超党派とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 超党派の意味・解説 

超党派

読み方:ちょうとうは

議員政党派閥を超えて協力しあうこと。

2011年2月24日TPPへの参加の是非を巡る一連の議論の中で、民主党社民党国民新党などの国会議員一部集結して超党派的組織TPPを慎重に考える会」 を結成している。

ちょう とうは てうたうは [3] 【超党派】

政党各自政策主張を超えて協力し合うこと。 「 -外交

党派

(超党派 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 21:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「党派」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「党派」を含むページの一覧/「党派」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「党派」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「超党派」の関連用語

超党派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



超党派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの党派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS