日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科の意味・解説 

日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 01:08 UTC 版)

日本大学法学部(にほんだいがくほうがくぶ、Nihon University College of Law)は法律学科政治経済学科新聞学科経営法学科公共政策学科の5学科を擁し、教育研究する日本大学学部である。また 、日本大学大学院法学研究科・大学院新聞学研究科(にほんだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか・だいがくいんしんぶんがくけんきゅうか)は法学や新聞学の理論および応用を教育・研究する大学院研究科である。略称として、日法(ニチホウ)が用いられる。


注釈

  1. ^ これは在籍しているなかで他学部の授業を受講でき、単位として認められる制度で、卒業に必要な単位として算入できる。
  2. ^ 履修期間は5年であり、在学年数8年である。
  3. ^ 職業を有している等の事情により修業年限を越えて計画的に教育課程を履修し卒業することを希望する者。

出典

  1. ^ 実際の開講は1911年から(『日本大学百年史』 第一巻、508-510頁)。
  2. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、444-445頁
  3. ^ 長期履修学生制度導入のお知らせ (PDF)


「日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科」の関連用語

日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学法学部・大学院法学研究科及び新聞学研究科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS