高松宮宣仁親王とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 后妃 > 貴族院皇族議員 > 高松宮宣仁親王の意味・解説 

高松宮宣仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 08:55 UTC 版)

高松宮宣仁親王(たかまつのみや のぶひとしんのう、1905年明治38年〉1月3日 - 1987年昭和62年〉2月3日)は、日本皇族大正天皇貞明皇后の第3皇男子。昭和天皇は兄(長兄)、上皇は甥、今上天皇は大甥にあたる。有栖川宮の祭祀を継承。妃は公爵徳川慶久の次女・喜久子称号光宮(てるのみや)。身位親王お印若梅(わかうめ)。栄典大勲位功四級




注釈

  1. ^ 『Address of PRINCE TAKAMATSU』 高松宮宣仁親王 San Francisco May 27,1931。公家訛が混じりながらも潑剌とした声調であったという
  2. ^ 御料車ニッサン・プリンス・ロイヤルを改造し皇族霊柩車とした。2年後の昭和天皇大葬や、13年後の香淳皇后大葬にも同じ車両が運用された
  3. ^ なお同大学は甥にあたる第125代天皇上皇明仁の孫で、秋篠宮文仁親王・同妃紀子の長女・眞子内親王と次女・佳子内親王の姉妹が在籍・通学しており、高松宮秋篠宮という皇統直系の直宮家の皇族が関わりを持ったということになる。同大学キャンパスの所在地である東京都三鷹市には、弟・三笠宮崇仁親王が名誉総裁を務めた「公益財団法人中近東文化センター」もあり、同じ天皇の弟宮同士が関わって共通した点にもなる

出典

  1. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」1931年12月28日。p.742
  2. ^ 原 2017 p.406
  3. ^ 原 2017 p.407
  4. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.198
  5. ^ 有馬 2001 p.27
  6. ^ 千早 1995p.13
  7. ^ a b 千早 1995 p.14
  8. ^ 寺崎 1995 p.89-90
  9. ^ 寺崎 1995 p.107,p.112
  10. ^ 細川護貞『細川日記』 上巻、昭和十九年七月十一日の条より、p266 (中公文庫2002年改版) ISBN 4-12-204072-8
  11. ^ 寺崎 1995 p.123-124
  12. ^ 寺崎 1995 p.122-123
  13. ^ 吉田 1992 [要ページ番号]
  14. ^ 秦郁彦 『裕仁天皇五つの決断』 講談社 p.276
  15. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  16. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.135
  17. ^ 柴山太 『日本再軍備への道―1945‐1954年』 ミネルヴァ書房 p.548
  18. ^ 吉田 1992 p.74-75
  19. ^ 寺崎 1995 p152(鈴木内閣 (十一)八月十二日の皇族会議)
  20. ^ 『入江日記』[要ページ番号]
  21. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.234
  22. ^ a b 高松宮妃喜久子 1998 p.240
  23. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.46-53
  24. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  25. ^ 山階会『山階宮三代 下』P.291
  26. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.139
  27. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.124
  28. ^ 高松宮妃喜久子 1998 p.36
  29. ^ a b 高松宮妃喜久子 1998 p.90
  30. ^ 工藤美知尋『高松宮と終戦工作 和平を希求した宣仁親王の太平洋戦争』に詳しい。潮書房光人社<光人社文庫>、2014年
  31. ^ 太平洋戦争研究会編 『東京裁判がよくわかる本』 p.199 PHP研究所 2002年
  32. ^ 有馬 2001 p.23-24
  33. ^ 有馬 2001 p.19, p.26
  34. ^ 有馬 2001 p.23
  35. ^ 有馬 2001 p.25
  36. ^ 有馬 2001 p.21
  37. ^ 松永 1991p.58
  38. ^ 松永 1991p.59
  39. ^ 阿川弘之 『高松宮と海軍』 中央公論社 1999[要ページ番号]
  40. ^ 『明日への選択』 平成10年2月号


「高松宮宣仁親王」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高松宮宣仁親王」の関連用語

高松宮宣仁親王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高松宮宣仁親王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高松宮宣仁親王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS