館林藩とは? わかりやすく解説

館林藩

読み方:タテバヤシハン(tatebayashihan)

上野邑楽郡館林の藩名。


館林藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 13:51 UTC 版)

館林藩(たてばやしはん)は、上野邑楽郡にあった。石高は、短い一時期を除いておおむね5万石から11万石の中藩で、御両典のひとつとして御三家に継ぐ高い家格を持った徳川綱吉とその子・徳松の時代は例外的に25万石だった。1845年、井上正春が転封となり、秋元志朝が6万石で入封、それ以後1871年の廃藩まで秋元家が藩主として続いた。藩庁は館林城(現在の群馬県館林市城町)。




「館林藩」の続きの解説一覧

館林藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:51 UTC 版)

十一人の侍」の記事における「館林藩」の解説

松平斉厚まつだいら なりあつ):館林藩主。

※この「館林藩」の解説は、「十一人の侍」の解説の一部です。
「館林藩」を含む「十一人の侍」の記事については、「十一人の侍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「館林藩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

館林藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



館林藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの館林藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの十一人の侍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS