世襲政治家とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 世襲政治家の意味・解説 

世襲議員

読み方:せしゅうぎいん
別名:世襲政治家

前の議員地盤を受け継いだ議員のこと。

世襲議員には、親が議員でその跡を継いだ議員や、選挙区において前議員後継者となった議員などが挙げられる。

世襲政治家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 23:29 UTC 版)

世襲政治家(せしゅうせいじか)は、何らかの意味で世襲であると見られる政治家のこと。


注釈

  1. ^ 共産党議員についても親族が政治家である場合はある。例として聴濤弘参議院議員(全国比例区選出)の父親は聴濤克巳衆議院議員(東京都選挙区選出)である(国会議員職世襲の空白期間は42年間)。また、米原昶衆議院議員の父親である米原章三は共産党員ではないが貴族院議員経験があった。現委員長の志位和夫も父は元船橋市議会議員であり、中選挙区時代の志位の選挙区である旧千葉1区には船橋市が含まれている。

出典

  1. ^ 世襲が国会議員のパフォーマンスに与える影響について (PDF) 東京工業大学大学院社会理工学研究科社会工学専攻・工学部社会工学科 木下哲哉
  2. ^ 世襲政治家「共産党はゼロ」 テレ朝系番組が訂正記事 しんぶん赤旗2008年10月5日
  3. ^ a b 【一筆多論】世襲批判にどう答える 産経新聞2012年11月26日、石井聡論説委員
  4. ^ 東京都の選挙区地盤継承という意味では祖父の鳩山一郎の世襲という意味合いもある。祖父一郎は1959年引退し、邦夫は1976年当選であり、東京都選出衆議院議員職の空白期間は27年間。
  5. ^ 別冊宝島編集部「知られざる日本の特権階級」(宝島SUGOI文庫)
  6. ^ 政令では指定日から10年間と限定されていた。現実には1952年4月28日に日本が主権を回復したことにより公職追放令が廃止され、1952年4月28日をもって公職追放者はいなくなった。
  7. ^ 【常任幹事会】国会議員の世襲制限を正式決定 民主党
  8. ^ 自民、世襲制限先送り 小泉氏次男ら「例外」で公認へ 朝日新聞2009年6月5日
  9. ^ 2009年政権公約集 (PDF) 自由民主党
  10. ^ 津島淳氏公認せず 世襲批判を考慮/自民党本部 Archived 2009年08月4日, at the Wayback Machine. 陸奥新報2009年8月1日 2009年10月15日閲覧
  11. ^ 自由民主党 2010参院選公約要旨 読売新聞2010年6月22日
  12. ^ 自民党執行部“世襲禁止”事実上撤回へ日テレNEWS24 2011年1月19日
  13. ^ 自民党:世襲、「公募」隠れみの 改革に疑問符、若手ら批判 毎日新聞2012年10月24日
  14. ^ 父の演説中、後方ドアからそっと入った世襲候補 読売新聞2012年11月20日
  15. ^ “ペルー大統領選挙で大接戦の末に敗れたケイコ・フジモリ氏”. (2011年6月9日). http://www.worldtimes.co.jp/w/usa/usa2/ps110609.html 2011年6月9日閲覧。 
  16. ^ “極右、14年ぶり下院議席-ルペン党首は落選”. (2012年6月19日). http://www.worldtimes.co.jp/today/kokunai/120619-4.html 2012年6月29日閲覧。 


「世襲政治家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世襲政治家」の関連用語

世襲政治家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



世襲政治家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世襲政治家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS