讃岐・江戸時代の町、村、島』文芸社、2008年10月15日(日本語)。ISBN 978-4-286-05286-1
  7. ^ 木原溥幸『讃岐・江戸時代の町、村、島』文芸社、2008年10月15日(日本語)。ISBN 978-4-286-05286-1
  8. ^ 木原溥幸『讃岐・江戸時代の町、村、島』文芸社、2008年10月15日(日本語)。ISBN 978-4-286-05286-1
  9. ^ 都市交流 | 水戸市ホームページ”. www.city.mito.lg.jp. 2022年3月26日閲覧。
  10. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P158-167・387-389・397-398
  11. ^ 香川県. “高松藩家老・木村黙老とその時代” (日本語). 香川県. 2022年3月26日閲覧。


「高松藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高松藩」の関連用語

高松藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高松藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高松藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS