鹿野道彦とは?

鹿野道彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/16 03:41 UTC 版)

鹿野 道彦(かの みちひこ、1942年1月24日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員(11期)、衆議院運輸委員長農林水産大臣(第145253代)、総務庁長官第12代)、運輸政務次官新党みらい代表、国民の声代表、民政党幹事長、民主党国会対策委員長自由民主党青年局長、総務局長などを歴任した。父は衆議院議員を5期務めた鹿野彦吉




  1. ^ 日本経済新聞2011年8月28日朝刊
  2. ^ 時事ドットコム2011年8月28日
  3. ^ “海江田氏と野田氏で決選投票に…民主代表選”. 読売新聞. (2011年8月29日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110829-OYT1T00637.htm 2012年3月13日閲覧。 
  4. ^ “ドキュメント・民主党代表選:鹿野氏のサイン「上着を脱いだら2位に投票」”. 毎日新聞. (2011年8月30日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110830ddm003010124000c.html 
  5. ^ “民主党:鹿野グループ発足 設立総会に35人が出席”. 毎日新聞. (2011年9月1日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110901ddm005010140000c.html 
  6. ^ “鹿野農水相が不可解な人事に関与? 自民・稲田氏が追及”. 産経新聞. (2012年2月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120209/plc12020920410024-n1.htm 2012年3月13日閲覧。 
  7. ^ 「参院選比例 民主・鹿野氏、政界引退へ」 『河北新報』 2013年7月23日
  8. ^ “春の叙勲4104人 旭日大綬章に葛西氏ら”. 日本経済新聞. (2014年4月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28023_Y4A420C1PP8000/ 2014年5月12日閲覧。 
  9. ^ 民主党:農林漁業の再生を考える運動本部、茨城県の漁業者と意見交換[1]
  10. ^ 2009年衆院選挙時 朝日新聞アンケート回答
  11. ^ “戦闘態勢「五者五様」 変節攻撃か焦り露呈か”. 産経新聞. (2011年8月28日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110828/stt11082822440020-n1.htm 2012年3月13日閲覧。 
  12. ^ しんぶん赤旗2003年9月12日
  13. ^ “鹿野道彦研究 かつてのプリンス最後のチャンス 寡黙さゆえに担がれる存在に”. 産経新聞. (2011年7月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110721/plc11072100100000-n3.htm 2012年3月13日閲覧。 
  14. ^ 時事ドットコム2011年8月27日


「鹿野道彦」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鹿野道彦」の関連用語

鹿野道彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鹿野道彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿野道彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS