枝野幸男とは? わかりやすく解説

枝野幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/24 15:48 UTC 版)

枝野 幸男(えだの ゆきお、1964年昭和39年〉5月31日 - )は、日本政治家弁護士立憲民主党所属の衆議院議員(10期)。


注釈

  1. ^ 臨時代理。内閣官房長官兼任
  2. ^ この頃の民主党は1人の議員が複数のグループに所属することがしばしばあった。
  3. ^ 一連の流れについて政治ジャーナリストの田崎史郎朝日新聞が枝野が責任を取ることを求める内容の社説を掲載したことが決定打となったとの見方を示している[107]

出典

  1. ^ えだのボイスです。今日から、緊急事態の延長期間に入りました。我が家でも、中学校2年生の双子の男の子が、3月からずっと家にいるという状況で、かなりのストレスがたまっているなぁと感じざるを得ません。多くの皆さんが、いつもと違う日常に、ご苦労されています。―2020年5月7日13時39分
  2. ^ a b c d e AERA編集部 澤田晃宏「女子高生も「エダノン」と叫ぶ 立憲民主・枝野幸男の変わらない政治の原点AERA2017年10月30日号 AERA dot.2017.10.21
  3. ^ a b 《THE JOURNAL》編集部 (2009年12月12日). “政治家に訊く:枝野幸男”. THE JOURNAL. 2010年12月22日閲覧。
  4. ^ a b 早野透 (2002). 政治家の本棚. 朝日新聞社. pp. 439p. ISBN 4-02-257746-0 
  5. ^ “少年時代から政治志す 宇都宮出身の枝野民主党新幹事長”. 下野新聞. (2010年6月8日). https://archive.fo/Eb83V 2010年12月22日閲覧。 
  6. ^ 枝野幸男オフィシャルサイト 立憲民主党衆議院議員|枝野 幸男 プロフィール
  7. ^ a b 中日新聞1997年10月12日2面今週の顔
  8. ^ a b 大下英治『枝野立つ!立憲民主党のさらなる闘い』河出書房新社、2018年2月27日。ISBN 978-4-309-24846-2 
  9. ^ a b 毎日新聞取材班『枝野幸男の真価』毎日新聞出版、2018年3月22日。ISBN 978-4-620-32513-2 
  10. ^ 『朝日新聞』1993年4月14日付朝刊、7面、「日本新党が公募候補者を発表」。
  11. ^ 『朝日新聞』1993年7月5日付朝刊、特設ニュース面、4面、「第40回総選挙 候補者の顔ぶれ 東北」。
  12. ^ a b c d e 枝野幸男 (1998). それでも政治は変えられる 市民派若手議員の奮闘記. マネジメント伸社. pp. 214p. ISBN 4-8378-0393-8 
  13. ^ 中島章夫小澤鋭仁牧野聖修・枝野幸男 (1994). “日本新党 解党宣言”. 文藝春秋 (文藝春秋) 1994年6月号: 126-135. 
  14. ^ “日本新離党さらに二人”. 朝日新聞: p. 1. (1994年5月20日) 
  15. ^ “揺らぐ党内結束 背景に小選挙区 自社、不信任案に賛否”. 朝日新聞: p. 2. (1994年6月14日) 
  16. ^ “首相指名 社党“造反”は4、5人? さきがけも難色議員説得”. 読売新聞: p. 2. (1996年1月9日) 
  17. ^ “官僚の本籍地は省庁でなく国だ”. 週刊東洋経済 (東洋経済新報社) 1996年7月13日号: 158-159. (1996). 
  18. ^ “超党派の若手有志「司馬哲学」の勉強会 きょう約30人で発足”. 読売新聞: p. 2. (1996年6月18日) 
  19. ^ 枝野幸男 (1996). “厚生省を獲れ!”. 文藝春秋 (文藝春秋) 1996年8月号: 188-197. 
  20. ^ “民主幹事長に枝野氏 『菅氏といいコンビ』 薬害エイズ問題で支え”. 東京新聞. (2010年6月8日). オリジナルの2017年2月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170222111206/http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2010/saninsen10/saitama/CK2010060802100004.html 2010年12月22日閲覧。 
  21. ^ “新総選挙ルポ 裏路地をゆく 埼玉5区の場合 上”. 朝日新聞: p. 7. (1996年10月3日) 
  22. ^ “民主若手、グループ結成 社民出身ベテランに対抗”. 読売新聞: p. 5. (1997年6月2日) 
  23. ^ “ダッシュの会 民友連若手36人 政権奪取へ結束”. 読売新聞: p. 5. (1998年1月28日) 
  24. ^ “NPO法成立、買春規制・3連休促進も準備 議員「立法ブーム」”. 朝日新聞: p. 2. (1998年4月6日) 
  25. ^ 広川高史 (2010年6月7日). “民主・枝野氏:「脱小沢」の象徴、新首相補佐する46歳の与党幹事長”. Bloomberg.co.jp. https://archive.fo/0OkPE 2010年12月26日閲覧。 
  26. ^ “与野党内で台頭する「実務派新人類」 「金融国会」の修羅場を若手が取り仕切る”. 選択 (選択出版) 1998年10月号: 48-49. (1998). 
  27. ^ “「無風」若手が危機感 松沢氏出馬表明 民主党代表選、一転実施へ”. 毎日新聞: p. 2. (1999年1月9日) 
  28. ^ “’99民主代表選選ぶ争う 推薦人集め三者三様”. 朝日新聞: p. 2. (1999年9月9日) 
  29. ^ “民主党「ネクストキャビネット」”. 毎日新聞: p. 2. (1999年10月17日) 
  30. ^ “民主 党内グループ 派閥? 続々”. 読売新聞: p. 4. (2000年11月4日) 
  31. ^ “民主若手の勉強会続々「離党予備軍」との警戒感も”. 読売新聞: p. 4. (2001年4月30日) 
  32. ^ 「真面目すぎるほど具体的に示した」枝野政調会長』(プレスリリース)民主党、2003年9月18日http://archive.dpj.or.jp/news/?num=54742021年7月31日閲覧 
  33. ^ 2005年9月15日 枝野幸男Eメールニュースレター
  34. ^ 平成17年分政治資金収支報告書の要旨(平成18年9月8日付け官報)” (PDF). 総務省. 2018年10月7日閲覧。
  35. ^ “閣僚人事、川端、原口氏有力に 枝野氏も入閣の方向”. 共同. (2009年9月10日). https://web.archive.org/web/20090913061731/http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091001000946.html 
  36. ^ 朝日新聞9月25日号
  37. ^ “独法は手強い? 枝野氏、仕分け第2弾は難航も ”. MSN産経ニュース. (2010年2月11日). オリジナルの2010年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100214003844/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100211/plc1002110025002-n1.htm 2021年7月31日閲覧。 
  38. ^ “事業仕分け第3弾の対象事業一覧”. 共同. (2010年10月19日). https://web.archive.org/web/20101031083616/http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101901001050.html 
  39. ^ 2010年1月7日 共同ニュース
  40. ^ 内閣府特命担当大臣(行政刷新)
  41. ^ 民主・新役員が決定、枝野幹事長「党運営の透明化に取り組む」 ロイター 2010年6月7日
  42. ^ “岡田幹事長、「透明な党運営」徹底できるか 新体制始動”. 朝日新聞. (2010年9月17日). オリジナルの2010年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924164434/http://www.asahi.com/politics/update/0917/TKY201009170452.html 2021年7月31日閲覧。 
  43. ^ 【内閣改造】枝野新官房長官「老壮青バランスとれた実務強力推進内閣」 史上最年少で就任 産経新聞 2011年1月14日閲覧
  44. ^ “Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis”. デイリー・テレグラフ. (2011年3月15日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8383430/Japan-earthquake-Yukio-Edano-the-Jack-Bauer-of-the-crisis.html 2013年1月15日閲覧。 
  45. ^ “放射線観測の評価、枝野長官が一元化を指示”. 読売新聞. (2011年3月16日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110316-OYT1T01030.htm 2011年9月12日閲覧。 
  46. ^ “SPEEDIは隠蔽”. 産経新聞. (2012年1月8日). https://megalodon.jp/2012-0108-1745-59/sankei.jp.msn.com/politics/news/120108/plc12010803130003-n3.htm 2012年1月8日閲覧。 
  47. ^ “保安院、官邸に報告せず…放射性物質の拡散予測”. 読売新聞. (2011年9月11日). https://web.archive.org/web/20110911212524/http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110902-OYT1T00978.htm 2013年1月14日閲覧。 
  48. ^ SPEEDI情報 米軍に提供
  49. ^ 北海道新聞社説 米NRC文書 日本政府の対応検証を(2月24日)
  50. ^ 原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米
  51. ^ 検証・大震災 福島原発事故3カ月
  52. ^ 平成23年3月12日(土)午前2-内閣官房長官記者会見
  53. ^ 官房長官記者発表平成23年3月12日(土)午前
  54. ^ 放射線に揺れる学校(中)線量データ/校内調べHPで公表
  55. ^ 放射線に揺れる学校(下)校庭の表土除去/国に先行、独自で判断
  56. ^ 福島第1原発:「校庭汚染土は放射性廃棄物」枝野官房長官
  57. ^ 枝野経産相:原子力経済被害担当相も兼務 毎日新聞 2011年9月12日閲覧
  58. ^ 官房長官記者会見首相官邸 2011年10月3日
  59. ^ 前原氏がグループ会長に 凌雲会、仙谷氏は顧問”. 日本経済新聞 (2011年11月10日). 2018年10月4日閲覧。
  60. ^ 枝野経産相が7選「反省踏まえて力をつけろ、という票」朝日新聞 2012年12月17日
  61. ^ 大飯原発「再稼働妥当」 政権が安全性確認、地元要請へ朝日新聞デジタル 2012年4月13日
  62. ^ 大飯原発再稼働、知事に要請 枝野経産相が来県福井新聞 2012年4月14日
  63. ^ 大飯原発フル稼働「7月を越える」 枝野経産相朝日新聞デジタル 2012年6月1日
  64. ^ 大飯原発のフル稼働 経産相「7月を越える」日本経済新聞 2012年6月1日
  65. ^ 大飯再稼働、政府が決定…7月下旬にもフル稼働読売新聞 2012年6月16日
  66. ^ 大飯再稼働、経産相が関電に“安全”指示日テレNEWS24 2012年6月18日
  67. ^ 関電社長「次の再稼働は高浜3・4号機」 枝野経産相は不快感J-CASTニュース 2012年7月26日
  68. ^ 今夏の電力需給について首相官邸
  69. ^ 「大飯再稼働なければ関電は厳しかった」と枝野経産相MSN産経ニュース 2012年8月28日
  70. ^ “経産相、大間原発・島根3号機の建設を容認”. 読売新聞. (2012年9月15日). オリジナルの2012年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120916034608/www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120915-OYT1T00402.htm 2012年9月20日閲覧。 
  71. ^ 朝日新聞デジタル:埼玉 - 開票速報 - 第46回総選挙
  72. ^ 2014衆院選 埼玉 - 毎日新聞
  73. ^ “民進党、憲法調査会長に枝野氏決定”. 日本経済新聞. (2016年10月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H2L_U6A001C1PP8000/ 
  74. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hJ7sa 2017年7月28日閲覧。 
  75. ^ 民進・蓮舫代表が会見 代表辞任の意向を表明(2017年7月27日)”. THE PAGE (2017年7月27日). 2022年2月16日閲覧。
  76. ^ 矢野武. “民進党”. コトバンク. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2019年6月20日閲覧。
  77. ^ “民進党:希望と合流 前原代表「名を捨て実取る」”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00e/010/264000c 2019年6月20日閲覧。 
  78. ^ a b c 南彰 (2017年11月21日). “「前原のクーデターだ」 長妻氏、枝野氏らに結党を主張”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASKCN43HTKCNUTFK00B.html 2022年2月4日閲覧。 
  79. ^ “百合子氏の本性、安保法制の反対者は仲間に入れない”. 日刊スポーツ. (2017年9月29日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201709290000116.html 2022年2月4日閲覧。 
  80. ^ “「リベラル派は排除する」 希望・小池代表が明言 維新の会・松井代表とも会談へ”. SankeiBiz. (2017年9月29日). https://www.sankeibiz.jp/macro/news/170929/mca1709291544020-n1.htm 2022年2月8日閲覧。 
  81. ^ 東京都・小池百合子知事が午後2時より定例会見(2017年9月29日)”. THE PAGE (2017年9月29日). 2022年2月16日閲覧。
  82. ^ 吉川慧 (2017年9月30日). “小池知事に「排除」を宣告された、民進党リベラル派の憂鬱”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/liberal_jp_5c5a5037e4b012928a300b53 2022年2月4日閲覧。 
  83. ^ “小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野”. 共同通信 (神奈川新聞). (2017年9月30日). オリジナルの2017年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171003080206/https://www.kanaloco.jp/article/281133 2022年2月21日閲覧。 
  84. ^ “「希望の党」公認拒否 民進“排除名簿”に載る15人の名前 (2ページ目)”. 日刊ゲンダイ. (2017年9月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214651/2 2022年2月4日閲覧。 
  85. ^ “衆院選2017:民進分裂、新党模索も 希望が「排除リスト」”. 毎日新聞. (2017年10月1日). オリジナルの2021年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210728183027/https://mainichi.jp/articles/20171001/ddm/003/010/056000c 2022年2月23日閲覧。 
  86. ^ a b c 影山哲也 (2017年12月3日). “野党第1党、枝野氏の戦い(その2止)「旗への結集」可視化”. 毎日新聞. オリジナルの2017年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/pHphs 2022年2月4日閲覧。 
  87. ^ 清水祐樹、辻渕智之 (2017年10月2日). “争点埋没 危機感強く 市民ら「リベラル新党期待」”. 東京新聞. https://static.tokyo-np.co.jp/tokyo-np/archives/senkyo/shuin2017/shuin_article/zen/CK2017100202100010.html 2022年2月21日閲覧。 
  88. ^ “森友・加計問題 安倍政権へ抗議デモ 東京・新宿”. 毎日新聞. (2017年10月1日). https://mainichi.jp/articles/20171002/k00/00m/040/026000c 2022年2月21日閲覧。 
  89. ^ 吉沢龍彦 (2017年10月1日). “政権抗議デモ、小池氏も非難 いろんな方面に批判の矛先”. 朝日新聞. 2017年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月12日閲覧。
  90. ^ 篠健一郎、斉藤太郎 (2021年11月2日). “「寝ろ」→「立て」→「辞めるな」 枝野氏動向、今回もSNSで話題”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPC26FLJPC2ULEI004.html 2022年2月8日閲覧。 
  91. ^ “枝野新党の名称は「立憲民主党」有力 長妻昭氏ら参加”. 産経新聞. (2017年10月2日). https://www.sankei.com/article/20171002-EPBE7EMGFRJIXPM7GA7ITMGGGY/ 2022年2月4日閲覧。 
  92. ^ 関根和弘 (2017年10月2日). “民進の枝野幸男氏、新党「立憲民主党」を結成”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/yukio-edano-new-party_jp_5c5a5055e4b012928a300c6a 2019年6月20日閲覧。 
  93. ^ 枝野幸男氏が新党「立憲民主党」結成を表明(2017年10月2日)”. THE PAGE (2017年10月2日). 2022年2月15日閲覧。
  94. ^ 清水俊介、山口哲人 (2017年10月3日). “枝野氏、リベラル受け皿に 希望と連携焦点”. 中日新聞. https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/article/senkyo/shuin2017/zen/CK2017100302000224.html 2022年2月4日閲覧。 
  95. ^ 政治資金規正法に基づく政治団体の届出』(PDF)(プレスリリース)総務省、2017年10月3日https://www.soumu.go.jp/main_content/000511048.pdf2019年6月20日閲覧 
  96. ^ “衆院選、3極走る 公示まで1週間”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21818450T01C17A0MM0000/ 2022年2月5日閲覧。 
  97. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)(1/4ページ)”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-NK7P4VUV5BN6FHCY22UVSGOJMY/ 2022年2月2日閲覧。 
  98. ^ 高木秀文(小選挙区・埼玉県) 【衆議院選挙2017】”. 読売新聞社. 2022年2月2日閲覧。
  99. ^ 藤原学思 (2018年11月30日, 17:04). “枝野氏への個人献金、首相の2倍 立憲旗揚げ直後に急増”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2019年6月20日閲覧。
  100. ^ “枝野氏「政権の選択肢に」 代表選へ出馬表明―合流新党”. 時事ドットコムニュース. (2020年9月4日). https://web.archive.org/web/20210507011754/https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090400721&g=pol 2020年9月5日閲覧。 
  101. ^ “合流新党 代表に立民・枝野代表 党名は「立憲民主党」”. NHK NEWSWEB. NHK. (2020年9月10日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012610801000.html 2020年9月10日閲覧。 
  102. ^ 自民単独過半数、立民は惨敗…維新が第3党に躍進”. 讀賣新聞オンライン. 2021年11月1日閲覧。
  103. ^ 【衆院選詳報】自民は261議席、甘利幹事長は辞意 立民は96議席、維新は躍進の41議席”. 東京新聞. 2021年11月1日閲覧。
  104. ^ 立民・枝野氏、代表辞任を否定 維新と連携せず”. 産経新聞 (2021年10月31日). 2021年11月2日閲覧。
  105. ^ 敗北の立憲、党内で強まる反発 枝野代表らの責任論も噴出”. 毎日新聞 (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  106. ^ 立民 枝野代表 辞任の意向表明 衆院選 議席減で引責”. NHK (2021年11月2日). 2021年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月2日閲覧。
  107. ^ 立民・枝野氏の代表辞任の意向に田崎史郎氏「朝日の社説が大きい」(東京スポーツ 2021年11月02日14時27分配信)2021年11月03日閲覧
  108. ^ “立民代表選、動きが活発化”. 共同通信. (2021年11月5日). https://web.archive.org/web/20211105105933/https://nordot.app/829309165146898432?c=39550187727945729 
  109. ^ 立憲・枝野代表が正式に辞任「私の力不足」 新代表は30日に選出”. 朝日新聞 (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  110. ^ a b 壊滅的にみえる「リベラル」は自民党に勝てるのか。枝野幸男氏の答えは… - HUFFPOST(2017年10月9日)
  111. ^ 産経WEST(2019年12月12日)「立民・枝野氏が出雲大社参拝を検討 支持層反発懸念
  112. ^ 97歳の村山富市元首相「頑張ってよ」 枝野氏を激励”. 朝日新聞. 2021年8月3日閲覧。
  113. ^ 「立憲民主党 枝野幸男代表 演説全文(10月3日有楽町)」
  114. ^ “枝野氏演説に聴衆熱狂 立憲民主党に前原民進代表ビクビク”. 日刊ゲンダイ: p. 1. (2017年10月4日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214839 2021年7月31日閲覧。 
  115. ^ 2007年2月7日・衆議院予算委員会
  116. ^ a b c 2009年1月9日・衆議院予算委員会
  117. ^ 2009年2月6日・衆議院予算委員会
  118. ^ “臓器移植法案の質疑要旨 衆院厚生委”. 朝日新聞: p. 29. (1997年4月16日) 
  119. ^ “移植法、新案作り本格化 大型連休明け提出を目指す”. 朝日新聞: p. 4. (2009年4月24日) 
  120. ^ 「ゼロコロナ」をほぼ実現すれば、経済活動は元通りにできるのか 原田 泰:名古屋商科大学ビジネススクール教授”. DIAMONDonline (2021年3月25日). 2021年12月5日閲覧。
  121. ^ 枝野幸男活動実績
  122. ^ a b 「『民法改正の早期実現を求める院内集会』で枝野幹事長があいさつ 民主党ニュース 2015年4月2日
  123. ^ “家族と民法改正 夫婦別姓…「党」超え賛否”. 毎日新聞: p. 23. (1996年2月29日) 
  124. ^ “民法改正案の今国会提出 断念 「夫婦別姓」に自民党内激突”. 朝日新聞: p. 3. (1996年5月22日) 
  125. ^ “「一体感」巡り論戦 衆院法務委別姓審議開始 子供の姓も議論”. 朝日新聞: p. 37. (1997年6月12日) 
  126. ^ 文芸春秋2013年9月10日
  127. ^ 民主・枝野氏が「改憲私案」/集団的自衛権行使容認・多国籍軍参加容認 しんぶん赤旗、2013年9月10日
  128. ^ 枝野幸男「 憲法九条 私ならこう変える」『文藝春秋』
  129. ^ 枝野幸男『文藝春秋』2013年10月号
  130. ^ 西 修『Japan Institute for National Fundamentals』国家基本問題研究所
  131. ^ 産経新聞、2013年9月7日
  132. ^ 琉球新報、2013年9月7日
  133. ^ 枝野幸男『文藝春秋』2013年10月号
  134. ^ a b 枝野幸男、「私はこう考える」、『通販生活』憲法特集
  135. ^ a b c AERA、「立憲・枝野代表、実は「改憲」派 “排除”した過去も…」、朝日新聞社、2017年11月1日より、長谷部恭男の発言
  136. ^ 日本経済新聞、「立民・枝野代表 自身の憲法改正案を撤回 」、2017年12月2日
  137. ^ 枝野幸男Twitter 2017年12月2日
  138. ^ ポリタス、【衆院選2017】立憲民主党 政見放送 書き起こし、2017年10月17日
  139. ^ ライブドアニュース「枝野幸男氏 9条の自衛隊明記に持論「専守防衛の自衛隊とは違ってしまう」」、2017年10月24日、第2、3、4段落目
  140. ^ 毎日新聞、「改憲反対 枝野氏ら訴え 志位氏「発議阻止」」、2017年11月4日
  141. ^ 第162回 衆議院 憲法調査会 平成17年2月3日 第1号|国会会議録検索システム 10頁
  142. ^ 毎日新聞、「衆院憲法審査会 緊急事態、各論隔たり 任期延長前向き」、2017年3月17日
  143. ^ ポリタス、「【衆院選2017】立憲民主党 政見放送 書き起こし」、2017年10月17日
  144. ^ videonewscom、「間違いだらけの違憲選挙」、2014年11月22日
  145. ^ videonewscom、「間違いだらけの違憲選挙」、2014年11月22日、木村草太の発言
  146. ^ a b c 枝野幸男 (1999). “米国との知恵比べ”. Voice (PHP研究所) 1999年11月号: 96-99. 
  147. ^ a b c 枝野幸男 (2006), “憲法改正は政界再編のきっかけにならない”, in 長野祐也, 日本が動く時 政界キーパーソンに聞く PART6, ぎょうせい, pp. 44-56, ISBN 4-324-08094-1 
  148. ^ a b これが社会・経済構造を変える「エダノミクス」だ 枝野幸男ハフィントンポスト 2013年5月29日
  149. ^ 枝野幸男 (1998). “公共事業依存型の産業構造を変えない限り景気はよくならない”. 政界往来 (政界往来社) 1998年2月号: 44-49. 
  150. ^ a b c アスキー書籍編集部 (2009). 雇用崩壊. アスキー・メディアワークス. pp. 192p. ISBN 978-4-582-85532-6 
  151. ^ “消費税率引き上げ巡り与野党が議論”. NHK NEWS. (2014年9月28日). オリジナルの2014年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140929064236/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140928/k10014937791000.html 2021年7月31日閲覧。 
  152. ^ 消費税「まず8%に戻す」=立憲・枝野氏 時事ドットコム 2019年08月28日10時31分
  153. ^ 枝野氏、消費税率を「上げて下げたら混乱する」 産経新聞WEB 2019年9月20日18時46分
  154. ^ a b 「消費減税間違い」発言が波紋 枝野氏、再起戦略に影響も―立民”. 時事ドットコムニュース (2022年11月5日). 2022年11月8日閲覧。
  155. ^ 枝野幸男 (2022年10月28日). “えだのんTALK Vol.9”. YouTube. 2022年11月8日閲覧。
  156. ^ a b 政治・社会 【日本の解き方】民主「エダノミクス」の無反省 枝野氏の残念すぎる経済的理解(1/2ページ) ZAKZAK 2014年9月24日
  157. ^ a b アベノミクスはデフレ脱却の特効薬になるかハフィントンポスト 2013年5月6日
  158. ^ 「風」を失った民進党 枝野幸男が描く復活への「リアルな」道筋Buzzfeed 2017/08/22
  159. ^ “経産相に枝野氏起用 「即戦力」で立て直し図る”. 朝日新聞. (2011年9月12日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201109120164.html 2020年3月7日閲覧。 
  160. ^ “TPP 震災復興の後押しになる 枝野経産相”. Economic News. (2011年11月14日). https://www.excite.co.jp/news/article/Economic_pol_111111_047_4/ 2020年3月7日閲覧。 
  161. ^ “2012衆院選 埼玉5区 枝野 幸男 - 毎日jp(毎日新聞) - 選挙”. 毎日新聞. (2012年12月8日). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A11005002002 2020年3月7日閲覧。 
  162. ^ 枝野幸男 (1998). “反省なき自民・大蔵省の「悪あがき」”. 月刊現代 (講談社) 1998年11月号: 126-127. 
  163. ^ 枝野幸男 (1998). “「金融早期健全化法では金融システムはよくなりません」”. 財界 (財界研究所) 1998年11月10日号: 44-45. 
  164. ^ 予算委員会. 第165回国会. Vol. 3. 6 October 2006. 私は、ある意味ではこの国会で最優先しなければならない課題がこの貸金業法の問題ではないかと思っておりますが
  165. ^ 多重債務者問題解決めざす/超党派の議員連盟が発足/大門議員あいさつ しんぶん赤旗 2008年4月25日
  166. ^ “原発再稼働問題 枝野経産相が豹変した理由”. 週刊朝日. (2012年4月12日). https://dot.asahi.com/articles/-/9014?page=1 2020年3月7日閲覧。 
  167. ^ “「できるだけ早く"原発ゼロ"にしたほうがいい」枝野経済産業大臣が語る”. BLOGOS. (2012年8月9日). https://blogos.com/article/44651/ 2020年3月7日閲覧。 
  168. ^ “経産相、大間原発建設を容認 青森県に表明”. 日本経済新聞. (2012年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXDASFS1500D_V10C12A9MM0000/ 2021年6月21日閲覧。 
  169. ^ “原発ゼロにほころび 経産相、大間建設継続を容認”. 日本経済新聞. (2012年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1500S_V10C12A9NN1000/ 2021年6月21日閲覧。 
  170. ^ “「原発ゼロはリアリズム」立憲・枝野氏が新潟で街頭演説”. 朝日新聞. (2018年5月20日). https://www.asahi.com/articles/ASL5N5FXXL5NUTFK006.html 2020年3月7日閲覧。 
  171. ^ “「原発をやめるのは簡単じゃない」枝野氏に聞く”. 西日本新聞. (2021年2月14日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/692686/?page=2 2021年3月21日閲覧。 
  172. ^ “脱原発派の批判を意識? 枝野氏「原発依存なしを恒久的に」”. 毎日新聞. (2021年3月11日). https://mainichi.jp/articles/20210311/k00/00m/010/413000c 2021年3月21日閲覧。 
  173. ^ “立憲・枝野氏、「原発ゼロ」で苦慮 合流で党内に変化?”. 朝日新聞. (2021年3月10日). https://www.asahi.com/articles/ASP3B6TX6P3BUTFK011.html 2021年3月21日閲覧。 
  174. ^ a b 枝野幸男 (2003), “国際平和と日本の国益 外交の生命線は多様な選択肢の確保である”, in 田原総一朗, 田原総一朗の早大講義録 政治・経済のカラクリ, アスコム, pp. 95-122, ISBN 4-7762-0112-7 
  175. ^ 枝野幸男 (2005), “東アジア戦略と活発化するFTA締結交渉”, in 田原総一朗, 田原総一朗の早大「大隈塾」講義録2005 『激論!日本』政治編, ダイヤモンド社, pp. 109-130, ISBN 4-478-18040-7 
  176. ^ “さきがけの反核パフォーマンスに外務官僚走る”. 週刊ポスト (小学館) (1995年9月29日号): 56-57. (1995). 
  177. ^ “【尖閣衝突事件】民主・枝野氏「協力企業はお人よし」「中国に信頼関係期待する方がおかしい」”. 産経新聞. (2010年10月2日). https://web.archive.org/web/20101005032735/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101002/plc1010021750009-n1.htm 2010年10月2日閲覧。 
  178. ^ 読売新聞2010年10月3日13S版2面
  179. ^ 時事ドットコム2011年2月10日
  180. ^ 犬飼直幸・西田進一郎 (2011年1月15日). “菅再改造内閣:政策重視の布陣も実現の前途は多難”. 毎日新聞. オリジナルの2011年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110115235911/mainichi.jp/select/seiji/news/20110115k0000m010100000c.html 2011年2月8日閲覧。 
  181. ^ 枝野内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成22年2月10日”. 内閣府 (2010年2月10日). 2011年2月4日閲覧。
  182. ^ https://twitter.com/edanoyukio0531/status/1288813197806284803?s=21]
  183. ^ SAVE TIBET NETWORK-枝野幸男氏講演於日本青年会館. YouTube. 6 May 2008. 2011年2月4日閲覧
  184. ^ 「チベット問題を考える議員連盟」の新代表に枝野幸男衆議院議員”. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 (2005年10月14日). 2011年2月4日閲覧。
  185. ^ “中国にビビるチベット議連 枝野代表よ、それでも日本男児か!”. 週刊文春 (文藝春秋) (2008年4月10日号): 143-144. (2008). 
  186. ^ 枝野幸男 (2003), “法律によって物事が動く法治国家に”, in 長野祐也, 日本が動く時 政界キーパーソンに聞く PART3, ぎょうせい, pp. 98-113, ISBN 4-324-07276-0 
  187. ^ “普天間移転 日米合意路線に変更なし 枝野長官”. Economic News. (2011年5月30日). https://www.excite.co.jp/news/article/Economic_pol_110527_070_4/ 2020年3月7日閲覧。 
  188. ^ “枝野官房長官、普天間飛行場視察で「騒音対策やらねば」”. 朝日新聞. (2011年1月22日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201101220240.html 2020年3月7日閲覧。 
  189. ^ “枝野氏:辺野古反対を表明「沖縄の分断生む建設は無理」”. 毎日新聞. (2018年8月29日). https://mainichi.jp/articles/20180830/k00/00m/010/012000c 2020年3月7日閲覧。 
  190. ^ 二階氏ら与野党幹部、中国共産党に祝意 志位氏は批判朝日新聞デジタル
  191. ^ 中国共産党に祝電 二階氏は恥を知らぬのか産経新聞
  192. ^ “岸田首相、敵基地攻撃「安保戦略で議論」 枝野氏、同盟基軸変わらず―与野党がテレビ討論【21衆院選】”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年10月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102400174&g=pol 2021年10月25日閲覧。 
  193. ^ スイスがF-35A戦闘機の調達を表明「最も性能が高く圧倒的に安い」(JSF) - 個人 - Yahoo!ニュース”. archive.md (2021年10月24日). 2021年10月25日閲覧。
  194. ^ 立憲民主党枝野代表「時代遅れの戦闘機」発言の間違い(JSF) - 個人 - Yahoo!ニュース”. archive.md (2021年10月25日). 2021年10月25日閲覧。
  195. ^ “オウム捜査 集中審議で疑問の声も 「微罪逮捕」に政府複雑”. 朝日新聞: p. 2. (1995年4月21日) 
  196. ^ 漆原良夫・枝野幸男・保坂展人海渡雄一 (1998), “なぜ盗聴法に反対するのか”, in 現代人文社編集部, 盗聴法がやってきた, 現代人文社, pp. 57-74, ISBN 4-906531-50-4 
  197. ^ “どうする通信傍受法案 本人への通知は不可欠”. 朝日新聞: p. 2. (1999年5月30日) 
  198. ^ 枝野幸男 (1999). “少数者の軽視は社会の危機”. 世界 (岩波書店) 1999年11月臨時増刊: 178-179. 
  199. ^ “共謀罪 質疑18時間 ぬぐえぬ懸念”. 朝日新聞: p. 33. (2005年11月9日) 
  200. ^ 「共謀罪」反対で、超党派国会議員と市民の緊急集会
  201. ^ 2009年6月26日 衆議院法務委員会
  202. ^ 2009年2月6日 衆議院予算委員会
  203. ^ 2000.9.30 枝野幸男オープンミーティング
  204. ^ “臨時国会を振り返って 問われる政党の「発信機能」”. 朝日新聞: p. 7. (1996年12月19日) 
  205. ^ “成果出るか行政監視委 「公務員倫理」で与野党議論へ”. 毎日新聞: p. 2. (1998年3月23日) 
  206. ^ “民主、9条改正に前向き”. 読売新聞: p. 4. (2005年10月6日) 
  207. ^ “整備新幹線 関連法案が衆院通過”. 朝日新聞: p. 2. (1997年4月18日) 
  208. ^ 表現規制反対のためのガイド 2013選挙情報
  209. ^ 「実用」目的の所持の範疇とは? 児童ポルノ法改定案・衆院法務委員会での審議が明らかにしたもの
  210. ^ a b 赤松健さんのツイート 2017年8月21日
  211. ^ - 保坂展人のどこどこ日記
  212. ^ 埼玉県平和運動センター#0608
  213. ^ えだの幸男国会通信Vol.23 1999.8.1
  214. ^ 「早い解散はありがたい」民主・枝野幹事長が異例の要求 産経新聞 2014年10月25日
  215. ^ 【総選挙2014】身勝手な解散としか言いようがない-枝野幸男「民主党」幹事長が批判 日仏共同テレビ局フランス10 2014年11月14日
  216. ^ “木に名札「万博中止を」 海上の森トラストで反対派が気勢”. 朝日新聞夕刊: p. 11. (1995年8月18日) 
  217. ^ 民主・枝野幹事長が激怒!「離党するなら議席をお返し頂きたい」「重大な反党行為だ」 ぶら下がり詳報 産経新聞 2016年2月27日
  218. ^ 民主党 鈴木貴子議員が離党届 除籍処分を検討 毎日新聞 2016年2月26日
  219. ^ 山村杳樹 (2010). “枝野幹事長が交わした「魔の契約」”. 新潮45 (新潮社) 29 (8): 26-32. 
  220. ^ “「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる”. 産経新聞. (2010年7月17日). https://web.archive.org/web/20100718034222/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100717/plc1007171052008-n1.htm 2010年7月17日閲覧。 [リンク切れ]
  221. ^ “「一般的な対応だ」枝野氏 「革マル派幹部と覚書」報道に”. 産経新聞. (2010年7月20日). https://web.archive.org/web/20100723145448/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100720/stt1007202358013-n1.htm 2011年1月14日閲覧。 
  222. ^ “枝野氏「今後は献金断る」 革マル影響下労組から”. 産経新聞. (2011年2月1日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110201/plc11020119240022-n1.htm 2011年2月2日閲覧。 
  223. ^ 安倍首相、連日FBで極左暴力集団について発信 枝野氏との関係を指摘 産経新聞 2014年11月2日
  224. ^ 枝野氏の資金ただすのは当然…首相FBに記事 読売新聞 2014年11月2日
  225. ^ 「舌禍…枝野氏“炎上” 与党、野党、連合までも けんか売りすぎた果て」、産経新聞、2010年7月3日
  226. ^ 民主こそ労組に支持押しつけ/市田氏、枝野氏に反論/フジ系番組 しんぶん赤旗 2010年6月28日
  227. ^ “都知事選当日に「#宇都宮」で物議 枝野氏“脱法餃子”ツイートに批判の声”. ZAKZAK: p. 1. (2020年7月7日). https://www.zakzak.co.jp/article/20200708-WPNF32FA2BPZFEHWKWUQIQ2CHI/ 2021年7月31日閲覧。 
  228. ^ “立民・枝野氏「私の下で選挙管理内閣を」”. 日本経済新聞. (2021年4月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA030G40T00C21A4000000/ 2021年4月4日閲覧。 
  229. ^ “立民・枝野氏、衆院選まで暫定の「枝野幸男内閣」を主張”. 産経ニュース. (2021年4月2日). https://www.sankei.com/article/20210402-F3CHYTLXJ5PZVM5V2INMHLJHYY/ 2021年4月4日閲覧。 
  230. ^ “立民・枝野氏、コロナ禍の「政権禅譲」を主張 非現実的で戸惑いの声も”. 産経新聞. (2021年4月28日). https://www.sankei.com/article/20210428-4OXBC55RAJIVRNVGTL23KDCVSM/ 2021年5月4日閲覧。 
  231. ^ 鈴木エイト『自民党の統一教会汚染-追跡3000日』小学館、2022年。ISBN 978-4093801232 p307~318
  232. ^ 旧統一教会と関わり、枝野氏・安住氏ら立民6人判明…泉代表「ごまかそうとしているのが自民」”. 読売新聞オンライン (2022年8月23日). 2023年9月3日閲覧。
  233. ^ 民主党、衆議院議員 ・ 枝野幸男 <ポートレートとインタビュー>、2008年12月、聞き手・蛭田有一
  234. ^ 青木康晋 (1998). “枝野幸男 スチュワーデスと結婚 市民派議員の別姓問題”. AERA (朝日新聞社) 1998年11月2日号: 80. 
  235. ^ “結婚 若手代議士「枝野幸男」を支える新妻の「内助の功」”. 週刊新潮 (新潮社) 1998年11月26日号: 130. (1998). 
  236. ^ 枝野幸男・枝野和子 (2006). “四年間の不妊治療を経て――私たちも愛育病院で帝王切開、そして双子の親に”. 諸君! (文藝春秋) 2006年10月号: 102-110. 
  237. ^ 岸田首相がベテラン秘書を辞任させて起用した長男・翔太郎氏 仕事はツイッター更新か”. NEWSポストセブン. 2022年10月18日閲覧。
  238. ^ a b c “21世紀の30代50人”. AERA (朝日新聞社) 1998年12月28日・1999年1月4日合併号: 11-17, 23-25. (1999). 
  239. ^ 阪東恭一他 (1999). “30代国会議員50人全調査 歌は「サザン」本は「マネー敗戦」”. AERA (朝日新聞社) 1999年3月22日号: 28-31. 
  240. ^ 立憲民主党の枝野代表、「アイドル論」を語る 「欅坂46の同調しない反骨心に共鳴した」 東洋経済2017年11月17日
  241. ^ 小林明 (2012年10月19日). “インド版「巨人の星」の裏に意外な人脈図”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社・日経BP社. 2015年7月29日閲覧。
  242. ^ 個人会員 - 大宮アルディージャ後援会
  243. ^ 「2012大宮アルディージャ選手激励会」開催 レポート - 大宮アルディージャ・2012年2月26日
  244. ^ Facebookの投稿(2017年2月12日)
  245. ^ “国家戦略相がルーズって…アレの常習犯、仙谷は大丈夫?”. 夕刊フジ (産経デジタル). (2010年2月24日). オリジナルの2010年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100227204735/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100224/plt1002241251001-n2.htm 2011年9月6日閲覧。 
  246. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  247. ^ 立憲・枝野代表、議員会館で喫煙 「認識甘かった」:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2020年8月31日閲覧。
  248. ^ 【#94】おかげさまで30周年です。モノ・マガジン mo.WEB 2012年5月31日
  249. ^ “著名人100人アンケート 我が生涯最高の1冊”. ダカーポ (マガジンハウス) 2001年6月6日号: 68-99. (2001). 
  250. ^ 枝野幸男・山本一太福山哲郎水野賢一 (2002). “全公開 私の資金・秘書・陳情処理 新しい政治文化をつくりたい”. 論座 (朝日新聞社) 2002年8月号: 16-69. 
  251. ^ “被災者への励まし、Twitterで広まる 枝野官房長官の体調気遣う「#edano_nero」も”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2011年3月14日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/14/news085.html 2011年3月15日閲覧。 
  252. ^ a b Yoree Koh, "Tireless Edano Earns Twitter Respect", Twitter Implores Edano to Sleep, Kan to Wake Up - Japan Real Time - WSJ, Dow Jones & Company, 2011年3月14日.
  253. ^ a b Patrick Kingsley, "Please, Edano, go to bed", Please, Edano, go to bed | World news | The Guardian, Guardian Media Group, 2011年3月14日.
  254. ^ ソル (2011年3月17日). “全く寝てない枝野官房長官の寝顔コラが世界に配信される! “#edano_nero”というハッシュタグも”. ガジェット通信. http://getnews.jp/archives/104968 2011年9月10日閲覧。 
  255. ^ William Gibson, Twitter / William Gibson: Edano, sleep http://blogs. ..., Twitter, 2011年3月14日.
  256. ^ “Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis”. The Telegraph. (2011年3月15日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8383430/Japan-earthquake-Yukio-Edano-the-Jack-Bauer-of-the-crisis.html 2017年10月10日閲覧。 
  257. ^ “枝野長官会見(3完)「ネットの『枝る』は承知も…」(8日午前11時5分)”. MSN産経ニュース: p. 3. (2011年4月8日). オリジナルの2011年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110409080603/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/plc11040814540028-n3.htm 2011年11月11日閲覧。 
  258. ^ 全国の中高生から寄せられた8万4,090語 第6回 「もっと明鏡」大賞 みんなで作ろう国語辞典! 結果発表』(PDF)(プレスリリース)大修館書店、2011年12月12日。 オリジナルの2012年10月4日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20121004002715/https://www.taishukan.co.jp/meikyo_campaign6/happyo/can6_release.pdf2012年2月8日閲覧 
  259. ^ 平成23年7月12日 内閣官房長官定例会見
  260. ^ 枝野幸男『叩かれても言わねばならないこと。』東洋経済新報社、2012年9月28日、234頁。ISBN 9784492212028 
  261. ^ a b c “立憲民主党が議席減。辞任する枝野代表の「現場を変えた功績」を今こそ振り返る”. bizSPA!フレッシュ. (2021年11月6日). https://bizspa.jp/post-531332/4/ 2021年11月6日閲覧。 
  262. ^ 立憲民主党の枝野代表、「アイドル論」を語る | ゲーム・エンタメ”. 東洋経済オンライン (2017年11月17日). 2022年7月9日閲覧。
  263. ^ アイドル通の枝野代表、白石麻衣卒業について解説 - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年7月9日閲覧。
  264. ^ 初の定例会見で枝野代表がアイドルオタクぶり発揮 乃木坂・生駒「功績大」まゆゆ「立場が気の毒」”. J-CAST ニュース (2018年1月31日). 2022年7月9日閲覧。
  265. ^ 濵田理央 (2017年10月3日). “枝野幸男氏「欅坂46の『不協和音』を歌いたい」 新党結成の決意に歌詞がピッタリだった?”. ハフポスト日本版. https://www.huffingtonpost.jp/entry/edano-yukio_jp_5c5a5067e4b012928a300ccf 2017年10月8日閲覧。 
  266. ^ “欅坂46曲の歌詞が政局とピッタリ 「仲間から撃たれた」枝野幸男氏が熱唱か”. J-CASTニュース. (2017年10月3日). https://www.j-cast.com/2017/10/03310227.html 2017年10月10日閲覧。 
  267. ^ 立憲民主党の枝野代表、「アイドル論」を語る | ゲーム・エンタメ”. 東洋経済オンライン (2017年11月17日). 2022年7月9日閲覧。
  268. ^ 倫 (2011年4月20日). “「『えだのん』がんばれ」”. 紀伊民報. オリジナルの2011年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110423033642/http://www.agara.co.jp/modules/colum/article.php?storyid=209171 2011年6月14日閲覧。 
  269. ^ 争点は党運営 「独裁」払拭図る枝野氏、泉氏は「風通し」強調 合流新党代表選”. 毎日新聞. 2021年4月13日閲覧。
  270. ^ 「ぼんくら」「独裁政権」非難の応酬も…結局何だったのか?立憲・国民合流“グダグダ決裂”の舞台裏”. FNN. 2021年4月13日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「枝野幸男」の関連用語

枝野幸男のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



枝野幸男のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの枝野幸男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS