秦郁彦とは? わかりやすく解説

秦郁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 03:30 UTC 版)

秦 郁彦(はた いくひこ、1932年昭和7年)12月12日 - )は、日本歴史家、元大蔵官僚。自身の専門は日本近現代史軍事史とする。拓殖大学教授、千葉大学教授、日本大学法学部教授を歴任[1]。学位は、法学博士東京大学・1974年)。


  1. ^ 個々の兵員が武器を捨て,敵権力に服するのが投降で、司令官の間で「降伏規約」を結び,兵員等の引渡し,武装解除等を取り決めるが降伏山本七平少尉は特使として米軍との交渉に応じ、数十人規模で降伏して在フィリピン米軍に降った。
  2. ^ このとき、秦は、当時海外に展開した日本軍の兵力は約100万人で、教科書に従い、慰安婦が20万人いたのであれば、20万人が1日5回サービスすると100万になるので、兵士たちは戦闘する暇なく、毎日慰安所に通わなければ計算が合わなくなると発言している[要出典]
  3. ^ この論文は「従軍慰安婦たちの春秋(上)」という章タイトルで、文芸春秋発行の雑誌『諸君!』に、やはり慰安婦をテーマに掲載された秦の論文を「従軍慰安婦たちの春秋(下)」というタイトルで、セットにして文藝春秋社が出版した『昭和史の謎を追う』(1993年3月)に収録され、菊池寛賞を受賞した。
  1. ^ a b 秦郁彦『旧制高校物語』文藝春秋文春新書)、2005年、著者紹介。
  2. ^ 著者プロフィール 秦郁彦 - 新潮社
  3. ^ a b “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(1)大本営発表に疑問抱く”. 読売新聞朝刊. (2017年3月14日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170313-118-OYTPT50417/list_JIDAINOSHOGENSHA 
  4. ^ a b c d e “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(4)国鉄マンだった父 戦死”. 読売新聞朝刊. (2017年3月18日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170317-118-OYTPT50374/list_JIDAINOSHOGENSHA%2509%25E5%25AE%259F%25E8%25A8%25BC%25E5%258F%25B2%25E5%25AD%25A6%25E3%2581%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2593%25E3%2580%2580%25E7%25A7%25A6%25E9%2583%2581%25E5%25BD%25A6_0 
  5. ^ a b c 『慰安婦問題の決算 現代史の深淵』PHP研究所、2016年、200-202頁。ISBN 9784569830070 
  6. ^ “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(5)あだ討ちの心情消えた”. 読売新聞朝刊. (2017年3月20日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170319-118-OYTPT50286/list_JIDAINOSHOGENSHA%2509%25E5%25AE%259F%25E8%25A8%25BC%25E5%258F%25B2%25E5%25AD%25A6%25E3%2581%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2593%25E3%2580%2580%25E7%25A7%25A6%25E9%2583%2581%25E5%25BD%25A6_0 
  7. ^ 『現代史の争点』文春文庫、2001年。ISBN 4167453061 
  8. ^ 『現代史の虚実』
  9. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(7)白眉 丸山真男の分析力『読売新聞』朝刊2017年3月22日
  10. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(12)公務員試験 独学で挑む『読売新聞』朝刊2017年3月29日
  11. ^ 秦郁彦編『日本官僚制総合事典 1868-2000』(東京大学出版会、2001年)巻末年度別各省キャリア官僚入省者一覧
  12. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(13)旅館から車で初登庁『読売新聞』朝刊2017年3月30日
  13. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(14)歴史の女神に魅入られて『読売新聞』朝刊2017年3月31日
  14. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(20)沖縄返還と財政史編纂『読売新聞』朝刊2017年4月11日
  15. ^ 時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(23)「天皇退位せず」の特ダネ『読売新聞』朝刊2017年4月15日
  16. ^ 奥付 『日本近現代人物履歴事典(第2版)』秦郁彦
  17. ^ 秦 郁彦/著∥∥2007.7 『南京事件 :増補版 -「虐殺」の構造』中央公論新社〈中公新書 795〉、2007年7月、214頁。 
  18. ^ 吉田裕 著、藤原彰、本多勝一、洞富雄 編 『南京事件を考える』大月書店、1987年8月20日、85-86,57,57頁。 
  19. ^ p.4 3月刊『中国』志々目彰 1971年 引用『政経研究』再録p.297『旧日本軍の生態学』秦郁彦 2014年
  20. ^ p.4 3月刊『中国』志々目彰 引用『政経研究』再録p.297『旧日本軍の生態学』秦郁彦
  21. ^ p.34 『南京「虐殺」研究の最前線』秦郁彦・東中野修道 展転社 2002年
  22. ^ 『政経研究』再録 p.302『旧日本軍の生態学』秦郁彦
  23. ^ 米教科書の訂正求める=慰安婦記述で日本歴史家”. 時事ドットコム. 時事通信社. 2015年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月3日閲覧。
  24. ^ 【詳報】「強制連行があったとするマグロウヒル社の記述は誤り」従軍慰安婦問題で、秦郁彦氏、大沼保昭氏が会見 (1/2)”. BLOGOS. LINE. 2022年5月3日閲覧。
  25. ^ p.192-198『慰安婦と戦場の性』新潮社 ISBN 4106005654
  26. ^ p.196 高宮証言 p.197 下津証言 同前
  27. ^ 『諸君!』2007年7月号 秦郁彦、大沼保昭荒井信一「激論 「従軍慰安婦」置き去りにされた真実」
  28. ^ 河野談話作成過程等に関する検討チーム (2014年6月20日). “慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯 河野談話作成からアジア女性基金まで”. 2016年1月23日閲覧。
  29. ^ 【詳報】「強制連行があったとするマグロウヒル社の記述は誤り」従軍慰安婦問題で、秦郁彦氏、大沼保昭氏が会見 (1/2)”. LINE株式会社. 2022年5月21日閲覧。
  30. ^ 米教科書「慰安婦」に事実と異なる記述 識者19人が訂正要求 (1/2ページ) - 政治・社会”. ZAKZAK. 夕刊フジ. 2022年5月8日閲覧。
  31. ^ 2013年06月13日(木)「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」(対局モード)”. 荻上チキ・Session-22. TBSラジオ→WaybackMachine. 2013年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月7日閲覧。
  32. ^ ジェイソン モーガン 秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』 : 英訳版に寄せて[1]
  33. ^ “慰安婦問題で「吉田証言」に踊った人たち 記事取り消しの意味”. SankeiBiz. (2014年8月9日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140809/mca1408091720001-n1.htm 2014年8月10日閲覧。 
  34. ^ 秦1999,p232-234
  35. ^ a b c 秦郁彦 『昭和史の謎を追う』 上、文藝春秋〈文春文庫〉、1999年12月10日、29-33,32,432-447,432-447,435頁。 
  36. ^ 秦郁彦 (8 1992). 正論. 
  37. ^ “「戦犯」連載記事の総点検結果を掲載 中国新聞”. 朝日新聞 夕刊. (1991年10月16日) 
  38. ^ “研究者抗議、中国新聞に反論掲載 マレーシア住民虐殺の記事”. 朝日新聞 大阪版 朝刊. (1991年6月5日) 
  39. ^ a b 林博史 『華僑虐殺』すずさわ書店、1992年5月30日、281-284,284頁。 
  40. ^ a b c d 秦郁彦 『現代史の光と影』グラフ社、1999年6月20日、232-235,235-248,246,247頁。 
  41. ^ JPCA-NEWS-019.pdf”. JPCA NEWS. 日本写真著作権協会. p. 3. 2022年5月4日閲覧。
  42. ^ (3ページ目)「陣中日記」改ざん、都合が悪い1冊を「電車で紛失」…戦時中の「伝説や史料」その“真贋””. 文春オンライン. 文藝春秋. 2022年5月4日閲覧。
  43. ^ 秦 郁彦 『昭和史の謎を追う』 上、文藝春秋、1993年3月30日、24頁。 
  44. ^ 『昭和史の謎を追う』 上、文藝春秋〈文春文庫〉、33頁。 
  45. ^ 全て秦邦彦「陰謀史観」2012より
  46. ^ 『正論』2006年4月号
  47. ^ 秦邦彦「陰謀史観」2012
  48. ^ 『昭和史の秘話を追う』 - 第四章 司馬遼太郎と戦車
  49. ^ 『昭和天皇の終戦史』岩波書店、1992年。ISBN 4004302579 
  50. ^ 産経新聞』2015年11月25日
  51. ^ 渡辺春巳「秦郁彦証言とその非学問性」『商学論纂』第58巻5・6、中央大学商学研究会、2017年3月、 267-316頁、 ISSN 0286-7702NAID 120006642244
  52. ^ 産経新聞『大弁護団抱える植村訴訟の争点 現代史家・秦郁彦』(2015.2.23) https://archive.is/iw87C
  53. ^ 植村応援隊: 産経新聞が訂正記事を掲載(6/8)”. 植村応援隊 (2015年6月10日). 2020年2月6日閲覧。
  54. ^ 『慰安婦と戦場の性』裏表紙推薦文
  55. ^ 著書『日中戦争史』復刊の際のパンフ(池井優慶大教授)より
  56. ^ Chalmers Johnson, Peasant Nationalism and Communist Power (Stanford: Stanford University Press, 1962), 200
  57. ^ 史学雑誌102-3、1993年3月、佐々木隆による同書の新刊紹介
  58. ^ Edward Drea, Japan's Imperial Army: Its Rise and Fall 1853–1945 (Lawrence, Kansas: University Press of Kansas, 2009), ix
  59. ^ Edward Drea, "Book Review: Hirohito: The Showa Emperor in War and Peace," Global War Studies 8, no. 1 (2011), 172-174
  60. ^ Joshua A. Fogel (2003). "Response to Herbert P. Bix". Japan Focus
  61. ^ Masahiro Yamamoto, Nanking: Anatomy of an Atrocity (Westport, Connecticut: Praeger, 2000), xi
  62. ^ 伊藤之雄 『昭和天皇伝』文藝春秋、2011年7月、19頁。ISBN 978-4-16-374180-2 
  63. ^ 伊藤之雄 『昭和天皇伝』文藝春秋、2011年7月、372頁。ISBN 978-4-16-374180-2 
  64. ^ 奈良岡聰智 (2016年12月22日). “「現代の古典」を読む”. 中央公論新社. オリジナルの2017年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170102071812/http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/098317.html 
  65. ^ 外交フォーラム』2010年4月号、都市出版北岡伸一「『日中歴史共同研究』を振り返る」
  66. ^ 秦郁彦『慰安婦と戦場の性』批判」『週刊金曜日』 290号 1999年11月5日 - 林博史研究室 論文ページ
  67. ^ 秦郁彦 『慰安婦と戦場の性』新潮社、1999年6月30日、383頁。 
  68. ^ 林博史 (1999-11-05). “秦郁彦『慰安婦と戦場の性』批判”. 週刊金曜日 (290). 
  69. ^ 永井和 日本軍の慰安所政策について『二十世紀研究』創刊号、2000年
  70. ^ 前田朗 『秦郁彦の「歴史学」とは何であるのか?』 (日本の戦争責任資料センター『戦争責任研究』 2000年春季)
  71. ^ 前田朗 (10 1999). “天に唾する素人研究家ー秦郁彦(日大教授)の呆れた無断盗用”. マスコミ市民. 
  72. ^ 前田朗 (2000). “秦郁彦の『歴史学』とは何であるのか?-『慰安婦と戦場の性』に見る手法”. 戦争責任研究 (春): 75-81. 
  73. ^ 「京都大学経済学研究科東アジア経済研究センター ニュースレター」2015年2月2日発行 第555号、京都大学経済学研究科教授堀和生『東アジアの歴史認識の壁』[2]
  74. ^ a b 今田真人 『吉田証言は生きている』共栄書房、2015年4月10日、80-81,164-167,159-161,91,169-179,172-176頁。 
  75. ^ 南雲和夫・法政大学講師 (1999). “写真の『引用』と『盗用』 秦郁彦『慰安婦と戦場の性』の写真盗用問題について”. マスコミ市民 (10). 
  76. ^ 日本の論点』文藝春秋1999
  77. ^ 異様な肺ガンの急増ぶり/秦郁彦(現代史家)『愛煙家通信』No.2
  78. ^ 文藝春秋 80周年記念出版 世界戦争犯罪事典


「秦郁彦」の続きの解説一覧

秦郁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 09:24 UTC 版)

日本の慰安婦問題」の記事における「秦郁彦」の解説

陸支密大日記について 歴史学者の秦郁彦は、1992年1月11日朝日新聞では陸支密大日記を吉見義明「発見」したとしているが、研究者の間ではこの資料周知のものであった指摘している。 日弁連による活動について 秦郁彦は、日本弁護士連合会日弁連)が慰安婦問題に関して1992年戸塚悦朗弁護士に海外調査特別委員を委嘱したことについて、日弁連戸塚を通じて海外NGO連携深めることで日本政府特別法制定させる戦略とっていたとしている。

※この「秦郁彦」の解説は、「日本の慰安婦問題」の解説の一部です。
「秦郁彦」を含む「日本の慰安婦問題」の記事については、「日本の慰安婦問題」の概要を参照ください。


秦郁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 05:08 UTC 版)

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の記事における「秦郁彦」の解説

秦郁彦は、江藤の「歴史記述パラダイム規定言語空間限定し、かつ閉鎖した」や、高橋の「日本人マインドコントロール計画」などの主張に対して、「果たしてそんな大それたものか」「江藤論調必然的に反米思想行きつく」と否定している。秦は米留学中江藤体験談引用しながら、江藤が「日米関係にひそむ『甘えの構造』に早くから気づ」いており「それを最大限利用していたよう」だと論評江藤の論は「アメリカ製公文書引き合いに陰謀の『証拠固め』に乗り出した」、「相手中国朝鮮半島であれば厄介な紛争招きかねないが、アメリカなら聞き流す笑いまぎらすだけ」の「陰謀説」であり、このような「(日米協調同盟の関係を)対米従属見なし、『甘えて怒られない』(怒ってくれない)のを承知の上反発する論調」は今後絶えないだろうと述べている。

※この「秦郁彦」の解説は、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の解説の一部です。
「秦郁彦」を含む「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の記事については、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の概要を参照ください。


秦郁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 17:21 UTC 版)

真珠湾攻撃陰謀説」の記事における「秦郁彦」の解説

秦郁彦も無線封止守られてたとする。[要出典] スティネット真珠湾直前21日間(10月15日12月6日)に米海軍通信諜報班フィリピンコレヒドール島ステーションC,ハワイステーションH)がインターセプトした129通り日本軍電波内訳表を揚げている。そして無電封止命令無視し、「平均すれば一日当り3.8通」も電波出しおまけに南雲長官がもっとおしゃべりだった」とコメントしている。これが本当なら機動部隊ハワイまでの12日間、北太平洋ガラガラ蛇のような大音響立てながら進んだことになり、米側が手に取るように機動部隊動き掴んでいた事になるが、この主張トリック単純なものである。[要出典] すなわち、スティネット傍受 [interception] と「解読」[decoding] を取り違えている。スティネットハワイ通信諜報班ステーションH)のH・キスナーキャビア班(ステーションC)のD・ホイットロック何回もインタビューして結論得た証言得ているが、二人の手記も文書資料もない。NSA国家通信保安局)の解読専門家F.D.パーカー暗号専門誌『クリプトロジア』に書いた論文によると、戦後明らかにされた真珠湾攻撃関連の電報188通である前記129通との差分スティネット見落とした可能性があるヒトカップ湾からの11月18日関連する電報三通と、連合艦隊司令長官指揮下の全艦隊へむけて発電した「ニイタカヤマノボレ」を除くと11月26日以降の電文はないので、機動部隊無線発信しながら、ハワイはむかっていないといえる。しかも内容解読されていないので、役には立っていない。[要出典]

※この「秦郁彦」の解説は、「真珠湾攻撃陰謀説」の解説の一部です。
「秦郁彦」を含む「真珠湾攻撃陰謀説」の記事については、「真珠湾攻撃陰謀説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「秦郁彦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

秦郁彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秦郁彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秦郁彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の慰安婦問題 (改訂履歴)、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (改訂履歴)、真珠湾攻撃陰謀説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS