塩川正十郎とは?

塩川正十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 09:28 UTC 版)

塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう、1921年大正10年)10月13日 - 2015年平成27年)9月19日)は、日本政治家衆議院議員を11期務める。 自由民主党所属。




  1. ^ a b c 塩川元財務相が死去 Archived 2015年9月19日, at Archive.is 時事通信 2015年9月19日
  2. ^ 塩川正十郎-卒業生インタビュー慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
  3. ^ 週刊現代2019年3月2日号、連載亀井静香の政界交差点/第16回、江藤隆美-「下から目線」で筋を通した人格者、66頁
  4. ^ “塩川正十郎氏の略歴と印象に残る発言や、金にクリーンな一面の紹介。変幻自在の”塩爺節”で人々に強烈な印象を残す”. LH MAGAZINE. (2015年11月25日). http://life-hacking.net/塩爺の愛称で親しまれた塩川正十郎氏の略歴/ 2016年10月23日閲覧。 
  5. ^ 前述のメールマガジンの中で、塩川にとって初の衆院選立候補の際、小泉の父・小泉純也が応援演説に駆けつけた話などが語られている。また、塩川は小泉のことを「自己主張が強く、人が考え付かない発想を口にする言動が多かった」と当時を振り返っている
  6. ^ 外国人留学生対象奨学金 東洋大学
  7. ^ 故塩川正十郎氏に正三位 産経新聞 2015年10月16日閲覧
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 塩川正十郎略歴
  9. ^ “塩川正十郎氏が死去 93歳 小泉政権で財務相、「塩じい」の愛称”. スポーツニッポン. (2015年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/09/19/kiji/K20150919011164540.html 2015年9月29日閲覧。 
  10. ^ “関西棋院の発展に努める 塩川新理事長が就任会見”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年3月6日). http://www.47news.jp/CN/200403/CN2004030601003948.html 2012年9月29日閲覧。 
  11. ^ “塩川前財務相が名誉市民に 東大阪市、司馬さんに次ぎ”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年5月24日). http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004052401000868.html 2012年9月29日閲覧。 
  12. ^ “塩川、堺屋両氏が新委員 相撲協会の運営審議会”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年6月17日). http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004061701002410.html 2012年9月29日閲覧。 
  13. ^ 中京テレビ:プラス1フォーカス 許せない消える年金(2004年5月4日時点のアーカイブ
  14. ^ 『真相報道 バンキシャ!』ウェブサイト内コーナー「ボンキシャ!?」”. 日本テレビ (2005年4月17日). 2010年1月8日閲覧。
  15. ^ 「塩爺」塩川正十郎さんお別れ会に政財界などから1000人 スポーツ報知 2015年11月26日閲覧
  16. ^ 「酒の無理強い、死を招く怖さ」、『朝日新聞』1991年11月23日朝刊17面「声」欄への投稿(「朝日けんさくくん」2012年7月27日閲覧)。なお、投稿には「知人の息子が苦労して入学した有名大学のコンパで、しょうちゅうの一気飲みをして死亡」とある。


「塩川正十郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩川正十郎」の関連用語

塩川正十郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塩川正十郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩川正十郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS