島村宜伸とは?

島村宜伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 06:31 UTC 版)

島村 宜伸(しまむら よしのぶ、1934年3月27日 - )は、日本政治家勲章旭日大綬章衆議院議員(9期)、文部大臣第118代)、農林水産大臣(第2637代)、自由民主党国会対策委員長(第40代)、自由民主党総裁特別補佐、志帥会名誉会長等を歴任した。現在は日本プロスポーツ協会会長、杉並学院中学高等学校理事長。




  1. ^ 「私の履歴書 渡文明②」(日本経済新聞2013年4月2日)によれば、新潟精油所総務担当で、独身寮「油々寮」で4年後輩の渡文明を指導した。
  2. ^ 島村宜伸候補・麻生太郎総裁街頭演説@江戸川区船堀 Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine.
  3. ^ “総裁候補の推薦人名簿 自民党”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月10日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091001000300.html 2015年4月16日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “島村元農水相が引退へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2012年4月25日). オリジナル2012年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120427041802/http://www.asahi.com/politics/update/0425/TKY201204240804.html 2012年6月24日閲覧。 
  5. ^ “石原氏、村山元首相、野中元官房長官…超ベテラン「円卓会議」”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年6月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130630/stt13063022230004-n1.htm 2013年6月30日閲覧。 
  6. ^ “円卓会議:超党派政治家集結、仙谷氏が参加”. 毎日jp (毎日新聞). (2013年6月30日). http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20130701ddlk36010259000c.html 2013年6月30日閲覧。 
  7. ^ 阿比留瑠比 (2007年8月12日). “全閣僚が靖国参拝見送り「終戦記念日」異常な事態”. 産経新聞 
  8. ^ 櫻井よしこ「「福田総理」で日本は20年の時を失う」、『SAPIO』2007年10月10日号、小学館2007年9月26日、 10頁。
  9. ^ “死者に対する認識に違い 島村農相、靖国問題で”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年6月21日). オリジナル2015年3月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150304223001/http://www.47news.jp/CN/200506/CN2005062101001000.html 2015年3月4日閲覧。 
  10. ^ “中曽根氏依頼で分祀求める 島村農相が靖国神社に”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年6月7日). オリジナル2015年3月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150304223059/http://www.47news.jp/CN/200506/CN2005060701000874.html 2015年3月4日閲覧。 
  11. ^ 歴史事実委員会”. ワック・マガジンズ. 2015年1月18日閲覧。
  12. ^ 抗議書への賛同者一覧


「島村宜伸」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「島村宜伸」の関連用語

島村宜伸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



島村宜伸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島村宜伸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS