松永東とは?

松永東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 08:37 UTC 版)

松永 東(まつなが とう、1887年明治20年)10月15日 - 1968年昭和43年)1月22日)は、日本実業家弁護士[3][6]弁理士政治家[1][2][4]。第45代衆議院議長[7]。第79代文部大臣[8]さいたま市名誉市民[9]




  1. ^ a b c d e f g h i 『粛正選挙代議士名鑑』22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』マ791頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  3. ^ a b 『翼賛選挙大観』69頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 『大衆人事録 第12版 東京篇』東京630頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『政治家人名事典』494頁。
  6. ^ a b c d e f g 『東京弁護士名家録 第1巻』78-80頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  7. ^ a b 衆議院歴代議長・副議長一覧、衆議院公式サイト。
  8. ^ a b 歴代文部科学大臣、文部科学省公式サイト。
  9. ^ さいたま市名誉市民、さいたま市公式サイト。
  10. ^ a b 『翼賛議員銘鑑』385頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第11版 下』マ140頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 昭和六十年五月十九日 創立三十周年記念塾祭記念講演「私の人生」文部大臣 松永光先生、和敬塾五十年の歩みとこれから。
  13. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』マ105頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 下』マ98頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月12日閲覧。
  15. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第18回』97頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  16. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』332頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  17. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第25回』209頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  18. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第30回』123頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  19. ^ 『戦後プロ野球50年:川上、ON、そしてイチローヘ』近藤唯之・著。(新潮社,1994年)ISBN 4-10-132212-0
  20. ^ ご挨拶、中央区議会議員 海老原たかさと公式サイト。


「松永東」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松永東」の関連用語

松永東のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松永東のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松永東 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS