不妊治療とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 不妊治療の意味・解説 

ふにん‐ちりょう〔‐チレウ〕【不妊治療】

読み方:ふにんちりょう

避妊していないにもかかわらず2年たっても妊娠しない不妊状態を治療すること。排卵誘発剤ホルモン剤投与などが一般的


生殖補助医療

(不妊治療 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/25 08:44 UTC 版)

生殖補助医療(せいしょくほじょいりょう、: assisted reproductive technology、ART)は不妊症に対処するため、近年発達した医療技術を用いた処置である[1]生殖医学[2](reproductive medicine)[3]生殖補助医学[2](assisted reproductive medicine)[4]とも言う。生殖補助医療には、以下のようなものが含まれる。体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、冷凍保存配偶子または胚の使用、排卵誘発剤の使用。不妊症に対処するために使用される場合、ARTは単に不妊治療と呼ばれることもある。ARTは主に生殖内分泌学と不妊症の分野に属する。不妊治療以外のARTには、妊娠後に遺伝的目的のために用いられるものもある(着床前遺伝子診断を参照)。代理母出産もARTの手段に含まれるが、すべての代理出産がARTに含まれるわけではない。




「生殖補助医療」の続きの解説一覧

不妊治療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 14:36 UTC 版)

逆行性射精」の記事における「不妊治療」の解説

逆行性射精結果として不妊症になっているカップルで効かない場合精液採取には特別な処置必要になることがある。まず、患者炭酸水素ナトリウム摂取して尿をアルカリ化する(夜寝前に3g溶かして服用し検査室に行く直前膀胱完全に空にしてからもう1回服用する)。精液採取する前に患者膀胱を空にしなければならないその後患者1つ容器自慰行為行い、その直後に別の容器排尿する必要がある男性射精液は、排泄された尿から遠心分離され、分離され精子は、子宮内人工授精用いて女性直接注入される。さらに深刻なケースでは、卵細胞質内精子注入による体外受精を行うこともある。

※この「不妊治療」の解説は、「逆行性射精」の解説の一部です。
「不妊治療」を含む「逆行性射精」の記事については、「逆行性射精」の概要を参照ください。


不妊治療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 08:05 UTC 版)

小松みゆき」の記事における「不妊治療」の解説

舞台終わった42歳の頃に不妊治療を開始し人工授精体外受精顕微授精などを繰り返すも成功しないまま4年経過色々とサポートしてくれた夫と話し合って最後の顕微受精決めると、同時期受けた子宮鏡検査子宮内膜炎良性ポリープ発覚2度の子宮の手術を受けるなどしている間に2年が過ぎ、49歳になった直後2020年6月病院から妊娠告げられる安定期入った9月妊娠公表しその後49歳8ヶ月帝王切開女の子出産した出産までの間、ブログ乗せた不妊治療の詳細について男女問わず同じ悩みを抱える人たちの間で大きな共感呼んだ

※この「不妊治療」の解説は、「小松みゆき」の解説の一部です。
「不妊治療」を含む「小松みゆき」の記事については、「小松みゆき」の概要を参照ください。


不妊治療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 15:10 UTC 版)

アクセル・カーン」の記事における「不妊治療」の解説

1995年には、カーンは「卵細胞質内精子注入法」について反対唱え注目されていた。この治療方法のことを「不妊用いられるべきものでない、実験的治療法である」とみなしていたのであるこの方法が抱えている危険性の高さを考えた時に、この治療法にはそれを正当化することが可能なだけの適切さ欠けている考えたのであるカーンまた、他の生殖能力のない家族のために自分の子供を養子に出す家族のことについても反対意見述べている。米国で、62歳のフランス人女性兄弟精子移植され後に出産した事例について反対意見述べた際には、カーンは「社会的近親相姦である」として抗議し、「最も重要なことは、この移植携わった医者達が存在するということであり、そしてこの医者達がなぜ施術したかというと気前よく支払ってもらったからだ」と続けている。

※この「不妊治療」の解説は、「アクセル・カーン」の解説の一部です。
「不妊治療」を含む「アクセル・カーン」の記事については、「アクセル・カーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不妊治療」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「不妊治療」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不妊治療」の関連用語

不妊治療のお隣キーワード

不妊

不妊の

不妊の患者に対する中傷

不妊化

不妊手術

不妊手術と安楽死1933年、ドイツにおいて、遺伝的かつ矯正不能のアルコール依存症患者、性犯罪者、精神障害者、そして子孫に遺伝する治療不能の疾病に苦しむ患者に対する強制断種を可能とする法律が立法化された。これはナチス政権において議会の承認なしに制定されたものだが、障害者に対する強制不妊措置の導入をやむを得ないと考える者は社民党内部にも相当数いた。ナチス政権に特徴的だったのは下部組織の自律性や決定権を奪い、政府の管理下に置いたことである。遺伝病や重度のアルコール障害に対する不妊手術を裁判所に申請しなかった場合、医療活動の永久停止を含む処罰が科された。ナチス政権下で実施された不妊手術の件数は36万件から40万件にのぼり、他国に比べてかなり多い。第二次世界大戦が始まった1939年9月に不妊手術は原則として中止され、同時にT4作戦と呼ばれる、精神的または肉体的に「不適格」と判断された人々に対する強制的安楽死政策が開始され、1945年までに少なくとも7万人、多ければ十数万人が死亡した。ただドイツの優生学者のほとんどは安楽死には反対の立場をとっていた。その理由は、次世代への遺伝子継承を阻止するという優生学の目的のためには断種で十分であり、安楽死には人道的な問題があること、そもそも安楽死の対象となるような重度の患者は子供を作らないこと、などであった。安楽死の法制化準備に加わった唯一の優生学者であるフリッツ・レンツは、不治の患者の苦痛を取り除くという、優生学とは別の観点から安楽死を支持した。なお不妊手術の数は1939年以降、大幅に減少したが、終戦まで継続している。レーベンスボルン計画

不妊治療

不妊治療への保険適用

不妊治療開始年齢による出産率・流産率

不妊症

不妊研究

不妊虫放飼

不始末

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不妊治療のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生殖補助医療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの逆行性射精 (改訂履歴)、小松みゆき (改訂履歴)、アクセル・カーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS