館林藩とは?

館林藩

読み方:タテバヤシハン(tatebayashihan)

上野邑楽郡館林の藩名。


館林藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 18:36 UTC 版)

館林藩(たてばやしはん)は、上野邑楽郡にあった徳川家と関わりが深い。石高は、短い一時期を除いておおむね5万石から11万石の中藩で、御両典のひとつとして御三家に継ぐ高い家格を持った徳川綱吉とその子・徳松の時代は例外的に25万石だった。藩庁は館林城(現在の群馬県館林市城町)。






「館林藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「館林藩」の関連用語

館林藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



館林藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの館林藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS